あなたの美容室のブログは、誰に読んでほしいかということと、本当はなんのために書いているかということが考えられていますか?

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

「集客のためには、スタッフ一人一人が、みなブログを書いたほうがいいですか?」

と質問を受けることがよくあります。

スタッフひとりひとりに、ブログページを責任をもって書かせている美容室様が、いつくもあるからです。

都内の儲かっている美容室様の事例が目に入るのだとか。

わたしも、それら、ひとりひとりがブログを書くシステムの美容室様のホームページを拝見しますが、「儲かっているからブログが目立つ」だけのように感じられます。

決して「ブログをスタッフ一人ひとりが書いているから儲かっている」わけではないと。

というのも、スタッフおひとりおひとりがブログを責任をもって書くシステムにされているところでも、結局内容までは精査されずただひびのつぶやきや友達お送るような内容を書きつづっているだけになっているからです。

「誰に対して書いているか?」「何を伝えるために書いているか」が明確ではありません。

少し前までなら、外部ブログから、ホームページへのリンクを増やし、グーグルの検索順位をあげる働きをさせる意味も有効でした。
でも、いまは、コンテンツ は内部で蓄積したほうが得という流れです。

それでも、「スタッフひとりひとりの個性化よく伝わるようにという目的だけだからかまわない」とおっしゃるでしょうか。
であれば、どんな顧客に、どんな個性の軸を伝えたいのか、まずはっきりさせるべきです。

顧客も、新規顧客と既存顧客の識別をしていますか?
新規顧客と限定するなら、どんな新規客に来てほしいですか?
それに集客を目的にするなら、今来てくださっている新規顧客を土台に考えるのではなく、来てほしい新規客にはどんな情報が喜ばれるかを考えたいですよね。

子供の話題ばかり書いている方、ラーメンの話題ばかりを書いている方、趣味が同じひとを探す思考でお客様は美容室を選んでおられると思っていますか?
お客様が何にお困りで、どんな問題解決をしたくて新規の美容室を選んでいるか、考え、そこからあなたの個性を打ち出すべきです。

冒頭のスタッフひとりひとりがブログを書くべきですか?という質問では、ブログの形態しか念頭においておられなかったので、どう働かせるかをまず理解いただきました。

新規集客のためにブログを有効に働かせるのであれば「誰に」「何を書くか」ひとりひとりがきちんと理解すること。
そして、ひとりひとりの書く内容が、サロン全体の方向性と合致するものへと蓄積できるように、書く内容もまずトレーニングすること。
ブログは、LINEメールではないこと。
「誰に」「何を伝えるか」という意識で物書きをすることに慣れていないスタッフさんたちが書くのであれば、書いた内容は、サロン側がチェックする機能を最初はつけたほうがいいともおつたえしました。

ブランディングとはそういうこまかな作業から生まれます。
さあブログ書け、というだけではブランディングは育ちません。

なので、もし、「誰に」「何をつたえるか」をひとりひとり確定させ慣らしてゆく最初立ち上げの作業が大変ということであれば、書く内容と方向を決めたサロンブログ1本のなかで、カテゴリー分けて、担当者がじゅんぐりに担当してゆく方向のほうが向いています。

儲かっているサロンのマネしたほうがいいとは限りません。
サロンテイストにあわないへんなスタッフのブログを放置しておくと、ブランディングが台無しになるリスクも考慮してください。

ちなみに、サロン側がブログをチェックするときどんな作業が必要か、参考になる書籍がありますので、ご紹介します。

まさか国語の先生ではないので添削なんてできないよとおっしゃらず、「誰にむかって」「何か伝えるか」の方向を決めて実行する道をこつこつやり始めれば、ほとんどの美容室さんがまだできていないのですから、いまからのスタートでかなり有利に将来働きます。
いまからサロンブログをはじめるかた、将来投資とおもって正しい方向で取り組んでください。


みかんぐみ株式会社
和田美香
------------------

「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/
「はじめての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com/

------------------
事業化や高価格化、集客やブランディング 、ビジネスモデル立て直しなどのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」にて和田が有料相談お受けしています。
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi

取材・講演のお申し込み、ブログについてのメッセージやコンサルティングのお問合せ・お申し込みはコチラ

[PR]
by prsoudan | 2015-11-16 14:43 | ブランド化と高付加価値化
<< 地域の他の美容室との比較に耐え... サロン顧客が話したいことを、自... >>