<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

繁盛する美容室づくりの条件 その3(全4)

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

繁盛する美容室づくりの条件を全4回でおとどけしています。


今日はその3回目。
「自分達のライフスタイルも店の繁盛のひとつ」

店構えと、お店の中だけが、商売ではありません。
どんな商売であれ、あなた自身が、商品でもあります。

あなたは、どんな考えをしていて、どんな暮らし方をしている人か、ということが、お店のコンセプトや雰囲気、提供サービスとマッチしていれば、より共感を深く呼び、集客だけでなくファンづくりに深く寄与します。

たとえば、ファミリー層の多い街で、キッズコーナーを設けている美容サロンをオープンしているとしましょう。
あなた自身が、子育て中で、子育て中のママやパパの気持ちがよくわかる人だということが、よい効果を生み出すことは、容易に想像できますよね。

次週は「周りの住民とつながりを生み出す工夫」です。
お楽しみに。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-01-28 06:45 | 強いサロンのつくりかた

繁盛する美容室づくりの条件 その2(全4)

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

繁盛する美容室づくりの条件を全4回でおとどけしています。


今日はその2回目。

「自分が出したいお店と、集客できる街のマッチが必要」

自分が出したいお店のコンセプトと、街の雰囲気は合っているかどうかもポイントです。

たとえば、20代30代の、美容に熱心な働く独身女性をターゲットとしたサロンを、小さな子連れのママが目立つファミリー層が多い住宅街につくって、集客できるでしょうか?

逆に考えることもできます。

「どこそこの街で開業したい」という想いがもし強ければ、その街にあったコンセプト・ターゲットを選んで開業するという方法もありです。

街とサロンのマッチングも考えてみてください。

次週は「自分達のライフスタイルも店の繁盛のひとつ」です。
お楽しみに。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-01-21 07:36 | 強いサロンのつくりかた

繁盛する美容室づくりの条件 その1(全4)

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

繁盛する美容室づくりの条件を全4回でおとどけします。


今日はその1。

「周辺の街にあった美容室づくり」をする。


どういうことかというと、人口構成によって、街の雰囲気はぐんとかわります。

大学があり、街に1人暮らしの若者が多い街なのか?

ベビーカーをおしているお母さんが多い、若い家族連れが多い街なのか?

昼間は高齢者が多い街なのか?

この人口構成が、ターゲットになります。

その街の雰囲気にあった美容室づくりとは、人口のボリュームゾーンに受け入れられやすいサロンデザイン、サロンサービスをするということです。

次週は「自分が出したいサロンと、集客できるサロンは違う」です。
お楽しみに。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2013-01-14 07:19 | 強いサロンのつくりかた

サロンから一環したメッセージを送る重要性は何につながる?

あけましておめでとうございます、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

ホームページやカードやチラシなど、「自分が発注しているのだから、同じようなテイストに必ずなってて、情報の一環性に関しては大丈夫」と思われてる方おおいのではないでしょうか。

キーメッセージとして、何を伝えたいのか、それをどのように伝えるのかを、デザインと文章が組み合わさることが重要です。

この情報の一環性は、「伝わりやすさ」につながります。

デザインは「成りたい姿」を想像させ、言葉や文章は「それをわかりやすく約束する」ことにつながります。

このデザインと文章の相乗効果を、ホームページやチラシ、カードなど美容室から発信するすべてのツールをつかってあらゆる方面から顧客につたえることをお勧めしています。

これがあると、技術の安売り、割引をしなくても、集客につながります。

(和田は、これを情報設計と読んでいます。)

今年は、「安売りしないサロンづくり」を徹底して応援する方向で、和田も活動する予定にしております。

そのための新サービスリリースも多数予定しておりますので、その折にはどうぞご活用ください。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2013-01-07 07:29 | 執筆者自己紹介&つぶやき