<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みかんぐみ株式会社、夏期休暇中のメール対応お休みのおしらせ

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドづくりプロデューサーの和田美香です。
こんにちは。

みかんぐみ株式会社では、下記の日程にて夏期休暇をちょうだいしております。
この期間中にいただいたメールでのお問い合わせには、お返事が、休暇後の11日(月)以降順次お送りすることととなります。

夏期休暇 8月8日(金)~8月10日(日)

どうぞよろしくおねがいします。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲートhttp://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi」で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ


[PR]
by prsoudan | 2014-07-29 11:34 | お知らせ

わくわくしながら主体性をもって売上をあげるための読書会のごあんない

こんにちは、好きなお客様だけにきていただいて売上をあげるブランドづくりの、和田美香です。

8月29日(金)ランチ読書会のお誘いです。
a0127950_15234.jpg

「利他」や「感謝」を行動原理や理念としている経営者の方と直接お話しし、仲間になってもらえたらという想いで、ランチ会を開催します。



「売上があがる」「売上をあげる」と違うと思いますか?同じとおもいますか?

起業や独立開業後、やりたかったことを自分の力でおしすすめることができ、かつ、感謝もされながら、お金までいただいて生活できてしまうことのありがたさをぐっと噛みしめておられる方が多いですよね。

和田もその一人です。
第一信条として、「感謝」を生活の中心に置いてすごしているつもりです。

でも、やりたかったことをやるワクワクの気持ちとお客様への感謝の気持ちや、利他や貢献の気持ちが、いつもベストバランスで進行しているとは、正直いいがたいところもあります。

毎月売りをたてていかないといけないビジネスモデルにしてしまっている苦しい気持ちが、自分の中で前面に出てしまうこともあります。

それでも、「利他」や「感謝」をわすれないことで、きっとまわりまわって自分も活かされている、商売させていただいていることの意味や意義から充実感を味わえるという報酬も知っているので、なんとか、軸がぶれずに戻ってこれるかなという気持ちもしております。

その軸とすべき「利他」や「感謝」の気持ちは、手帳に書いて、都度、なんとなくおもいだす方法をとっていました。

それが最近、以前読んだ『7つの習慣』(スティーブン・コヴォー著)をふたたび手に取ってみて、人生の成功を説く書は、実は、どんなむずかしいビジネス理論の書の大元原則としても有効な内容を、とてもシンプルでわかりやすく書いてくれているのでは、と気づかされることがありました。

同時に、「利他」や「感謝」の気持ちをわすれるぐらい、自分の気持ちがゆれたときにも、戻るべきよりどころにしやすそうだとも気づきました。

『7つの習慣』は人生の成功哲学をといています。
ビジネスの成功よりももっと大きな視野の広い内容になっています。
だから、ビジネスもその中に含まれるのはいわば当たり前ですよね。

でも、その人生をゆたかにするいわば「理想」の法則でもって、ビジネスもゆたかにしたいという理想を現実化し、ビジネスのなかでより多くのお金を手にする方法に具体的につなげられないかと考えました。

ビジネスに限定して考えると、『7つの習慣』を矮小化する恐れもあります。
でもあえて、『7つの習慣』のエッセンスを尊重しながら、ビジネスでお金を産むための行動の源としても意識して過ごした時どんな行動ができるかをはなしあえる仲間がいれば嬉しいなと考えました。

そこで、7つの習慣のなかの、7つの原則ひとつづつをテーマにし、合計7回の予定で、ランチしながら、自分の仕事上の経験のなかで原則を活かすことで「お金」につながったと実感できることを、ざっくばらんに話し場を設けることにしました。

『7つの習慣』をビジネスの場でも意図して実践されているお仲間を得たいという希望を持っています。

よかったら、ランチ会で、ビジネスと7つの習慣について、あなたの体験やお考えをお話しいただけませんか。

以下、開催概要です。


●開催日時 ; 8月29日(金)11時半~13時

●開催場所 : LA BALENA
神奈川県藤沢市南藤沢2-14 アツタビルB1
地図 http://www.tavernabalena.com/access.html
湘南地元の野菜や、相模湾の魚がおいしいイタリアンレストランです。

●参加費 各自ランチ代ご負担下さい
    ランチコース 1,850円(税別)、3,000円(税別)からご選択いただく内容です。

●読書会のテーマ :『7つの習慣』のなかの第一の原則「主体性を発揮する」について語ろう

●ご参加の条件 : 
(1)『7つの習慣』、もしくは『まんがでわかる7つの習慣』をお読みいただき、7つの習慣の考えに共感しておられる方。
(2)他の参加者の意見を否定し殺す発言をしないこと(ドリームキリングな発言をされたかたは、次回以降のご参加をおことわりします)。
経営、運営されている事業の業種は問いません。

●参加お申込み方法 : こちらの「こくちーず」フォームをご利用ください。(キャンセル待ちの仕様になっています。)
           
http://kokucheese.com/event/index/199416/


あなたと、藤沢でおいしいランチを食べながら、「利他」や「感謝」がお金になるしくみについて一緒にお話しできると嬉しいです。

「はじめての美容室独立開業工事110番」運営
みかんぐみ株式会社
和田美香
[PR]
by prsoudan | 2014-07-21 14:59 | お知らせ

ブランド化のまえに、「売れる」と「売る」の使い分け

こんにちは、好きな人に顧客になってもらうブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

「売れる」と「売る」、意識して使い分けておられますか?

マーケティング3.0が言われ出したころから、「売れる」という言葉が意識してつかわれるようになってきたことが多いですね。

なぜなら、「売る」というのは、プロダクトアウト型であり、プッシュ型で、営業やセールスの力を利用して、製品やサービスを顧客におしつける印象がついてまわるからです。

一方「売れる」というのは、顧客が主体的に選び、顧客に選んでもらうように購入してもらい、無理やり店や企業から売り付けないという意味合いが込められています。

ですが、最近、「売れる」と言う言葉が独り歩きして、「売る気持ち」がおざなりになってないかとも思う経営者の言葉に多々気づかされます。

で、立ち戻って頂きたいのは、「売れる」「選ばれる」前に、まず「売る」ことが必要だということです。
「売れる」のをただ待っていてはだめということです。

主体的に「売る」気持がなくては、「選ぶ」方も選ぶ手がかりが全くなくなってしまいます。

マーケティング3.0は、マーケティング2.0やマーケティング1.0の土台があってはじめて成り立ちます。

準備が必要です。

商売人として「売る」気持と、「売るため」の実行力、まず基礎体力として必要です。

マーケティング3.0は、それから後のことです。

最近、『7つの習慣』のなかの第一原則「主体的に生きる」を聞き直していて、ハッとしました。

主体的に生きること、主体的に売る気持ちをまず基礎に置くこと。

「お店をつくっただけではだめ」「フェイスブックをたちあげただけではだめ」「ホームページをつくっただけではだめ」というのは、主体的に顧客に働きかけることがまだまだあるからです。

「売れない」と嘆くとき、顧客のせい、市場のせい、取引先のせいにしてませんか。

まず、主体的に売ることを徹底して実行しましょう。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート<a href="http://www.dreamgate.gr.jp/" target="_blank">」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談<a href="http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi" target="_blank">受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
<a href="http://form.salonopen.com/inquiry/" target="_blank">お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ</a>


[PR]
by prsoudan | 2014-07-14 06:51 | ブランド化と高付加価値化

facebookページ活用を美容室の集客でおすすめする理由 その2

こんにちは、ブランドづくりコンサルタントの和田美香です。

先週のその1にひきつづき、facebookが集客に効く具体的なメリットその2。

「検索画面で、facebook頁への入口も並ぶため、ブランド名の占有度が同一画面上で高まり、視聴者のなかでブランド認知が高まる」

たとえば、わが社の例をあげてみます。

「はじめての美容室独立開業工事110番」が、公式頁の名称です。

facebook頁でも同じ名前の頁をたちあげています。

サイト名で検索すると、当然のことながら、1番目は、弊社公式サイトが。

ここまでは当たり前と思われるかもしれません。

さらに3番目に弊社facebook頁が、次いで、YouTubeの頁、twitterの頁、exciteブログの頁とならび、いずれも、弊社コンテンツへの入口が1ページ目の90%を占めます。

弊社ブランド名は、知らない人にとって1度みただけでは、「へえ」ぐらいの感覚しかありません。

ですが、弊社ブランド名で占められている検索画面に最初に出会った人の立場でながめてみてください。

「あちらでも、こちらでも情報が発信されている」ことによって、名前露出が多いと、見た目から安心感を与えます。

なので、facebook頁の作成をおすすめするわけです。

ここから集客するという具体的な手法や理由は、また別の機会の投稿としますが、ひとまず、「まだfacebook頁を作成するかどうかなやんでいる」段階の方に、お役にたてると嬉しいです。

みかんぐみでは、安くしないで高付加価値で集客する、ブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

[PR]
by prsoudan | 2014-07-07 09:43 | 身の回りからPRを考える