<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神奈川県の美容室さんならつかえる集客のターゲティングの切り口

6月に出産後、初めて、長距離移動をして奈良の実家まで帰ってきました。

親戚から、「おかあさん」と呼ばれると、誰のことか分からなくなって「わたし?」「それともおばあちゃん?」と、確認し合う場面が多発!

わかりにくいから、いままでどおり、下の名前で「みか!」と呼んでもらえたほうがいいかも!

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

自分の髪を切りに、久しぶりに美容室へ行ってきました。

出産前までは、仕事上、「気になる美容室」を調査のために利用したり、お客様先でお世話になったりと、「遠く」の美容室ばかりでおせわになってきました。

ですが、今回、「近さで選ぶ」地元の美容室へ行くなら、絶対ココと数年前から決めていた美容室におせわになってきました。

理由は、「都内の美容室まで通っている方へ」と、手作りの小冊子がポスティングで我が家にはいっていたから。

髪を切ってもらいながら、「やっぱり都内のヘアサロンへ行っていた方がそんなに多いのですか?」と聞いてみました。

湘南地域でも、都内まで仕事にでかけている人が相当多く、仕事先の近くの美容室で切ってもらう方も多いとか。
また、湘南へ越してくる前の美容室へと、遠くまで通い続けている方も多いとか。

引っ越してきたのに地元の美容室へ通っていない。
でも、地元の美容室を開拓したい。

そう考えている新規流入者を取り込むための、集客ツールは、うまいなあと思いました。

みなさまのサロンでも、ターゲットを絞り込む切り口については、こんな工夫もありではないでしょうか。

みかんぐみ株式会社 和田美香
[PR]
by prsoudan | 2010-09-27 06:35 | 身の回りからPRを考える

ライフワークバランスを実現するための独立開業での質問

敬老の日のイベントをサロンで行っておられたところも多いのではないでしょうか。
どんな笑顔があふれた日だったでしょうか。

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

戸建てで、住宅兼店舗の美容サロンを開業予定されている女性オーナー様からのお問い合わせが、みかんぐみの「初めての美容室独立開業工事110番」サイトを通じて、たてつづけにありました。

みなさんに共通しているのが、子育て真っ最中であられながら、仕事も続けお客様に喜んでいただきたいと願ったがゆえの、独立開業だったという点。

美容サロンは、長時間労働のうえに、技術習得など修業の時間が、労働時間外にあり、拘束時間が非常にながくなりがちです。

ライフワークバランスを追及すると、独立しか選択の道がなかったとのこと。

さて、ふと漏らされた質問でかぶるところがあったので、「みなさんきになるところなんだな」と思い、話題にしてみます。



「定休日を、日曜日にとりたいけれど、どうなんでしょうか?」



ご心配されているのは、「日曜日に定休日をもってくることによって、お店の印象が悪くならないか?」という点だと思いますがいかがですか。

定休日については、サロンオーナーが「日曜日は休みです」といえば、お客様は「あら、ここのお店はそういう方針なのね」で終わります。

そもそも、日曜日にご来店いただくほか他に時間がない方はごく少数です。

土曜日にご来店いただくとか、平日夜の時間で対応させていただくなど工夫はいろいろできるからです。

日曜日にどうして休みをとりたいのか、ホームページなどできちんとご説明すれば、それに共感いただける方が顧客になってくださります。

日曜日にしかご来店いただけない方は、残念ながらご縁がなかったと考えていただくほかありません。

たとえば、「子育て中のため、週末のうち一日は必ず家族で過ごしたいから」と記載しておけば、子育て中の女性に共感をもってもらえ、それだけで「子育てで忙しいわたしのことをわかってくれるかもしれない」と集客にも役立つぐらいです。

他、「水曜日」を休みにされたサロンオーナー様は、「うちのお客様はアパレルショップ勤務の方が多いので、水曜日を定休日にした」とおっしゃっていました。



定休日の設定ひとつで、顧客をサロンが選ぶしかけにすることができます。

きちんとご説明のうえ、うまく設定してください。

みかんぐみ株式会社 和田美香
[PR]
by prsoudan | 2010-09-20 00:09 | PRのご相談とアドバイス

サロンからのタッチポイントを増やす工夫まだまだあります

今年の夏に初チャレンジした料理なのに、はやくもうちの定番になりつつあるのが、「トマトのつめたいパスタ」。

思い込みで「面倒でむずかしい」と思っていた冷たいパスタですが、超簡単で、すぐできてしまううえに、おいしい!

トマトはおろし金ですりおろし、パスタは細めのものをゆでて氷で絞め、オリーブオイルと塩コショウであえるだけ!

このトマトのソース、素麺でもウマいです。

--------------------------------------------------------

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

マーケティングでは、お客様との「タッチポイント」をいかに増やすかが鍵です。

今日は、ヘアサロンやエステサロンでも、新規のお客様を呼び込むために、タッチポイントを増やす工夫いろいろできますよね、というお話しです。

ツイッターでサロンオーナーのつぶやきをウォッチしていたら、「イベントのチラシを置かせてくれと頼まれたのでお店に置くことをOKしたら、近隣他サロンでのイベントだった!」と、その近隣他サロンの行動力に驚いておられるつぶやきが流れていました。

(そのつぶやきをみたわたしは、近隣他サロンのチラシを置くことをOKしてくださったオーナー様の心の広さにも目をみはりました。)

サロン店舗の場所を知ってもらうために店内イベントを開催することはとても有効ですし、上記のように、チラシを配るきっかけにもなります。

タッチポイントを増やすというためには、他に、アイデア沢山ありますよね。

みなさま、やりきってますか?

*近隣の職場訪問をする(ランチタイムなど)
*近隣のお店への挨拶をしてまわる(オーナー、店長の仕事として)
*お客様のブログへお店のことを書いてもらう
*駅前で挨拶をする(チラシを配らなくても)
*地域の商工会の集まりなどに積極的に参加する
*地域のイベントに積極的に参加する

などなど

特に、美容サロンでは、「職場訪問」と「近隣のお店への挨拶」は有効ですよ。


「有効です!」とお伝えしても、実際に行動に移される方が少ないので、やるとほんとうに有効です。

みかんぐみ株式会社 和田美香
[PR]
by prsoudan | 2010-09-13 06:05 | 身の回りからPRを考える

”和田美香の強みとは何か?”。プロフィールを書くために。

暑さが長く続くせいか、夏の始まりよりも、ずいぶん暑さが身にしみてくる気がする9月です。

おっとやばい、今年の夏は、冷たいものをたくさん飲みすぎたかな!

秋に疲れがこないように、健康管理に気をつけなくては!

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

いま、美容サロン様むけのコンサルティングメニューの見直しを図っています。

その一環で、他のコンサルティング会社もあるなかで、自分の強みとはなにかというところに立ち返ってみました。

和田のコンサルティングスタイルにおいては、ノウハウの提供だけに終わらせず、「知ってるだけでなく、自分でできる」というところに重きをおいている点が、特徴だといえます。

理論の伝授や、ノウハウをつかったアドバイスだけではなく、サロンワークと経営者の業務の2本を1人で行わなければならないサロンオーナーに、サロンの将来をつくるための経営の実行が身についてご自分でまわしてゆけるようになるまでの仕組み作りに注力しています。

なので、たとえば、細かなところだと「手帳の使い方」、「手帳の選び方」から自己管理、時間管理を習慣化し、「ただ忙しい」だけから脱却して、満足度の高い仕事と私生活の両立を目指していただけるようにします。

女性をきれいにする仕事なので、美をご提供する側も、ハッピーであってこそ、本来の仕事の力量を発揮できると信じているからです。

「知っている」から「すぐやる」へ、行動でき、それを習慣化するお手伝いが得意だと、プロフィールに300文字でさてまとめなくては。

みかんぐみ株式会社 和田美香
[PR]
by prsoudan | 2010-09-06 16:10 | 執筆者自己紹介&つぶやき