<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あなたのヘアサロンのホームページ制作価格が適正かどうか? 

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

ヘアサロンのホームページを「集客に役立てよう」と腰をあげられる場合、制作会社を一から選び直される場合が多く、ホームページ制作の相場にとまどわれるサロンオーナー様が多いですね。

30万円が相場とか、50万円は高いとか、いまはフリー(ゼロ円)の時代だとか、総額の数字だけをみると、どの意見を採用していいのかわけがわからなくなります。

「格好のいいフラッシュがあるといい」とか、「ブログ機能がいい」とか、「フェイスブックは必要だ」、とかそんな、部分部分のレベルから話すと、わけがわからなくなるのは、目的を忘れてしまっているからです。

ホームページ価格の相場を理解するには、「目的」からみた「目的を達する手段」と、「その手段を講ずる価格」の関係を理解する必要があります。

この関係を、きちんと理解できるにはそれなりに時間もコストも必要です。

「いま」ホームページで集客したい場合、その理解のための時間はかけられないとなると、その時間をお金で買うというアイデアもあります。

ただ制作してもらう以外に、「コンサルティング」を受けるというアイデアです。

集客効果をあげるためのホームページ制作価格が、「安い」か「高い」か正直わからないときは、適正価格かどうかをコンサルティングしてもらうのも有効な手段です。

制作+コンサルティングの投資費用にみあった、集客からの収益があがるホームぺージができます。

サロンオーナー様の場合、芸術家肌の方が多いので、集客効果がないけれどただカッコいいホームページをつくられて高い制作金額を支払われるケースも多いので、ご注意いただきたいです。

ちなみに、弊社では「ホームページ制作だけ」はいたしません。
「ホームページのコンサルティングのみ」か「コンサルティング付きホームページ制作」をしています。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-07-29 18:12 | 集客できる美容室のホームページ

サロンのホームページでの集客目標は、ホームページの改造だけで達成できるか?

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

あなたの美容室のホームページも、ホームページから毎月○人集客したいという目標があって、作成され、運営されていると思います。

ホームページの集客には、いろいろなノウハウがあります。
どんどんインターネット上での集客の工夫を重ねて行くことができます。

ですが、ここで、ドツボにはまらないポイントを。

ホームページを経由した新規集客は、インターネットのなかだけで完結するものではない、ということ。

サロンの看板から、ホームページをご覧になることだって考えられます。
毎月発行しているニュースレター広告から、ホームページへの誘導がうまくいってることも考えられます。
あなたが配った名刺から、あなたのサロンに興味をもってくれた誰かが、あなたのホームページに興味を持ってブログに紹介してくれ、それがまわりまわってアクセスにつながっていることも考えられます。

特に気を付けて頂きたいのは、「ホームページ集客でうまくいってる場合」です。

ホームページを経由した集客は、インターネットの中だけで完結して結果をだしているわけではありません。

もっと広い視野で、ホームページへのアクセスを増やす方法は?を考え、定量化できる仕組みがつくれるといいですね。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-07-22 07:19 | 集客できる美容室のホームページ

苦手なもの、やりたくないものを外してもOK.美容サロンの個性を出す方法について

こんにちは、「ワクワク物語でサロン繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

小さな美容サロンの場合、全方位の顧客を取り入れる経営戦略ではなく、特色を出したほうが、顧客にもサロンにも両方得があります。

個性を打ち出すのに、よく考えられるのは「いまあるものに、なにか新しいものをプラスしてゆくこと」という思考ですね。

たとえば、「ヘッドスパを新しくしよう」とか「ネイルを取り入れてみよう」とか、「あたらしい店販商品を取り扱ってみよう」とか。

でも、プラスの方向ばかりが、個性を打ち出す手段ではありません。

ギャクに、削ってみて、スリムになってみる、無くしてみることで、打ち出したいものを明確にすることもできます。

たとえば、営業時間を削ることもできます。
5時以降は営業しない、日曜日は営業しない美容室様もあられますよね。
理由は、平日の朝から昼にかけて美容室にゆける方だけをターゲットにできているからです。

たとえば、子供のカットはしないことを逆に打ち出してもいいわけですよね。
このことによって、「子供を気にせず、ゆったりくつろげる大人の空間を提供できる」ことを明文化して謳えられるわけです。

削ることは怖いかもしれません。
でも、削ることで、自分も楽になれ、顧客にハッピーになれる循環も生まれてくる可能性もあります。

まずは、あなたの「嫌なこと」「ほんとうはやりたくないこと」を、心に問いかけてみてはいかがでしょうか。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-07-15 07:55 | 強いサロンのつくりかた

サロン経営のコーチは回り道します

こんにちは、「ワクワク物語でサロン繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

今日は、冒頭の自己紹介文を変えてみました。
ただ集客を請け負い制作物中心のマーケ屋とは違うアプローチ、価値提供を目指すことをお伝えしたいためです。

サロンオーナー様とお会いして「サロン経営コンサルタント」の肩書きの名刺を交換させていただくと、ズバリ「うち○○(よく耳にするコンサルティング会社さんです)に頼んだことあるけど、うまくいかなかったよ」と、コンサルタント不要説を本音でお話しいただく方が、チラホラといらっしゃります。

コンサルティング会社の営業手法や、担当されたコンサルタントの保持される手法や能力についての話題は脇に置いて、どうして、「チラホラ」も複数人の方からこのようなお話しがでるのか気になっていました。

コンサルタントの位置づけって何かなと。

そんななか、次の本を読んで、納得したことがあります。
『想定外』ジョン・ケイ著,青木高夫訳,ディスカヴァー出版,2012.

この本を乱暴にまとめてみると、「直線的に目標が達せられることはなく、そのときどきにあわせて最適解をみつけ一歩づつ足をすすめることで一見回り道なようなことの積み重ねが、企業や個人に利益や幸福をもたらす。」でした。

コンサルティング会社嫌いを教えて下さるサロンオーナー様の思考には、「直線的」な思考があったのかなと、すごく腑に落ちました。

ご自身で苦しんで、苦労して、考え抜いて、体力も使って、ご自身の限界を嫌と言うほど感じているときに、コンサルティング会社の人がきて「手助けしてくれる人がいる」と感じられたのですよね、きっと。

回り道しているようで苦しんでいる自分とは違う「何か(?)」で、魔法の杖か何かでスパッと救ってくれると思うから、身銭を切る想いで安くないコンサルティングフィーを支払う決意をされるわけですよね。

でも、実際は違って、解決への最短の道を欲しいと思っているにもかかわらず、自分が思考錯誤している方法と同じような方法を、担当コンサルタントさんもとられることもあるわけです。
そんなこと知ってるよ!やってるよ!という声が、自分の中でフツフツ湧いてきて、そこでコンサルティング契約をやめてしまわれるわけですね。

でも、待って下さい。
自分と違う方法だけが「最善の解への近道」とは限らないわけです。
俯瞰的にみたときに一見回り道しているようで、近道なこともあります。
それに組織は生きていますので、その「最善」さえ日々変化してゆきます。

魔法の杖は、存在しないとわたしは思っています。
利益一直線の目標達成を目指す運営は、長年働いてくれたスタッフの居心地を悪くするなど、組織内のひずみを大きくすることが多いです。

日々変化する最善と向き合い、現状との妥協・改善を1歩づつ繰り返す経営者を助けるコーチになる。その指針として、目標に命やワクワクを与える大きな物語をつくっておく。

これが、肩書きを「ワクワク物語でサロン繁盛を目指すサロン経営コーチ」にしたわたしのやりかたの指針です。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-07-08 08:05 | 執筆者自己紹介&つぶやき

自立した経営者になっていただくためのサロン経営コーチ

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

コンサルタントというと、なにかを「やってくれる」と思っておられるサロン経営者様が多いです。

経営者でおられるご自身に変わって、スタッフや組織、外部組織に、コンサルタントが経営者代行として影響を及ぼすことを期待されるわけです。

ですが、和田は、その手法はとりません。

「自立した経営者」になっていただくためのお手伝いをします。

コンサルタントというと分かりにくい場合は、コーチと読んでいただければわかりやすいでしょうか。

「自立したサロン経営者を支援するコーチ」というたちばで、仕事させていただいております。

経営者としてのご自身をステップアップさせたい。
サロンだけにとどまらず美容界のイノベーションを自分でおこしてゆきたいかたのお手伝いをいたします。



みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
by prsoudan | 2013-07-01 07:31 | 執筆者自己紹介&つぶやき