<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お金を得るために、もっと良いものを着る

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

『サロンマネジメント:サービス業の成功心理学』
マーク・D・フォーレー著
同友館、2002.

を読みました。

美容業のお店を繁盛させる要因として

技術20%
対人関係の確立80%

とし、プロとしてこの80%の重要な対人関係の確立をどうするかということについて説いた本でした。

そのうちのひとつ、「ファッション」について、いつもわたしが
サロンに訪問して感じていたこと。

顧客に対してファッションリーダーであれ、という点について
フォーレー氏は

「お金を得るために、もっと良いものを着る」

といっているところに、納得。

靴やメイクも含めて、顧客に対してファッションモデルの役目を果たそうとるすことで、大きな収入を得ることができるという指摘は、多くのサロンオーナーからの話しとも一致する。

「お金がないからいいものは着れない」と言ってしまったり、
自分の魅力を半減させるような「自分はこれしか似合わない」といった否定的な自己像を描いている場合は、

まずは「かたちから」を実践してみることをおすすめしたい。

もし、自分の像を自分でこわすことが怖い場合は、
プロの手を借りることでより間違いなくステップアップできる。

美容に従事する者でも、ファッションスタイリストや
パーソナルコーディネーターの
アドバイスをうけることはなんら恥ずかしくない。

自己表現も、顧客のファッションを少し刺激するような仕事の一部ととらえると、ファッションの自己変革も楽しいと思えるはず。

一度自分のワードローブを、「顧客を刺激するファッションか」という視点でながめてみてください。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-11-28 09:40 | 執筆者自己紹介&つぶやき

ヘアスタイル写真づくりがうまくいかない根本的なところは?

奈良の実家から、大きな、こぶしよりも大きな吉野の柿が送られてきました。
ご近所様にすこしづつおすそわけ。
母のおかげで、秋を満喫させてもらいました。

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

今週も、先週にひきつづき、ヘアスタイル写真づくりについてです。

今週の話題は、ノウハウというよりも、その根本的な、サロンでの進め方について、和田が感じていることを本音でお話しさせてください。

サロンにコンサルティングでうかがうと、いろいろな経緯から、ヘアスタイルの写真づくりのお手伝いもすることになる場合が多いです。

サロンの個々の「やり方」は、規模や、オーナーの考え方によりさまざまです。

で、一番うまくないなと思うやり方はこれ。

「スタッフに全部丸投げ」

写真撮影をしろ、
ヘアスタイルは集客に必要だ、
と上からの命令で、写真撮影をやんやと促されても、
「やらされる感」だけがふくれあがって、
継続性がうまれないですし、やらされた結果の仕上がりもいいものにはなりません。

基本、美容室で働く人たちは、オーナー様を含め、入社したての人も、みな、「向上心がすごくある」方が多いと感じています。

成長する事にとても貪欲です。

だから、写真撮影は、最初はうまくゆかなくても徐々に、うまくゆくポイントを探してゆけばいい事だけでもわかったり、うまくゆくポイントを一緒にみつけてあげる環境があるだけで、本当に喜んで写真づくりをサロンワークのひとつとしてやってゆかれます。

丸投げではなく、一緒につくること。

また、うまくゆかない理由を、他人のせいにしません。

「この地域には向かないから」とか「モデルさんみたいにかわいいひと、このへんにはいません」とか言ってしまわない。

普通の人も、ヘアスタイルや、表情、撮影の仕方で、
ほんとにかわいく、美人になります。

それこそ、そんな写真が、あなたの技術の、あなたのサロンの技術の賜物であり、証拠になるのです。

ぜひ、あなたから、流れを引き起こして下さい。

組織作りのお手伝いを、コンサルティングではいたしますが、
組織作りはあなたしかできないのです。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-11-21 07:09 | PRのご相談とアドバイス

ヘアスタイル写真づくりが、美容室ホームページ成功の秘訣のひとつ その1

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

ヘアスタイル写真が、美容室のホームページでの集客を成功させる要素のひとつとなっています。

このことは、今更このブログでお話するまでもなく、サロン経営の皆様はきっとご存じのことと思います。

でも、実行できていない。

なぜでしょう。

今日は、「ヘアスタイルの写真を上手く撮影できない、掲載できないジレンマから抜け出そう」というのがお題です。

和田がコンサルティングさせていただいてきた美容室様の状況から、うまくゆくための考え方を提案させてください。

1.最初からうまくやろうとしない

お客様のヘアスタイルづくりと、撮影のヘアスタイルづくり、美容学校のショーのためのヘアスタイルづくり、どれもみな全く違うものであるとの認識が必要です。

最初からうまくできると思わないように。

失敗の難関は、いくつもあります。

モデル選び

撮影の場所選び

カメラマン選び

ヘアメイクの仕方

モデルのファッション選び

などなど

これらは、1度や2度の失敗では、身につくものではないため、何度も何度も繰り返してうまく集客にむすびつく写真づくりができるものとこころしてください。

2.誰のための写真かを強くイメージする

自分の創りたい写真の絵柄を考えてはいけません。

集客を成功させるには、あなたのお店にいらっしゃるお客様の憧れをかきたてるための、写真をつくる必要があります。

あなたのお店にいらっしゃるお客様が求めるあこがれはどのようなものか、をしっかりご提案できるように表現するのが写真の目的です。

3.一度出来上がったら終わりでない

ファッションは、1回限りのものではありません。
季節によって、そして、年を追うごとに変化します。
あなたが提案するヘアスタイルの写真も、変化しつづける必要があります。
技術が上達する、ファッションセンスがより磨かれてゆくことを示す証にもなりますので、写真は定期的に撮り続ける必要があります。

1年に一度ではなく、最低年に2度、理想は年に4度の頻度がいいですね。

来週も、サロンの写真撮影を成功させる話題をつづきでお届けします!

お楽しみに。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-11-14 09:44 | 集客できる美容室のホームページ

美容室のブログは何のために書く?

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

ヘアサロンのホームページにブログを設置することが一般化しています。

ブログのないホームページをみつけるほうが「めずらしい」かもしれませんね。

で、ホームページにブログを設置する意味を、執筆するスタッフ全員がみな共有できていますか?

ブログは、

新規顧客を獲得するため

です。

マーケティングの一翼を、ブログを書くことで、スタッフ全員で担っているわけです。

漫然と、
「お店のため」とか
「言われたから」
「決まりだから」
「お客様のため」
といった具合で書くのではなく、
まだ見ぬ潜在顧客を、新規顧客として迎え入れるための
貴重な記事執筆の仕事を、全員で行っていることを
意識して頂くだけで、記事の内容もブラッシュアップされるでしょう。


みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-11-07 16:55 | 身の回りからPRを考える