まねしたい、元気なサロンオーナー様の思考法

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

先週、初めて、ブログやメルマガの読者様向けに、ランチ会開催させていただきました。
ご案内していた投稿はこちら
http://prsoudan.exblog.jp/22394579/

急に、会場変更となったにもかかわらず、2組様ご参加いただけました。
ご参加いただいたのは、ご夫婦で独立されて9か月目で、奥様が産休に入られるサロン様と、ご自宅で開業されている士業の先生でした。

ランチ会で2時間ほどお話しさせていただいたなかで、元気な経営者さんの思考は、ぜったまねさせていただくが吉だなあとおもった話題をひとつ、ご紹介させていただきます。

それとは、

マイナス要素も、プラスにする

ということです。

たとえば、小さなお子様を保育園に預けることができない日は、サロン内のキッズスペースでお子様がすごされるなかでの営業になられるとのこと。
で、当初は、サービス業だから、とご来店のお客様にとても気を使っておられたそうです。
でも、実際、お子さんがサロンにおられる時間がながくなることで、かえってお客様との距離が短くなるきっかけになってくれたとおはなしいただきました。

お客様の子育てのはなし、ご家族のはなしだけでなく、お客様ご自身の子供のころのお話しなど、「子供」というキーワードから、たくさんのお話をお客様にしていただけるようになり、また、お客様から具体的にさまざまな支援をいただくことさえあるとのこと。

マイナスも、プラスにする思考

繁盛店には必要ですね。

みかんぐみ株式会社も、マイナス要素ありありです。でも、お客様に正直におはなしして、プラスにさせていただいてます。

それとは、事務所が、お客様に来ていただきやすい場所にないということ。
つまり、駅からとおい不便な場所の事務所で固定費をおさえているわけです。
固定費をおさえ、利益をだしている体質の現状を、お客様に還元させていただいています。
このことをご説明させていただくと、「電話がなかなかつながらない」ことも、快くご理解いただけてます。

ぜひ、あなたのところのマイナス要素で、うまくプラスに表現されている点、おしえてください!

もし、マイナス要素を隠したいけどどうしたらいいとお悩みの時は、プラスにかえるご相談ください!



みかんぐみ株式会社
和田美香
------------------

「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/
「はじめての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com/

------------------
事業化や高価格化、集客やブランディング 、ビジネスモデル立て直しなどのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」にて和田が有料相談お受けしています。
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi

取材・講演のお申し込み、ブログについてのメッセージやコンサルティングのお問合せ・お申し込みはコチラ
http://www.5years.net/contact

[PR]
by prsoudan | 2016-02-22 16:40 | 強いサロンのつくりかた
<< 美容室で一緒に楽しんでもらい顧... なにかお困りごとや、ちょっとし... >>