開業後はやるべきことをやる1年にする覚悟をしてからスタートを

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

運営資金として6カ月の余裕資金があって店舗独立開業をスタートしたとしても、ご来店のお客様がいらっしゃらない店内にいると、不安な気持ちになるときもあるかもしれません。

ここに開業してよかったのだろうかと。

「暇なことがもし1年つづくときはどうしようか」と最悪を想定して開業していますか?

最悪が想定できたらあとは「やるべきことをやりつづけるしかない」と腹をくくれるはずです。

開業から最低1年間は、「やれることはとにかくやる」ことを肝に銘じ、動ける自分を思い描いてから独立して下さい。

くれぐれも、「どうしようか」と、ずっとサロンの中で悩んでいないように。

だれかにただ「聞く」だけ「相談する」だけでも、行動につながるのですから。


みかんぐみ株式会社
和田美香
------------------

「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/
「はじめての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com/

------------------
事業化や高価格化、集客、ビジョン立て直し、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」にて和田が有料相談お受けしています。
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi

取材・講演のお申し込み、ブログについてのメッセージやコンサルティングのお問合せ・お申し込みはコチラ


[PR]
by prsoudan | 2015-09-07 07:02 | ブランド化と高付加価値化
<< サロン顧客が話したいことを、自... トンガルとはどういうことか >>