<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬期休業のお知らせ

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

下記の通り、冬期休業をいただきます。

お問い合わせのお返事は、休業明けからとなりますこと、なにとぞご了承ください。

冬期休業 12月29日~1月4日

みなさま、よい年越しをお迎えください。


みかんぐみ株式会社 和田美香



---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-12-26 07:27 | お知らせ

サロンの発展をもたらす数字はなにかを全員が理解する

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

先週にひきつづき、

『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』
ジェームズ・C・コリンズ著、山岡洋一訳、日経BP社。

のなかから、特に気になった点をお伝えしたいと思います。

先週は、人材についての考え方。

今週は、経営の数字についてです。

サロン全体の売り上げをアップさせるための方策はいくつかあります。
よって、売上をアップさせるための指標となる数値もたくさんあります。

気になるのは、経営者からスタッフに、「この数字は必ず達成するように」と提示される数値が、他項目にわたるサロンがままあることです。

どの指標も経営上重要なため、伝えたい、知ってほしいと願う気持ちが高まっているのだけは伝わるのですが、はたして細かな数値をどのように受け止め、活かすのかという点までは、経営者とは思惑が違うようです。

こんなときは、「経営者が伝えるべき経営上の数値、全員が理解すべき数値はひとつ」とされるのがいいと、本書を読んでわたしも実感しました。

たとえば、美容室なら「来店顧客1人当たりの単価を高くする」といったことだけを目標にする、といったような具合です。

スタイリスト1人当たりの売上総額や、店販商品売上額を細かく問うよりも、「わかりやす」く、かつ「経営を成り立たせる原動力」が理解しやすいからです。

指標となる数値は項目をたくさんつくって細分化するよりも、
原動力となる数値をひとつ探し出して決め、それを全員で理解することを優先させる。

現場にもすぐできるわかりやすい道です。

なお、サロンによって、経営の原動力となる数値は、表現がちがってきて当たり前です。
サロンの特性にしたがって、決めてください。
経営の原動力となる数値の決め方に迷った方は、どうぞお問い合わせください。
経営課題の診断・分析から、目標設定までをお手伝いさせていただくことも可能です。


みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-12-19 09:27 | PRのご相談とアドバイス

人材の課題を考える。「だれをバスに乗せるか?」を先に考えるという発想

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

美容室に伺っていると、集客の課題もさることながら、人材について常に課題とあげておられるサロン様が規模を問わず多数あられます。

このブログをご覧のサロン経営者様も、うちは人材についての課題はないとおっしゃるところは、ないぐらいではないでしょうか。

人材については、いくら人手不足でも、まず「ビジョン」や「お店の経営方針」に合致した方を採用いただけるようお話ししてきました。

また、自社の協力スタッフをお願いする方についても、そのような考えでお話しさせていただいてきました。

でも、「まず目的ありきではなく、最初にバスに乗せる人を決める」という考えが重要と説いている本に出会い、とても衝撃をうけました。

その本は

『ビジョナリーカンパニー:飛躍の法則2』
ジェームズ・C・コリンズ著、山岡洋一訳、日経BP社

です。

よく考えてみれば、納得させられる考え方です。
いままで、なぜか「目的志向」でもうまくゆかなかったのを見直すきっかけをもらいました。

上記の書籍を読んでいて、「最初にバスに誰をのせるか」を考えるメリットとしては、強力な経営陣が布陣できるという点にあることもわかりました。

人材問題は、組織の後継者育成問題へもつながります。

自分1人だけで行っている経営をつづける場合は、それはまたそれ相応の覚悟もいります。

でも、2人以上で行うチームプレーの経営の場合は、事業の永続性のかたちをかんがえるのも経営者の仕事です。

本書はそのヒントにもつながると感じました。

チームで仕事をしているサロンの経営者におすすめの本です。

みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-12-12 11:03 | 執筆者自己紹介&つぶやき

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

取引先の担当者、たとえば、ディーラーや広告会社の担当者が、営業時間中に出入りされることは多々あります。

出入りされる担当者も、営業中であることを良く知っておられるので、営業の邪魔になるようなことはなさらないでしょう。

ですが、たまに、こみいった話しをしなければならないこともあるかと思います。

そんなとき、我を忘れて、お客様の前でお話ししてしまわれていることありませんか。

「怒り」の姿のあなたをみて、「本当はこんな人だったのだ」と、いつも見せない裏側を知った気分にさせてしまうかもしれません。
たとえ、それば、取引先へのパフォーマンスであったとしてもです。

取引先も顧客の一員として扱う態度が、顧客を減らさず、増やすひとつの方法であることも、よく知っておいていただけるといいなと考えています。


みかんぐみ株式会社 和田美香

---------------------------------------------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2011-12-05 16:50 | 執筆者自己紹介&つぶやき