<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年末年始の休暇のお知らせ

12月29日(月)~1月6日(火)まで、年末年始の休暇をいただきます。

この期間に頂戴する無料相談お申込みメールや、お問い合わせのメールへは、お返事が1月7日以降となります。

御不便をおかけし申し訳ございません。

どうぞよろしくおねがいします。

皆さま、よいお年をお迎えいただけますように。

みかんぐみ株式会社 代表取締役 和田美香
[PR]
by prsoudan | 2014-12-24 10:39 | お知らせ

美容店舗でのチームプレーの素敵な点

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。

メルマガでは、いま、お店のブランドづくりをどう手始めに整理すればいいか、順をおってシリーズでワークのしかたをお伝えしています。

そこで読者のかたから、自分のやりたい事を追及する回で、こんな感想をおよせいただきました。

すでにもう20年近く美容室を経営されておられる男性経営者様です。

「美容業なのに、ワークをしてみたら、自分はやっぱり男性のお客様のほうが、どうしても好きなようです。自分は、女性のお客様も好き嫌いなくやってきたつもりなのですが。」

理容室ではないので、女性のお客様あっての美容室です。
その経営者たるものとして、お客様に苦手意識があってどうする!と、ご自身へのとまどいを隠さずメールくださっていました。

ワークすると、ほんとの自分みつめることになりますので、そもそもなんで他の仕事ではなくこの仕事をえらんでいるの?という突っ込んだ話を自分とすることになります。

このメールでは、業態変換をかんがえているといったものではなく、経営者としてこれでいいのかというおなやみでしたので、こんなお返事させていただきました。

「個人店経営ではなく、従業員を抱えて経営されているとおうかがいしています。チームでお仕事する強みが、ここにあります。いろんな強みを持つ者があつまって、1つのお店をつくっていて、そのお店をお客様がすいてくださっているのは、強みをそれぞれいかすことができているからです。一人で経営していると、自分の強みイコール、お店の強みとなりますが、チームで仕事をすると、弱みのカバーや強みの発揮がしやすくなります。ある程度の規模のお店が支持されつづけている理由のひとつは、ここにもあるとかんがえてみるのはいかがでしょうか。スタッフさんとの連携がよい相乗効果をあげて、20年やってこられているのですね」

個人経営のおみせが、スタッフをむかえいれるとき、チームとしての力をうまく活かし、レバレッジを効かせてゆくというアイデアうまくとりいれていただけると、お店全体としての加速力増します。



メルマガは毎月、月末近くになったら発行しています。12月は、ブランディングのシリーズも5回目にはいります。途中からでも、ワークしていただくことで、ブランディングの整理につながりますので、まだ弊社めるまが登録いただいていないかた、どうぞ読者登録してみてください。購読は無料です。
メルマガご登録はコチラ
http://www.salonopen.com/03/


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-12-15 11:32 | 強いサロンのつくりかた

店舗開業はどこですべきか? 提供サービス価格から考える。

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

よくある開業のご相談で、どこに開業したらいいかという開業場所のお悩みについて、先週ご紹介した本からの1つの視点をご紹介したいとおもいます。

先週ご紹介の本
紙の書籍
年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学
Kindle書籍
年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学
エンリコ・モレッティー著

まず、開業場所の選択肢は、おおきく3つあることをしっていただきたいとおもいます。
なぜなら多くの美容師さんは、選択肢を2つしかご用意いただかないからです。

1、現在の勤務地の近く
いま働いている近くで、いまの顧客についてきていただくことを前提に開業する。

2、実家の近く
地縁や昔の友人からの口コミでの集客を期待し開業。
親の近くに住まなければならない、いずれかは、地元にかえることが条件のあるかたの開業場所。

3、自分の出店したいサービスとサービス価格が受け入れられる地域を選ぶ
顧客ゼロから始めるタイプです。
このタイプの開業地選択を、顧客ゼロという点を嫌って、開業希望の美容師さんはあまりえらばれません。
ですが、考えてみて下さい。
このタイプの開業地選択なら、サービス提供価格設定で悩む必要がありません。
また、自分が提供したいサービスを受け入れてもらえる顧客層がおおくいる地域を選ぶので、自分の得意や強みを活かしてサービス提供できる利点があります。
「顧客にわかってもらえない」「価格をたかくしたいけれど、ここでは高くできない」というなやみがなくなります。
また、得意なことを追及できる地域をえらんでいるので、永遠につづく他店との差別化も楽しく経営し続けることができます。

提供したい価格が受け入れられる地域を選ぶ、という選択肢をあなたのアイデアにぜひくわえてみてください。

価格アップで顧客満足と利益最大化を目指す企業の支援をしています。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-12-08 12:09 | 価格を上げる

美容室のカットの価格は何で決まるか?

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

価格の引き下げではなく、価格アップで顧客満足と利益最大化を目指す企業の支援をしています。

先週、オンラインで学んでいる勝間塾で面白い課題本が取り上げられていたのでシェアします。


紙の書籍
年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学
Kindle書籍
年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学

エンリコ・モレッティー著

アメリカの自動車産業やIT産業の衰退と、都市の盛衰について、地理学の視点から考察した、経済学の本です。

読んでいて面白かったのは、地方のカットの価格と、東京一等地のカットの価格が、倍ほど違うことについて、あたらしい見方ができたこと。

いままでは、都内一等地の土地の価格が高いから、不動産を借りて営業している美容室など店舗のサービス価格は、高くないとやってゆけないとおもっていました。

また、価格が、一種ブランドを示すてがかりにもなっていて、高いと、技術がたかいように見える効果もあるなともおもっていました。

ですが、そこにプラス、通う人の所得が高いという、視点もくわわりました。

東京を中心とする地域のほうが、地方よりも給与水準がたかい企業がおおくあつまっています。

価格が高くても支払ってくれる市場があるから成り立っていることになります。

よく、都内のサロンに勤めた後で、地元で独立開業するかたのご相談があります。

価格設定でとても悩まれます。

一部の富裕層を狙うのか?

ファミリーサロンとして、広く顧客を集める必要かあるのか?

など。
サロンコンセプトももちろんですが、開業されるサロンの広さによって、稼がなければならない収入も違ってきますね。

関東圏では、交通費と時間を使って、とおく都内まで通われる層が一定あります。

そこをどう、関東圏郊外で狙ってとりこんでゆけるかが、関東圏郊外で高単価サロンにするポイントだとかんがえています。

富裕層は、限られています。

だから、富裕層狙いの店が沢山競合している地域は、飽和状態ですが、都内までゆかなくても、近くにこんないいお店があって良かったといわれるサロン開業方法が、カットの価格を高くするポイントだと和田は考えています。

ちなみに、よくある開業のご相談で、どこに開業したらいいかというお悩みについても、今日ご紹介の本は示唆的です。

来週つづきで、和田の考え、少し書かせて下さい。


価格アップで顧客満足と利益最大化を目指す企業の支援をしています。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
by prsoudan | 2014-12-01 14:42 | 価格を上げる