<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お客様の声を最大限に活かすための、バージョンアップのポイント

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

関東地方の今朝はマイナスの気温だとのことで、いつも朝はつけずに我慢している暖房を、今日ばかりは朝からつけてしまいました。
今日も、外出時は、セーター2枚がさねだなあ。
(着こみすぎでモコモコ?)

さて、お客様の声を集めろとうるさい和田です。

うるさい和田につきあって、忠実にお客様の声を毎月コツコツと
集めホームページにアップいただいている美容室様も
いらっしゃるので、「言い続けることは大切」と感じております。

お客様の声は、最初はとにかく「数」を集めてくださいとお願いしています。

だんだんとボリュームが増してくると、それだけで効果はありますが、
でもそれで終わりではありません。

次に、工夫する点として、
こんな質問への回答をお客様からいただけると、
なお一層お客様の声を集める「質」が高かまり、集客効果も高まります。

「どうして、数ある美容室のなかから、貴店を選んだのか?」

ずばり、この質問に、お客様自身に答えていただくのです。

お客様の声の「数」にチャレンジが進んでいるサロン様は、
次に「質」向上に、上記質問にもとりくんでみてください。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-01-31 06:27 | PRのご相談とアドバイス

ご夫婦で美容室を開業されるいろんなパターン

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

みかんぐみ株式会社で開業&オープン集客のお手伝いをさせていただく美容室様は、ご夫婦での経営されるケースも多いです。

でも、ひとくちにご夫婦二人での経営といっても、いろんなかたちがあります。

その工夫や、そこに込められた想いが、みなさまそれぞれ違うからなのですね。

ご夫婦での開店されるときのお悩みのひとつに

「家族で、”内輪だけ”で”なあなあでやってる”と思われたくないけれど、どう見せればいいか?」というご相談があります。

3件に2件ぐらいという割合多いご相談です。

サロンオーナーや、サロンスタッフの人柄が出るように、ホームページやブログ等で情報発信することをおすすめしているなかでが、そこに「家族経営である」ことを表だって出した方が得なのか、損なのかというご相談です。

正直言って、正解はありません。

ですが、和田が過去お手伝いしてきたサロン様は、

「どんな理由・想いで、夫婦で経営していることを前面に出しているのか?」


「どんな理由・想いで、夫婦で経営していることを前面にださないのか?」


をお伝えするようにしています。


奥さまとなられる方が、ただ「奥さん」ではなく、旧姓のままで、一人前のスタイリストとしてお客様と接することを選ばれる場合もあります。

奥さまとなられる方が、エステをメニュー取り入れたりして美容の総合サロンを目指したいため、女性の気持ちがよくわかるからという理由で、代表権のある経営者になられる場合もあります。

などなど

いろんな家族形態、いろんな経営理念、いろんな経営形態があります。

損・得ではなく、あなたのサロンは、お客様とどう成長してゆかれたいのかで、ご夫婦であることの表現を選ばれるといいです。

それから、もうひとつ。

ご夫婦で、サロン経営を盛り立ててゆかれる場合は、
どちらかだけが経営センスを磨けばいいという考えでなく、
どちらもの方が「自分がしっかりしなくては」と考えておられるときに、うまくお店が繁盛するなと和田は感じています。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-01-24 07:28 | PRのご相談とアドバイス

サロンコンセプトは、オリジナルのフレーズでなくても表現できます

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

関東では冬のきりりとした空気が続くため、湘南の我が家からは毎日富士山がきれいにみえます。

毎日見ているのに「あ、富士山見える~」と言ってしまいます。

やっぱり、富士山の、裾野まで長くきれいに広がる姿は特別に感じますね。
---------------------------------------------------------

サロンコンセプトは
「いいたい事ではダメ。お客様に響く視点で書かなくては」と、
事業計画書づくりのとき、いつも何度も赤ペンを入れさせていただきます。

でも、この事業計画書づくりがうまくいけば、その後作る、
チラシ広告やホームページ、お店の小冊子など、
お客様に伝えるツールすべてに通じる言葉ががっちり
決まりますので、ここは飛ばせないところ。

とはいえ、皆様、表現の仕方にとても苦労されます。

サロンコンセプトの表現でゆきづまっているあなたに、
ひとつヒントを。

「自分の言葉(オリジナルのフレーズ)」でなければならないと
思いこんでおられる方がほとんどですが、もうひとつ、
お客様の心に響く方法があります。

それとは、「自分が経営の見本とする、有名な人の言葉や、
書籍から引用してくることで、自分のサロンの方針を代弁して
もらう」というもの。

たとえば、最近、こんなものをみつけました。
美容サロンではなく、食品です。

業界が違いますが、美容サロンの経営方針の表現においても
、この手法は見習わせていただけるものがあると思います。

株式会社丸八製茶場という、石川県加賀市のお茶屋さんがつくる
ほうじ茶「献上加賀棒茶」の袋を手に取る機会があったら、
袋の裏面をみてください。

同社の基本理念は、岩波新書『食品を見分ける』の
「良い食品の4条件」「良い食品に携わる者の資格4原則」に
まとめられている内容にのっとっていることを宣言しています。

4原則と、4つの資格も、それぞれ記載されています。

読むだけで、真面目にお茶づくりに取り組んでおられる企業姿勢
が伝わって来て、「安心なお茶のうえに、味がよさそう」に
見えます。
(実際に、きなこのようにとても香ばしく甘いおいしいほうじ茶でした)。

いかがですか。

多少文章量が多くて、小さな文字になっても、基本理念と
書いてあれば、読んでもらえます。

もし、あなたがお手本とする書籍や、経営者の言葉があれば、
引用をさせていただくことも検討してみては。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-01-17 06:27 | 身の回りからPRを考える

サロンで扱う店販商品にお店オリジナルの紙資料を用意する

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

冬型の気圧配置のため、関東では乾燥したよいお天気の日が続いています。

ですが、先週末土曜日の天気予報で「湿度17%」の文字をみてびっくり!

どうりで、アラフォー前のお肌や髪にはきびしい環境のようで、保湿クリームが手放せません。

---------------------------------------------------------

みかんぐみ㈱で新規オープンをお手伝いする美容サロン様では、
取り扱い店販商品も、サロンコンセプトにあわせて厳選し、
お客様へのサービス向上の一環として販売に力を入れようと
されているところが多い傾向があります。

サロンにて口頭で一度や二度、お勧めしただけでご購入いただけるお客様は少数です。

ご自宅に帰られても「そういえば気になるな」と、お客様の記憶に残す、記憶を思い出させる必要があります。

そこで有効なのが、紙資料。

というと、ほとんどのサロン様では、「うちはメーカーの説明資料をお客様にお渡ししているよ」とおっしゃります。

はい、わたしも顧客としてシャンプー等の説明パンフレットをいただきますが、わたしの記憶にそのパンフの内容は残りません。

なぜかというと、ただのイメージ写真パンフの場合がほとんどだからです。

お客様の記憶に残し、必要性を感じ取ってもらうために、店販商品説明におすすめしているのが、お店オリジナルの小冊子、あるいはパンフレットづくりです。

お店のオリジナル資料には、「どうして、そのサロンさんは、そのシャンプーを、わたしに勧めてくださるのか」「どうして、そのサロンさんは、そのシャンプーをお客にすすめたいと導入しているのか」をお伝えする内容を記載します。

また、お客さまにとっての髪についてのお役立ち情報も入れると、より一層「捨てられにくい」資料になります。

メーカーから購入するパンフレット以外に、お店のオリジナルのパンフレットもしくは小冊子をつくるのは、費用も手間もかかりますが、かけた費用や手間の分以上の効果はあります。

本当にいいものなら、時間や手間をおしまず、「必ずお届けしたい」という思いを、お伝えしたいですね。


みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-01-10 04:56 | 身の回りからPRを考える

2011年 新年あけましておめでとうございます

2011年の関東は、天気にめぐまれたおだやかな元旦からはじまりました。

江ノ島からのぼる初日の出を家族とともに拝むことができ、
今年一年もよい毎日を積み重ねてゆける努力をおしみなくできる
新しい力がわいてくる、そんなお正月でした。

雪にみまわれた地域も多いとニュースが流れていましたが、
皆様のお正月はいかがでしたか。


仕事一筋と自分で言うのも変ですが、仕事&自分のことばかりにかまけていればよかった人生に、
昨年は、出産によりわが子が闖入。

お客様へのサービスご提供の方法を変えさせていただき、周りの方の支援をとても沢山いただいきました。

ご理解・ご協力をたまわった皆様に、心より御礼をもうしあげます。

今年も、母親・子育て初心者の試行錯誤はつづき、まだまだ皆様にひきつづきご協力を賜る機会が
多いままとなりますが、この貴重な経験をきっと、サロン運営のお役にたてるきっかけにさせていただく
所存です。

皆様にとってお役にたてるコンサルティング方法について、よりブラッシュアップをはかってまいります。

今年も、引き続き、精進してまいりますので、よろしくおねがいいたします。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田への応援メッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-01-06 05:28 | 執筆者自己紹介&つぶやき