カテゴリ:サロンで活用できる助成金( 6 )

接客力をあげて、売上をアップさせる。研修費どうする?

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

理美容や、エステなどの美容業をはじめ、サービス業は、顧客を接するサービススタッフの質向上が、売上に大きく影響します。

スタッフ自身のモチベーションアップや、サービス技術向上のために、いろいろな研修制度を利用されているところも多いでしょう。

このサービス力アップのための研修費も、しくみづくりをうまくすれば、助成金を利用できます。

100%企業努力で研修費を生み出さなければならないというわけではないというアイデア、つかってみてください。

たとえば、販売士の資格試験講義を業務中に受講させる仕組みにしている店舗さんで、その受講中の時間の人件費をいくらかの割合で助成金が負担されるという事例もございます。

どこでどう申込すればいいのか?は、まずは、所属されている商工会議所へ相談されてみてはいかがでしょうか。

もしくは、こちらのURLから、お近くのご相談窓口さがしてください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-06-02 10:49 | サロンで活用できる助成金

サロンで広告や改装費として使える補助金

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

従業員5名以下の小規模事業者対象の補助金の募集が、3月28日(金)までの受付であります。

使用用途は、広告宣伝や、集客力を高めるための改装費がOKということで、美容室やエステサロンにも使いやすい補助金です。

詳しくは↓

http://www.jizokukahojokin.info/

募集要項などの情報も上記URLに載っています。

相談はお近くの商工会議所にどうぞ、という流れです。

つかっていただきたい50万円のご案内でした。

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-03-10 07:00 | サロンで活用できる助成金

美容室と経営革新

平成25年度の補正予算が承認され施行がはじまりました。
経済産業省の補正予算では、小規模のサービス業の事業所でも補助金がでる項目をかかげています。
総額1,400億円もの予算が確保されています。
(↓下のURLの Ⅰ (1-1)○ものづくり・商業・サービス業革新事業(新ものづくり補助金)の項目がそれにあたります)
http://www.meti.go.jp/main/yosan2013/20140206.pdf

1,400億円の下に、適応について案内が記されています。

「[略]サービス業等の試作品開発、新ビジネスモデル開発、生産プロセス
の改善、生産性向上を含め中小企業・小規模事業者の事業革新を支援。[略]」

つまり、作業効率向上、生産性向上を目指して事業革新を行う事業所には、補助金を出して支援しますよ、ということ。

具体的には、経営革新計画の認証を都道府県から受けていることが条件になると、中小企業診断士の先生からお話しをうかがいました。

経営革新計画とは、付加価値の向上、経常利益率の向上を目指した事業計画を作成し、都道府県から認証をうけるものです。

この認証を受けている事業所が、今年の補正予算の枠内で補助金申請を行うと、申請が通る確率が非常に高いとのこと。

美容室と経営革新計画、補助金の関係がいまいちピンとこないかた。

コチラの本、どうぞ参考になります。
将来をスタッフと一緒にサロンをつくっていきたい方、どうぞ参考になさってください。

奇跡の美容室

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-02-24 08:48 | サロンで活用できる助成金

サロン経営でもらえる助成金も考えてみる(3)

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

3週連続で、サロンで活用できる助成金にはどんなものがあるか、連載でご紹介しています。

<基盤人材確保助成金>その3

【申請スケジュールの注意点】
申請前までに、雇用保険の適応事業主であることが必要です。

その上で、合計2回の申請をする必要があるこの助成金申請てつづきのなかで、1回目の申請後、スタッフを採用するという点が味噌です。

経営の右腕となるスタッフを採用した、お店をまかせられるスタイリストを採用した、さあ、助成金を申請しよう!ではだめなのです。

基盤人材となるスタッフを採用する前に、第一回の申請をおわらせておく必要があります。

さらに、実際にスタッフが無事雇用でき、第二回の申請をすることがでるようになったとします。
このときも、スタッフの雇い入れより6カ月が経過し、かつ、その支給対期の末日から1カ月以内に申請書を提出する必要があります。

つまり、書類を出す時期がかなり限られているうえに、1カ月と短いということです。

スタッフをやとった時点で、雇用能力開発機構に、書類提出可能期間を確認しておくことをおすすめします。

問合せ先 独立行政法人 雇用・能力開発機構 各都道府県センター tel.0570-001154
(最寄りの都道府県センターに自動転送)
(携帯・PHSからは利用できないそうです)

手続きがややこしいので敬遠したい気持ちがあるかもしれませんが、手続きする価値のある助成金だと考えています。

和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-12-23 07:26 | サロンで活用できる助成金

サロン経営でもらえる助成金も考えてみる(2)

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

先週から、サロンで活用できる助成金にはどんなものがあるか、連載でご紹介しています。

<基盤人材確保助成金>その2

【基盤人材ってどんな人?】
基盤人材とは、経営力の強化につながるスタッフのことです。
具体的には、次の要件を満たしている必要があります。

①年収350万円以上の賃金で雇いいれられていること。
つまり月給30万円程度の賃金です。
店長クラスの技術者や、経営者の右腕候補となるポジションのスタッフであれば通常支払われる金額ですね。

②事務的・技術的な業務の企画・立案・指導を行うことができる専門的な知識や技術を有する者または部下を指揮・監督する仕事に従事する係長相当職以上の者。
部下を指揮・監督することについては、部下がいれば要件は満たします。
店長でなくても、専属のアシスタントがいる美容師でればこれにあてはまります。

来週は、申請スケジュールの注意点をお伝えします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-12-16 07:11 | サロンで活用できる助成金

サロン経営で助成金も考えてみる(1)

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

いただけるものはいただくという思考で、助成金の活用も視野にいれてみるというアイデアもあります。
融資と違って、助成金は返す必要がありません。


今週から、サロンで活用できる助成金にはどんなものがあるか、連載でご紹介してゆきます。

<基盤人材確保助成金>その1

サロンのブランドづくりに、人材確保や人材育成は欠かせません。
一律140万円もらえるというのは、スタイリストの給与から考えると大きいですね。
その分、助成金をもらうための要件はきびしいです。

【もらうための条件】
1.雇用保険に加入していること
2.都道府県知事から改善計画の認定を受けた中小企業であること。
  おおきくわけて2回の申請作業が必要です。
3.基盤人材や一般のスタッフを採用すること。
4.創業や異業種進出に伴って、300万円以上の経費を使ったこと。
  内装工事や、設備代金などの支出が含まれます。
5.適正な雇用管理が行われていること。

来週は、手続きの注意点などをお伝えします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-12-09 10:08 | サロンで活用できる助成金