美容室で生産性をあげるって、なにをどうすること?

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

成長を目指す美容室の経営者さんのお悩みは、たいていスタッフの確保と、労働環境整備にあられるのがひとと感じられます。
スタッフの社会保険にもはいりたい、週休完全2日のはたらきかたができる職場にしたい、そうお考えなわけです。
つまり、サロンの生産性アップを課題ととして抱えておられるわけです。

あなたが生産性アップにとりくんでおられる場合、生産性アップにつながるどんなことを具体的にしていますか?
そして、まずどこをみて、生産性アップにつながった、つながっていない、とおっしゃっていますか?
指標はありますか?

もし、ただ売上高を指標にされている方がいらしたら、労働分配率に 指標を改められることをお勧めしたいです。

理由は、もし、売上高だけを指標にしていたら、売上がたとえアップしても、人件費の源である粗利がへってしまっていることもあり得ます。
また、売上高をただあげることだけに注力していたら、社員にどこまで人件費をかけていいかあいまいなため、生産性アップの具体策がうちにくくなるためです。

でも、労働分配率に焦点があたれば、売上がたとえ同じでも、より多くの粗利をアップさせる方法も考えられます。
また、社員ひとりひとりが自分の貢献度を理解し会社が一丸となる指標となります。

あなたの会社の粗利をアップさせ、労働分配率をアップさせ、そしてスタッフの労働環境を整備し、美容業界の発展に寄与する道へと向かいたいとお考えのかたに、11月24日に藤沢にてセミナーをご用意しております。

10月中にセミナー詳細告知させていただきます。
もしご興味あれば、あなたの日程、先におさえておいてください。

こちらのサイトの「次のセミナー」覧でご案内します
「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/

みかんぐみ株式会社
和田美香
------------------

「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/
「はじめての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com/

------------------
事業化や高価格化、集客やブランディング 、ビジネスモデル立て直しなどのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」にて和田が有料相談お受けしています。
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi

取材・講演のお申し込み、ブログについてのメッセージやコンサルティングのお問合せ・お申し込みはコチラ

[PR]
by prsoudan | 2015-10-12 09:17 | ブランド化と高付加価値化
<< マスコミ掲載紹介『美容の経営プ... ホームページで本気で集客したい... >>