ホームページで本気で集客したいひとに読んてほしい本

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

ホームページぐらいはまずなくてはいけない、と、どの新規開業のかたも開業予算のなかにホームぺージ製作費を必ずいれておられる時流になっています。

で、どんなのをつくったほうがいいのかまではなかなか考えが及ばす、製作費用が安いという指標だけで制作会社さんを選び、ただつくってほしいと丸投げで依頼してる方がほとんどなのが、つねづねもったいないともおっております。

なので、今日は、ホームページで本気になって集客したい方にぜひよんでいただき、集客結果を残せるホームページをもっていただけたらとおもい、お役にたつ本の紹介をします。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

漫画仕立てです。
ホームページは、「デザインの見た目よりも、内容が大事」なことを伝えています。

で、どんな内容を伝えればいいのか、そもそもターゲットとなるかたに見てもらうようにするにはどうしたらいいか、が書かれています。

家具屋さんが例となっていますが、もし「顧客に役立つ内容ってどんなのがいいのか?」についてアイデアを新しく生み出せないと悩むあなたも、美容サロンで十分マネさせていただけます。

美容室やエステサロンなどの美容業のウェブサイトで一番たりないのは、「どう顧客の役に立つのか」とう目線でのコンテンツです。
まったくその内容を含んでいない場合がほとんどです。
一方で、デザインは、女性対象だから、夢を与える職業だからと、「キレイ」に「おしゃれ」に作られています。
でも、たたキレイ、オシャレだけでは、予約申し込みの電話がかかるわけはありません。

本当に本当にホームぺージには、内容が必要なんです。

このことを、直接ご相談を和田にいただける方には、お話しさせていただいています。
毎月20人もホームページから集客があるということ、この規模は個人店レベルの美容室で大きくないですか?
これは、コンテンツを大事にしたホームページがあり、ホームページの露出経路をきちんと計算して広告をうっているからでる数字です。

広告費ちゃんとかけるなら、ホームページをうまく働かせることできます。
ただ、「ある」だけのホームぺージから、「働く」ホームページに変身させたいかた、まずご紹介の本よんでみてください。

内容づくりを加速させたかったら、和田にご相談ください。
結果に自信をもって請け負えます。


みかんぐみ株式会社
和田美香
------------------

「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/
「はじめての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com/

------------------
事業化や高価格化、集客やブランディング 、ビジネスモデル立て直しなどのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」にて和田が有料相談お受けしています。
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi

取材・講演のお申し込み、ブログについてのメッセージやコンサルティングのお問合せ・お申し込みはコチラ
http://www.5years.net/contact
[PR]
by prsoudan | 2015-10-05 12:33 | 集客できる美容室のホームページ
<< 美容室で生産性をあげるって、な... グループ・コンサルティングを新... >>