<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サービスも、ネーミングで価値がアップします

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

あるお店で、こんな素敵なシャンプーのお名前つけておられました。

「おひるねシャンプー」

対象は、近隣のお勤めの方。
内容は、勤務中のランチタイムのなかで、うとうととする時間をすごしていただけるシャンプーのご提供(ドライは、ご自分でやっていただく方式)。

実際のご利用は、ランチタイムだけではなく、外回りでちょっと時間が空いたという方も、ご利用があるとのことです。

駅近で、ビジネス街にある店舗ならではの、ネーミングの工夫素敵ですね。

仮眠したいけれど、ネットカフェにいくのはちょっとためらわれる、身体によいことしたい、という層を取り込むのに成功しているネーミングです。

あなたのサロンの、リラクゼーションメニューも、時間の長さや、使用シャンプー名のサービスメニューにせず、どんな価値を提供するかをわかりやすく示すメニュー名にされること、おすすめします。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-10-27 11:43 | 身の回りからPRを考える

ブランドは誰のためのものか?

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

店舗オープンされる際の、ミッションや、店舗コンセプトを決めるとき、おおもとになるブランドコンセプトを決めるお手伝いもしています。

ご注文主は、開業されるオーナー様です。

ご自分の熱い思いを、ど~んとぶつけていただく方がいらっしゃる一方で、「なんとなくこの方向」と決めているけれど熱い言葉になっていないオーナー様もいらっしゃります。

半々でしょうか。

ブランドの肝は、「来てほしいお客様に伝わる」メッセージや、目にすることができる手掛かりとなることです。

決して間違ってはいけないのが、「ご注文主のオーナー様に迎合する」内容になってしまうことです。

これじゃない、あれじゃない、ああじゃない、こうじゃない、とやりとりを繰り返してブラッシュアップしてゆく過程が必ずついてまわってきます。

オーナー様は「どうしてブランドづくりの過程で自分の想いが伝わらないのか」と、苛立たれる場合もあります。

でも、ご提案の筋は、「来てほしお客様に届くかどうか」の一点です。

「入れたい言葉」や「耳触りのいい言葉」を並べただけで、目指す世界観が出来上がるものではありません。

もしかすると、ご自身のもっておられる言葉や想いの背景を、「それでいいのか」と問い直す作業さえ発生するかもしれません。

でも、これは決して、後ろ向きな作業ではありません。

掘り下げる作業です。

ここを間違えないで、「どこへ収束させるための掘り下げる作業か」を見失わないでさえいただければ、苦しい作業も必ず「お客様からの支持」というかたちで報われます。

苦しさを放り出して、専門家(わたくし)に一任するという姿勢は、まちがってもとらないでください。

一緒に探してこその、あなたのお店と、あなたのお客様です。

探す方向を間違えないよう、示し続けるのは、わたくしの仕事です。

ですが、神のような一手を示すことは期待しないでください。

魔法は、あなたからしか生まれません。

ブランドは誰のためのものか?
それは、「ご来店のお客様の道しるべとなるもの」です。
あなただけのものではないと、和田は考えております。


みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-10-20 11:58 | 執筆者自己紹介&つぶやき

商いは、飽きない

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

既存顧客の顧客満足度を高めるために、「変化」をつづけていますか?

経営には、「変える」部分と、「変えない」部分があります。

ビジョン(経営理念)やシンボルといった、戦略は、変えてはいけません。

ですが、こまかな戦術(やり方)は、変えてゆく必要があります。

小さなお店が不調である特徴のひとつに、「変化のなさ」があります。

年中同じポスターを貼ってませんか?
年中同じおすすめメニューを出していませんか?
いついっても、同じ飾りつけになってませんか?(季節外れの飾りつけなど)。

時代は、移り変わっています。
競合も、移り変わっています。
なにも変わらないと、それは脱落を意味します。

「商い」は「飽きない」と心し、「変化」を演出する工夫を、日々積み重ねて下さい。
不調のときほど、効きます。

ただ、変えてはいけない部分までは、いじらないように…。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-10-13 09:32 | 強いサロンのつくりかた

美容業も、他業種も、人が事業の成長の鍵を握るのは同じ

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

人の育成は、売上確保が急務のときには、あとまわしになってしまいがちです。

いえ、もしかすると、売上がうまく上がっていても、「いまはいいから」と、あとまわしにされつづけているかもしれません。

うまくいかなくなったときに、短期間で成果がでる、即効性のある手立てしか打たれず、結局はずっと、未着手のままである事業体が多い経営管理分野かもしれません。

そのことに気づかせようと、「従業員満足を高めて、顧客満足を高めよう。強い会社づくりをしよう。」という趣旨の、ビジネス書が出ているのですね。

今日ご紹介するのは、IT分野で、従業員満足度が2年連続日本一となった会社の社長さんの取り組みを紹介している本です。

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方
" target="_blank">日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

以前当ブログで、従業員満足度をたかめて、高収益体質をつくっている美容室経営についての本をご紹介した内容ともかぶります。

ひとり光る みんな光る のご紹介。
http://prsoudan.exblog.jp/20062523


自分の業界は特殊だからとか、他業種のことはわからないからと、口にしていませんか?

業種横断的な読書で、共通する知識をみつけだすことも可能です。

従業員を育てるセミナーや研修はあちこちで開催されています。
あなたの事業所にあった診断をもとに導入されることをおすすめします。
経営者として自分の考えている方向性はこれであっているのかとお考えの方も、お気軽にご相談ください。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-10-06 08:56 | 強いサロンのつくりかた