<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

利益は何のために使うのか? 税理士選びも店舗の未来の姿に沿って。

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

美容室開業のプロデュースをさせていただいているなかで、税理士さんについてご相談いただくケースが多いです。

どこの・どんな税理士さんがいいか迷ってしまうとのこと。

和田からお話しできるのは、利益の使い方で、税理士さん選びをしていただきたいなという点です。

よく間違っておられるのは、経営は、税法にのっとった税務所対策さえしていれば大丈夫と思っておられる点。

経営は、税務所対策ではありません。

税理士さんにさえ経理をまかせておけば、お店の数字はまかせっぱなしで大丈夫というわけではないのです。

なんのために、お店の利益を上げるのか?

そのあげた利益を何に使いたいのか?

それによって、税理士さんを選んでいただければと考えています。
もし、上げた利益で、スタッフのためにお店を拡大したいと考えているのであれば、「節税対策をしっかりします」という税理士さんを選んでいてはいけません。

利益の使い先を、事業拡大の目的で使用することに理解を示し、アドバイス&をサポートして下さる税理士さんを選ぶべきです。

自分の生活を豊かにするだけでいいのであれば、税理士さんは、税務所対策のためだけにお願いするというアイデアも悪くはないとは思います。

結局のところ、「あなたのお店のコンセプト」が、ここにも活きてくるというお話でした。

ただ、集客のためだけではなく、お金の使い道ひとつも違ってきます。

また、アドバイスをどんな人から受けるのかということにもかかわってくるのです。


みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2010-11-29 01:15 | PRのご相談とアドバイス

店販商品をすすめるとき、スタッフは本当にその商品を使ってますか?

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

12月には、店販キャンペーンを実施される美容室・理容室、美容サロン様が多いですね。

キャンペーンで商品やサービスをすすめるとき、必ずやっていただきたいのが、「自分のことを話す」です。


キャンペーンでは、ご自分で使ったものをおすすめするような仕組みにされていますか?


★ご自分の使用の体験、感想。

★ご自分の使用後の体験、感想。

本当のことをお話しするだけで、聞いて下さる方に伝わります。

売れてる人は、必ずやってます。

もし、「売れないで悩んでいる」あなたのサロンのスタッフがいたら、「自分のことを話す」ことを、おすすめしてください。

結果が出ますので、自信にもつながります。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2010-11-22 03:55 | PRのご相談とアドバイス

経営者として、”臆病”や”恐怖”を乗り越える

お歳暮やクリスマスをとおりこして、はやくも、お正月おせちの早割プランのチラシに目がゆく和田です。

いつも年末年始はわたしが奈良の実家へ帰るのですが、今度の年末年始は、まだ小さなわが子のために、両親が湘南まで来てくれる予定になりました。

歳をとった親を移動させてもうしわけないなと思いつつ、初めて湘南で正月を両親と一緒に迎えることになるのが、いまからとても楽しみです。



こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

和田までご相談をおよせいただく方には二通りおられます。

(1)
現状をしっかり認識し、そこからの脱出を真剣に求めている方

(2)
場当たり的に、その場しのぎで、特効薬がないかと探している方


前者の方に共通するのは、長期でものごとをとらえ、行動計画を実際に実践へと移す勇気をお持ちです。

ご自分で情報収集をしっかりされてきたなかでのご自身の行動には、すでに迷いはありません。


後者の方に共通するのは、「まだ、ほんの少しなにかいじるだけで、なんとかなるのではないか」という期待だけで毎日を過ごしておられます。

現状に目を向ける勇気がないことと、その勇気のなさのために、無責任な他人の言葉を「アドバイス」と受け止めて行動してしまいがち。


だれしも、”現状がよくない”ということを真正面から受け止めるのはつらいことです。

商売だけではなく、家族関係もそうでしょう。


そこから変革をもとめる場合に必要なのは、2つ。

ひとつは、ご自身の心の中にある、「これでほんとうにいいんだろうか」「もっとほかに好い方法があるのではないか」という疑いの心や、臆病な心にたいして、「これは恐怖心なんだ」と、自分の心の中の言葉にたいして惑わされない勇気をもつこと。

また、身近な人などから「そんなことしたってうまくいきっこない」などと聞かされ一歩も前に進めなくなるときは、外からの声にたいして「やらない理由」を言ってくれる人より、「やる理由」を言ってくれる人の意見を聞き、「現状から抜け出すチャンスなんだ」と、恐怖に打ち勝つ勇気をもつこと。




なにもしないと、波風がたたず、表面上は穏やかでいることができますし、自分の心の中の恐怖心や臆病と戦わずにすみます。

ですが、現状から抜け出すことはできません。

変革を求めるときには、行動が必要です。

「恐怖」や「後悔」の気持ちが出てきたときには、まずは、
「いま自分は”恐怖”を感じているのだ。”後悔”したくないのだな」と、自分の心の中を客観的にながめることができる時間をつくっていただくことをおすすめしたいです。

自分の心の中の騒音や、外からの騒音で、商売をうまくゆかなくさせている方、特におすすめです。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2010-11-15 07:41 | 執筆者自己紹介&つぶやき

”たくさんある中から選ぶ方法”。あなた自身は何を基準にしますか?

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

出産後4カ月目で、はやくも、腰がいたくなり、急いで「どこかいい整体はないか?」と探しました。

近所の方に聞いたり、小児科での待合室にて他のママに尋ねてみたり、ネットで検索してみたり、いろいろ。

みなさまご存じのように、整体院は、近所を歩けばほんとうに沢山開設されているので、どなたがどんな症状に詳しくて得意なのか、全く判断がつかなかったので、選ぶのに相当迷いました。

口コミ情報は、ピンポイントでお聞きするので、お聞きする相手の方の傾向や好み、「どうしてそこを選んでいるのか」を直接質問すれば、得られる情報に対して納得できます。

困るのがインターネットでの地域検索でした。

駅前の、インターネットの集客に力を入れている2,3店舗のみ、「選択するにたりる情報」をホームページを開設し情報発信しているという点。

こんなにご近所にたくさん整体院があるのに、駅前の2,3店舗だけしかホームページで情報発信していないのですね。

???

結局、ホームページは開設していないけれども、ご近所の方からお聞きした整体院を選びました。



ひるがえってみて、美容室のホームページ。

浸透してきたとはいえ、「選ばれるにたりる情報発信」をしているかどうかといえば、まだまだ工夫の余地があるヘアサロン様が多いのが現状だと、近所のヘアサロン地域検索をしてみて、改めて感じました。

自分の価値観にあう、自分の欲しい施術やサービスをしてくれる美容室を探している人に、きちんと届くホームページをつくって、迷っている人をお助けしなければ、役立つホームページとはいえません。

あなたのサロンのホームページ、地図と料金表と、店内写真だけを載せてるってことないですか?

ホームページで集客を考えるとき、まず、「自分なら、この情報で、このお店を選ぶか」という、他者の視点を入れてみると、気づきが多いです。

やってみてください。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2010-11-08 07:06 | 身の回りからPRを考える

ヘアサロンからのお客様への挨拶状のハガキ。工夫のひとつのご紹介。

いつまでも暑いと思っていたら、いつのまにかヒーターやダウンが必要な冬へとひとっとびの関東です。

今年もあと2カ月を残すところとなりました。

和田は、自称カツマーになってはや2カ月。

「できる」ことを少しでも生み出そうと、自分の思考習慣の錆びついている部分が、ギギギとやっと動きだしはじめた感覚がでてきました。

年初にたてた目標、たとえば”今年出版する”といったものなど、勢い込んだ企画がさっそくボツになり到達しえないものが山積みながら、目標やミッションは、到達までの過程を組み直し、あと2カ月を有効に使いたいです。

--------------------------------------------------------

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

今日は、ヘアサロンで、ハガキDMをすでに活用されているあなたへ、工夫のひとつとしてツールのご紹介です。

担当スタイリストから、手書きのハガキを、ご来店の度に出しておられる美容室様が、和田のコンサルティング先にあります。

こちらのサロンでは、手書きのハガキを、ご来店の後だけでなく、そろそろご来店いただけるころだなという時期にも改めて出しておられます。

なので、1人のスタッフが、お客様に書くハガキは相当な枚数になります。

少しでもハガキ1枚を効率的に書きたいですね。

とはいえ、義務で出しているようなハガキや、また営業一辺倒の印刷した画一的なものでは、そもそもハガキを手にしたお客様が喜んでいただけません。

そこをなんとか、効率化を図りながら、喜んでハガキを受け取ってもらえるようにという工夫を、こちらのサロン様からお聞きしました。

その工夫のひとつが、「市販のポストカードを使う」です。

しかもこれ、ただの市販のポストカードを使っておられるわけではありませんでした。

美容室・サロン向けポストカードの販売店をみつけて、利用されているとのこと。

このポストカードを使うと、こんな4つのお得があると教えてもらいました。

1)1枚のコストが、自前でお店のオリジナルポストカードを印刷するよりも安い

2)1枚のコストが、文具店や雑貨店でかわいいポストカードを買うよりも安い

3)言いたいことを簡潔に表現するスペースは、官製ハガキを使って裏面一面びっしり書くよりも、ポストカードの片面半分だけで伝わりやすい。

4)なによりも、一番のメリット!
お客様から、「毎回違う、かわいいハガキをありがとう!」と言ってもらえる。


手書きで一生懸命に書くスタッフにとっては、お客さまから、ハガキについてコメントをフィードバックいただくことが一番の励みになります。

こんなお言葉をいただけるそうです。

「いつも、かわいいハガキを選んでもらってありがとう」

「どんなかわいい絵でで今度のハガキは来るのかなと楽しみにしてるわ」

など

受け取っていただけること自体を楽しみに待っていただけるよう、毎回違う絵柄のポストカードを、安く大量に仕入れられるから、書き手としてもストレスなく書き続けられるそうです。

和田がお聞きするハガキDMの一番の「困りごと」は、
続けられないことだそうです。

スタッフ自身が、「書くことがない」と言ってしまったり、途中でハガキを出すこと自体をやめてしまったり。

だから、「安い」「書きやすいスペース」「お客様にも喜んでいただける」工夫のひとつとして、美容室・サロン向けポストカードの販売店を利用するのもひとつの手だなと感嘆したので、今日はご紹介しました。

サロン様から、購入先を教えてもらったので、こちらでもご紹介しておきます。

【美容室・サロン向けポストカード専門店clipy(クリッピー) http://www.clipy.jp 】
(2010年11月末までちょうどキャンペーンもやっておられるようです。のぞいてみられるには、いいタイミングかも。)

ハガキDMは、出すタイミング、内容など、奥が深いですね。

続けるための、よい工夫があれば、またご紹介しますね。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2010-11-01 05:50 | 執筆者自己紹介&つぶやき