<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

顧客アンケートの回収率を高める「料金受取人払」ハガキ その2(てつづき方法)

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタイトの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

先週にひきつづき、「料金受取人払い」のハガキをつかって、顧客アンケート回収率をたかめ、顧客満足や従業員満足を高める方法についてお話しします。

今週は、料金受取人払いのハガキをつくる具体的な手順についてです。

1、アンケートをそもそも何の目的で使いたいのか決めます。

新規集客ツールとしてですか?
顧客満足のための改善提案をほしいからですか?
従業員満足向上と、サービス資質向上のきっかけにするためですか?

2、自社と似た目的で、他社がどのように料金受取人払いのアンケートハガキをつくっているか参考にします。自社にとりいれられそうなもの、気にいりのものを、いつくか集めてください。

だいたい、使い方が似ています。
毎月抽選で人数限定でプレゼントを、アンケートはがき応募者からえらび、進呈することをフックとして、アンケート依頼をするほうほう。
スタッフをほめてほしいとお願いしているもの。
商品の感想をイラストで書いて欲しいとおねがいしいるもの。

3、アンケートの目的に応じて、回収したアンケートをらどう使うかを具体的に決めます。

どう使うかに応じて、アンケートに記載する質問項目も決めます。

お客様の住所やお名前の扱いも、この段階で決めます。

4、アンケートハガキ印刷のための見本データをこの段階でまず作成します。

見本データをつくるまえに、料金受取人払い用のバーコードを自動取得するサイトからバーコードデータをダウンロードします。

そのために、まえもって担当エリアの集配郵便局へ電話し、料金受取人払いのための郵便番号を確認します。

たとえば、東京都国立市の場合は、国立郵便局へ電話し、「料金受取人払いのバーコードをつくるための郵便番号を知りたい」とはなせば、担当部署へつないでくれます。
ちなみに、アンケートはがきを受け取るお店の郵便番号は、186-0003ですが、料金受取人払い用の郵便番号は186-8790でした。
受取人住所の郵便番号と番号がちがうので注意ですね。

受取人住所の郵便番号がわかったら、バーコードをダウンロードし、印刷用見本データをさくせいします。
バーコード作成URL

料金受取人払い用の、表記の決まりも確認し、きまりどおりにデータ作成してもらいましょう。
表示方法の決まりについて

5、印刷用見本ができあがったら、担当エリアの集配郵便局窓口へいって、「料金受取人払い承認請求」てつづきをします。

もちものは、つぎのとおりです。
*料金受取人払い承認請求書
*会社の代表印
*料金受取人払いにしたい郵便物の見本
*料金受取人払いにしたい郵便物の紙のサンプル

手数料や、支払い方法は、承認請求書をその場で相談しながら書くことができます。

6、承認請求の承認書が3日ほどでとどきます。それから、アンケート用紙を印刷します。

7、印刷して実際に配るものの見本を3部、郵便局の担当部署へおくります。

以上です。

実際、郵便局へゆくてつづきが1回必要ですが、あっさりと終わります。

やったみたら簡単です。

アンケート回収率を高めたいとお悩みのかた、是非、料金受取人払いアンケート用紙の利用をおすすめしたいです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲートhttp://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi受付できます。

ブログについてのメッセージや
http://form.salonopen.com/inquiry/ お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ


[PR]
by prsoudan | 2015-05-25 11:28 | 強いサロンのつくりかた

顧客アンケートの回収率を高める「料金受取人払」ハガキ その1(おすすめ理由)

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタイトの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

お客様アンケートを実施している店舗さまでも、もっと回収率をあげたいとお考えのとき、是非ご検討いただきたいのが、「料金受取人払」のハガキ方式です。

ある美容室様で、お客様アンケートの実施をご提案し、最初の1年間程はアンケート回収率もとてもよかったので、いろいろいい方向へ向いていました。

*お客様の声を、スタッフのモチベーションアップにつなげる評価のひとつ、コミュニケーション手段のひとつにする
*お客様の声を、現場改善につなげ、さらなる顧客との絆づくりに役立てる
*お客様の声を、新規顧客獲得のためのツールで、信頼性向上のための材料として役立てる

ESにも、CSにも、投資にも役立つ顧客アンケートなので、ぜひ続けていただきたかったのですが、顧客アンケートの導入2年目ぐらいから、だんだん回収枚数が減ってきました。

リピート顧客から飽きられてきたとスタッフが感じとりはじめ、店内でなかなかおすすめしにくくなってきたというのが理由のようです。

そこで、目先を変え、「料金受取人払い」のプレゼントつきハガキにてアンケートをお願いすることに。

すると、回収率も、店内で書いていただいていたときぐらいにぐんとアップ。

アンケートは、顧客とのつながりの生命線なので、工夫を重ねて続けていただきたいです。

「料金受取人払い」は大企業でなくても、ちいさなお店も規模関係なく始められます。

次回は、「料金受取人払い」をはじめるはじめ方について、お伝えしますね。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲートhttp://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi受付できます。

ブログについてのメッセージや
http://form.salonopen.com/inquiry/ お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ



[PR]
by prsoudan | 2015-05-18 14:37 | 身の回りからPRを考える

スタッフのシフト把握がどうして大切かを伝える視点

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタイトの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

サービス業では、従業員満足が顧客満足を生む源泉になるという理論と視点は随分浸透してきています。

ですが、「スタッフ管理が、利益を生み出すために重要」という理論を、毎日の作業のなかで、どう利益に結びつきスタッフ管理作業にしてゆくかという細かなところは、コンサルタント側では見過ごされがちだなあという体験をしています。

もし、あなたのお店が、経営者のあなたとは別に、店舗管理者がスタッフ管理をしていたとします。
毎日のシフト管理の報告・連絡・相談をどうしていますか?

ある管理者さんは、経営者にたいして、メールの文章で、その日のスタッフ出勤状況や変更点を、都度しらせていました。
一応、報告・連絡はできている状態と認識されています。

ですが、そもそもスタッフ数が変動する事のこの報告・連絡は、なんのためにしているのか?ということが、経営者と管理者で共有されていないため、管理者さん側では、「いちいち面倒くさいなあ。スタッフひとりへったって、みんなでカバーして予約のお客様をこなせれば問題ないじゃないか」と本心ではおもっていたようです。

ここで店舗管理者さん側での「やらされ感」は、いい状態ではないです。
問題は、スタッフ数が、売上数と利益に直結することを両者で認識できていないことにあります。

計画と実行をチェックをして次の計画をたてるPDCAサイクルをたてる情報にするための大切な情報としてのスタッフ数管理ということが、店舗管理者さん側では共有されておらず、経営者だけが、その情報をほっしていたので、店舗管理者さんがわでは、「やらされ感満載のスタッフ情報報告」になってしまっていたのす。

スタッフ数管理がなぜ大切かが両者で共有できていれば,情報がわかりやすく共有できることが本来報告のだんかいで望ましく、都度文章だけでの報告だけでなく、きちんとスタッフシフト表に見える化されているといいという思考にもつながるはずです。

経営側では、本来稼働する予定のスタッフ数にあわせて、集客のコントロールをして売り上げをたてる計画をたてています。

経営者は、毎日、今日の結果をみて、一喜一憂しているだけではありません。
未来をつくるための思考と情報収集と、決定をしています。

そのための情報づくりが、お店というひとつの大きな船のなかで重要という視点が、経営者と店舗管理者さん、つまり運命共同体の仲間が共有してくれてたら心強いですよね。

経営者が未来をつくる仕事をするために、チームの力をかりるという視点で、「その情報はなんのための、報告・連絡・相談」かという点、まず共有できると強いです。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲートhttp://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi受付できます。

ブログについてのメッセージや
http://form.salonopen.com/inquiry/お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ</a>



[PR]
by prsoudan | 2015-05-11 15:09 | 強いチームづくり

Googleにえらばれるモバイルフレンドリーなサイトになってますか?

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

4月21日から、Google検索表示のルールがかわっています。

気にして頂きたいのは、4,5年前につくられたPC用と、ガラケーの携帯電話向けサイトで最適化されたサイトをつくられているホームページです。

スマートフォンやタブレット向けの最適化がされていない場合、検索サイトでの表示順位をおとしている可能性があります。

Googleの公式サイトから、モバイルフレンドリーの度合いをはかれます


今回のアルゴリズムの変更は、今後1~2年でユーザーの、スマホ体験をおおきくまた変えてゆくことになるなと和田は感じています。


いままでは、PC用のサイトを、スマホやタブレットで「無理やり閲覧」することに、ユーザー側が慣れています。
ほら,あなただって、画面をタップして大きくして、読みたい部分を拡大する作業を「わざわざ」していませんか?
だから、「自分ちのサイトは、PC向けで十分大丈夫」とおもってきたとかもしれません。

でも、スマホやタブレットでの表示を最適化されているサイトにばかり目がならされてきたとしたら…。

もう、PC向けの画面は面倒で、わざわざタップして文字を大きくしてまで観ることなく面倒になりするーしてしまうことにもなるでしょう。

アルゴリズムの変更で、いますぐ大きな痛手をおっていないとしても、今後予想されるユーザー体験の変化にもついていけるようになっておきたいですね。

ウェブサイトは、常に変化するので、「今」の最適化プラス、「少し先」の変化も見据え、どこをねらってゆくか考え投資してゆく必要があります。

他のサイトがそうだから、という選択基準はやめましょう。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲートhttp://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi受付できます。

ブログについてのメッセージや
http://form.salonopen.com/inquiry/お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

[PR]
by prsoudan | 2015-05-04 08:52 | 集客できる美容室のホームページ