経営者の悩みで、森か、木か、わからないとき

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

ご経営者のみなさま、相談事は、どんなときに、どんなところへされていますか。

具体的に相談内容が絞られているときは、相談先も決めやすいですし、相談ももちかけやすいものです。

たとえば、2店舗目の開業資金を融資でまかなうために事業計画書はどう書けばいいのか、という具体的なものであれば、相談先もすぐ決まります。

でも、経営者のなやみは、そもそも悩みが具体的にならないことそのものが悩みなときもあります。

事業を加速させたいけど、加速させられないとき。

そもそも、足かせがあるのか、リソースが足りないのかさえわからないこともあるでしょう。

アドバイスをもらうのがいいのか、なにか具体的な処方をもらえば済むことなのか?それとも、長期計画で取り組むべきものなのか?など、悩みの位置づけさえ、自分でわからないこともあるでしょう。

そんなときにこそ、利用していただきたいのが、わたしのようなコンサルタントです。

和田があなたにお役にたてることは、主に次の3つです。

1、未来の希望をお聞きし、必要な道筋を一緒に描き、必要な道具をまず決める手伝い

2、未来の自分にちかづき、未来の自分に相応しい顧客とであえるための、コンテンツ執筆

3、Webの専門家やデザイナーさんなど、各専門家さんとの橋渡し、翻訳

森をみたほうがいいのか、木をみたほうがいいのか、その両方をどうしたらいいのか、わからないとき、ご相談ください。

次の一歩を踏み出すお手伝いします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2015-01-19 12:05 | 執筆者自己紹介&つぶやき

自分をひとに知らせる年にします

あけましておめでとうございます。
ことしも当ブログを訪問いただきありがとうございます。
いつもわくわく気分ですきなことを仕事にして社会をあかるくするあなたに役立つ記事を今年ももっとブラッシュアップして書いてゆきますので、引き続きご愛読いただけると嬉しいです。

さて、一年の計は元旦にありとのことで、今年の目標たてられましたか?

わたしは、目標をたて過ぎで、行動に落とし込むまでいたらず、たてた目標が半分実行できればいいところという去年実績でした。

そもそも時間資源にたいして、できることは有限です。

というこで、ことしは、大目標3つにしぼってみました。

自分に暗示をかけるために、年末からふりかかった過去形でかいてみます。

1、海外ビジネス支援ができる中小企業診断士(経営コンサルタント)になる下地となる、不自由なく交渉できる英語力をつける勉強時間を確保し、つたないながらも言いたい事は絶対伝えられるという自信をつけました。

2、新規ビジネスをたちあげ、収入の柱をひとつ増やしました。

3、自分発信とブランド化のおてつだい分野を強化し、よりよい物を手にしたり体験できたりできて幸せになれたひとの輪を広げました。


振り返りの時に花丸つけられる自分目指してことしも走ります!



メルマガを毎月、月末近くに発行しています。1月は、ブランディングのシリーズも6回目にはいります。途中からでも、ワークしていただくことで、ブランディングの整理につながりますので、まだ弊社メルマガ登録いただいていないかた、どうぞ読者登録してみてください。購読は無料です。
メルマガご登録はコチラ
http://www.salonopen.com/03/


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2015-01-05 06:31 | 執筆者自己紹介&つぶやき

年末年始の休暇のお知らせ

12月29日(月)~1月6日(火)まで、年末年始の休暇をいただきます。

この期間に頂戴する無料相談お申込みメールや、お問い合わせのメールへは、お返事が1月7日以降となります。

御不便をおかけし申し訳ございません。

どうぞよろしくおねがいします。

皆さま、よいお年をお迎えいただけますように。

みかんぐみ株式会社 代表取締役 和田美香
[PR]
# by prsoudan | 2014-12-24 10:39 | お知らせ

美容店舗でのチームプレーの素敵な点

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。

メルマガでは、いま、お店のブランドづくりをどう手始めに整理すればいいか、順をおってシリーズでワークのしかたをお伝えしています。

そこで読者のかたから、自分のやりたい事を追及する回で、こんな感想をおよせいただきました。

すでにもう20年近く美容室を経営されておられる男性経営者様です。

「美容業なのに、ワークをしてみたら、自分はやっぱり男性のお客様のほうが、どうしても好きなようです。自分は、女性のお客様も好き嫌いなくやってきたつもりなのですが。」

理容室ではないので、女性のお客様あっての美容室です。
その経営者たるものとして、お客様に苦手意識があってどうする!と、ご自身へのとまどいを隠さずメールくださっていました。

ワークすると、ほんとの自分みつめることになりますので、そもそもなんで他の仕事ではなくこの仕事をえらんでいるの?という突っ込んだ話を自分とすることになります。

このメールでは、業態変換をかんがえているといったものではなく、経営者としてこれでいいのかというおなやみでしたので、こんなお返事させていただきました。

「個人店経営ではなく、従業員を抱えて経営されているとおうかがいしています。チームでお仕事する強みが、ここにあります。いろんな強みを持つ者があつまって、1つのお店をつくっていて、そのお店をお客様がすいてくださっているのは、強みをそれぞれいかすことができているからです。一人で経営していると、自分の強みイコール、お店の強みとなりますが、チームで仕事をすると、弱みのカバーや強みの発揮がしやすくなります。ある程度の規模のお店が支持されつづけている理由のひとつは、ここにもあるとかんがえてみるのはいかがでしょうか。スタッフさんとの連携がよい相乗効果をあげて、20年やってこられているのですね」

個人経営のおみせが、スタッフをむかえいれるとき、チームとしての力をうまく活かし、レバレッジを効かせてゆくというアイデアうまくとりいれていただけると、お店全体としての加速力増します。



メルマガは毎月、月末近くになったら発行しています。12月は、ブランディングのシリーズも5回目にはいります。途中からでも、ワークしていただくことで、ブランディングの整理につながりますので、まだ弊社めるまが登録いただいていないかた、どうぞ読者登録してみてください。購読は無料です。
メルマガご登録はコチラ
http://www.salonopen.com/03/


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-12-15 11:32 | 強いサロンのつくりかた

店舗開業はどこですべきか? 提供サービス価格から考える。

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

よくある開業のご相談で、どこに開業したらいいかという開業場所のお悩みについて、先週ご紹介した本からの1つの視点をご紹介したいとおもいます。

先週ご紹介の本
紙の書籍
年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学
Kindle書籍
年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学
エンリコ・モレッティー著

まず、開業場所の選択肢は、おおきく3つあることをしっていただきたいとおもいます。
なぜなら多くの美容師さんは、選択肢を2つしかご用意いただかないからです。

1、現在の勤務地の近く
いま働いている近くで、いまの顧客についてきていただくことを前提に開業する。

2、実家の近く
地縁や昔の友人からの口コミでの集客を期待し開業。
親の近くに住まなければならない、いずれかは、地元にかえることが条件のあるかたの開業場所。

3、自分の出店したいサービスとサービス価格が受け入れられる地域を選ぶ
顧客ゼロから始めるタイプです。
このタイプの開業地選択を、顧客ゼロという点を嫌って、開業希望の美容師さんはあまりえらばれません。
ですが、考えてみて下さい。
このタイプの開業地選択なら、サービス提供価格設定で悩む必要がありません。
また、自分が提供したいサービスを受け入れてもらえる顧客層がおおくいる地域を選ぶので、自分の得意や強みを活かしてサービス提供できる利点があります。
「顧客にわかってもらえない」「価格をたかくしたいけれど、ここでは高くできない」というなやみがなくなります。
また、得意なことを追及できる地域をえらんでいるので、永遠につづく他店との差別化も楽しく経営し続けることができます。

提供したい価格が受け入れられる地域を選ぶ、という選択肢をあなたのアイデアにぜひくわえてみてください。

価格アップで顧客満足と利益最大化を目指す企業の支援をしています。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-12-08 12:09 | 価格を上げる

美容室のカットの価格は何で決まるか?

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

価格の引き下げではなく、価格アップで顧客満足と利益最大化を目指す企業の支援をしています。

先週、オンラインで学んでいる勝間塾で面白い課題本が取り上げられていたのでシェアします。


紙の書籍
年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学
Kindle書籍
年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学

エンリコ・モレッティー著

アメリカの自動車産業やIT産業の衰退と、都市の盛衰について、地理学の視点から考察した、経済学の本です。

読んでいて面白かったのは、地方のカットの価格と、東京一等地のカットの価格が、倍ほど違うことについて、あたらしい見方ができたこと。

いままでは、都内一等地の土地の価格が高いから、不動産を借りて営業している美容室など店舗のサービス価格は、高くないとやってゆけないとおもっていました。

また、価格が、一種ブランドを示すてがかりにもなっていて、高いと、技術がたかいように見える効果もあるなともおもっていました。

ですが、そこにプラス、通う人の所得が高いという、視点もくわわりました。

東京を中心とする地域のほうが、地方よりも給与水準がたかい企業がおおくあつまっています。

価格が高くても支払ってくれる市場があるから成り立っていることになります。

よく、都内のサロンに勤めた後で、地元で独立開業するかたのご相談があります。

価格設定でとても悩まれます。

一部の富裕層を狙うのか?

ファミリーサロンとして、広く顧客を集める必要かあるのか?

など。
サロンコンセプトももちろんですが、開業されるサロンの広さによって、稼がなければならない収入も違ってきますね。

関東圏では、交通費と時間を使って、とおく都内まで通われる層が一定あります。

そこをどう、関東圏郊外で狙ってとりこんでゆけるかが、関東圏郊外で高単価サロンにするポイントだとかんがえています。

富裕層は、限られています。

だから、富裕層狙いの店が沢山競合している地域は、飽和状態ですが、都内までゆかなくても、近くにこんないいお店があって良かったといわれるサロン開業方法が、カットの価格を高くするポイントだと和田は考えています。

ちなみに、よくある開業のご相談で、どこに開業したらいいかというお悩みについても、今日ご紹介の本は示唆的です。

来週つづきで、和田の考え、少し書かせて下さい。


価格アップで顧客満足と利益最大化を目指す企業の支援をしています。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-12-01 14:42 | 価格を上げる

ポイントカードをそれでもつくりたいとき。プレゼントに体験を考えてみる。

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

先週にひきつづき、ポイントカードの有効な使い方についての話題です。
(先週の話題)
http://prsoudan.exblog.jp/20391010/

それでも、ポイントカードをつくりたいとき。

ポイントがたまったときのプレゼントを、物ではなく、体験で提供できるものにしてみてください。

考えるコツは、「あなたのお店の売りをより魅力的に今後魅せる体験イベント」。

やってはいけないことは、たとえば、今後リラクゼーション・シャンプーのメニューを新しくつくりたいから、先行無料体験させてしまうということ。

これでは、いつもの営業の延長となり、感動はうまれません。

めざすは、ポイント貯めて良かったとおもってもらえる感動を生むこと。

「考える時間」をおしまないでくださいねん。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについてのメッセージや
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-11-24 09:32 | PRのご相談とアドバイス

ポイントカードは何のためにつくるか? カードを有効に働かせるために必要なこと。

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

サロン店舗開業のお手伝いさせていただいておりますなかで、ポイントカードを開業時に準備されるサロン様率ほぼ100%です。

経営者様は、「ポイントカードはつくらなければならない」と思っておられ、必要だからと作成依頼されます。

ですが、何のためにつくるのか?という点について、あなたはどうお考えですか?

開業前の方に質問させていただくと、「お客様に、リピートしていただくため」とお答え。

はい、正解です。

新規来店客を、再来店、再再来店していただき、固定客になってもらい、ひいてはお店のファンになってもらって、愛顧を高めていただき、一人のお客様からの生涯売上を最大化するためです。

ですが、リピートしていただくために、「スタンプをあつめていただいてプレゼントが出ることが、リピートの誘因になる」とお考えになられている方も多くおられます。

この点は、不正解です。

プレゼントが出るぐらいに再来店いただいている固定客様は、プレゼントが欲しいためにリピートしているのではありません。

ポイントカードを、顧客の再来店に有効に活かすためには、顧客カルテや顧客情報と連動した顧客管理、ならびにその情報分析をもとにしたリピートのための施策を実行することが必要です。

ポイントカードをつくって顧客に渡し、スタンプを押しさえすれば、リピートしてもらえるとお考えの場合は、カード制作費が無駄になります。

スタンプを押すことしか考えておられないようでしたら、つくらなくてもいいぐらいです。

リピートを促すための施策を、顧客情報と連動して計画実行する道筋まず考えてみて下さい。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-11-17 13:36 | 身の回りからPRを考える

11/6~11/16まで長期休暇いただくためメール対応が11/17以降になります

こんにちは、みかんぐみの和田です。

2014/11/6(木)~11/16(日)まで、長期休暇をいただきます。

そのため、上記期間中にいただく、無料相談お申込みメール、お問い合わせメールへは、お返事が11/17(月)以降となります。

お急ぎのかたにはご不便をおかけし申し訳ございません。

なにとぞご了承いただければ幸いです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-11-03 09:18 | お知らせ

サービスも、ネーミングで価値がアップします

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

あるお店で、こんな素敵なシャンプーのお名前つけておられました。

「おひるねシャンプー」

対象は、近隣のお勤めの方。
内容は、勤務中のランチタイムのなかで、うとうととする時間をすごしていただけるシャンプーのご提供(ドライは、ご自分でやっていただく方式)。

実際のご利用は、ランチタイムだけではなく、外回りでちょっと時間が空いたという方も、ご利用があるとのことです。

駅近で、ビジネス街にある店舗ならではの、ネーミングの工夫素敵ですね。

仮眠したいけれど、ネットカフェにいくのはちょっとためらわれる、身体によいことしたい、という層を取り込むのに成功しているネーミングです。

あなたのサロンの、リラクゼーションメニューも、時間の長さや、使用シャンプー名のサービスメニューにせず、どんな価値を提供するかをわかりやすく示すメニュー名にされること、おすすめします。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-10-27 11:43 | 身の回りからPRを考える

ブランドは誰のためのものか?

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

店舗オープンされる際の、ミッションや、店舗コンセプトを決めるとき、おおもとになるブランドコンセプトを決めるお手伝いもしています。

ご注文主は、開業されるオーナー様です。

ご自分の熱い思いを、ど~んとぶつけていただく方がいらっしゃる一方で、「なんとなくこの方向」と決めているけれど熱い言葉になっていないオーナー様もいらっしゃります。

半々でしょうか。

ブランドの肝は、「来てほしいお客様に伝わる」メッセージや、目にすることができる手掛かりとなることです。

決して間違ってはいけないのが、「ご注文主のオーナー様に迎合する」内容になってしまうことです。

これじゃない、あれじゃない、ああじゃない、こうじゃない、とやりとりを繰り返してブラッシュアップしてゆく過程が必ずついてまわってきます。

オーナー様は「どうしてブランドづくりの過程で自分の想いが伝わらないのか」と、苛立たれる場合もあります。

でも、ご提案の筋は、「来てほしお客様に届くかどうか」の一点です。

「入れたい言葉」や「耳触りのいい言葉」を並べただけで、目指す世界観が出来上がるものではありません。

もしかすると、ご自身のもっておられる言葉や想いの背景を、「それでいいのか」と問い直す作業さえ発生するかもしれません。

でも、これは決して、後ろ向きな作業ではありません。

掘り下げる作業です。

ここを間違えないで、「どこへ収束させるための掘り下げる作業か」を見失わないでさえいただければ、苦しい作業も必ず「お客様からの支持」というかたちで報われます。

苦しさを放り出して、専門家(わたくし)に一任するという姿勢は、まちがってもとらないでください。

一緒に探してこその、あなたのお店と、あなたのお客様です。

探す方向を間違えないよう、示し続けるのは、わたくしの仕事です。

ですが、神のような一手を示すことは期待しないでください。

魔法は、あなたからしか生まれません。

ブランドは誰のためのものか?
それは、「ご来店のお客様の道しるべとなるもの」です。
あなただけのものではないと、和田は考えております。


みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-10-20 11:58 | 執筆者自己紹介&つぶやき

商いは、飽きない

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

既存顧客の顧客満足度を高めるために、「変化」をつづけていますか?

経営には、「変える」部分と、「変えない」部分があります。

ビジョン(経営理念)やシンボルといった、戦略は、変えてはいけません。

ですが、こまかな戦術(やり方)は、変えてゆく必要があります。

小さなお店が不調である特徴のひとつに、「変化のなさ」があります。

年中同じポスターを貼ってませんか?
年中同じおすすめメニューを出していませんか?
いついっても、同じ飾りつけになってませんか?(季節外れの飾りつけなど)。

時代は、移り変わっています。
競合も、移り変わっています。
なにも変わらないと、それは脱落を意味します。

「商い」は「飽きない」と心し、「変化」を演出する工夫を、日々積み重ねて下さい。
不調のときほど、効きます。

ただ、変えてはいけない部分までは、いじらないように…。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-10-13 09:32 | 強いサロンのつくりかた

美容業も、他業種も、人が事業の成長の鍵を握るのは同じ

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

人の育成は、売上確保が急務のときには、あとまわしになってしまいがちです。

いえ、もしかすると、売上がうまく上がっていても、「いまはいいから」と、あとまわしにされつづけているかもしれません。

うまくいかなくなったときに、短期間で成果がでる、即効性のある手立てしか打たれず、結局はずっと、未着手のままである事業体が多い経営管理分野かもしれません。

そのことに気づかせようと、「従業員満足を高めて、顧客満足を高めよう。強い会社づくりをしよう。」という趣旨の、ビジネス書が出ているのですね。

今日ご紹介するのは、IT分野で、従業員満足度が2年連続日本一となった会社の社長さんの取り組みを紹介している本です。

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方
" target="_blank">日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

以前当ブログで、従業員満足度をたかめて、高収益体質をつくっている美容室経営についての本をご紹介した内容ともかぶります。

ひとり光る みんな光る のご紹介。
http://prsoudan.exblog.jp/20062523


自分の業界は特殊だからとか、他業種のことはわからないからと、口にしていませんか?

業種横断的な読書で、共通する知識をみつけだすことも可能です。

従業員を育てるセミナーや研修はあちこちで開催されています。
あなたの事業所にあった診断をもとに導入されることをおすすめします。
経営者として自分の考えている方向性はこれであっているのかとお考えの方も、お気軽にご相談ください。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-10-06 08:56 | 強いサロンのつくりかた

住宅街で顔の見える地域のなかでの開業

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。


最近、住宅地のなかでの開業集客をお手伝いする機会がありました。

オーナーさんご自身が長くお住まいの住宅地域での開業での留意点をご紹介しておきます。

永くお住まいの住宅街での開業では、すでに顔をみしってくださる方ばかりのつきあいのなかなので、なにかしらあれやこれやと声をかけてくださる方が多いのが特徴です。

声をかけて下さる方が多いのがうれしいですが、声をかけてくださる方の意見ばかりが、商売を行っていく方向ではないということを留意してください。

たとえば、「いちいち、いままで仲が良かった○○さんに『値段いくら』と聞けないわよ~」と言われたとしても、だからといって、メニュー詳細の全てを、チラシの大部分の面積をつかって紹介する必要もないわけです。

「値段いくら」と聞きづらいのは、駅前立地の店舗も、同じ顧客心理です。

「値段を聞きづらい」ことそのものを、駅前立地の店舗に意見としてとどける機会がないというだけの話しです。

サロンメニューのは、最近複雑化していますので、詳細を載せる必要はありません。

顧客がサロンメニュー価格から知りたいのはが、このサロンの価格帯はいくらぐらいか、どの程度の技術レベルを期待できるのか、カラーとカットするのにいくら財布にお金が入っていればいいのかを知る目安です。

なので、この顧客の知りたいことをカバーするメニュー紹介程度でかまいません。

駅前や商業地域での開業と、住宅地での開業、地道な集客の方法は基本同じです。



みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-09-29 10:40 | PRのご相談とアドバイス

ブランド化はいまできるところから

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

ワクワクする将来の新しい事業づくりを応援するコンセプトで、経営相談をおうけしています。
「自分の理念を新しい事業づくりで実現させたい」というご相談が女性の方からわりと多くきます。

何かしたいけれどどう自分の想いをまとめたらいいかという思考の整理の段階の方もいらっしゃれば、スタート時期を1カ月後に控え計画の最終チェックの依頼の方もいらっしゃり、ステージは様々ですが、共通するのは、自分をブランド化することで、事業の推進力にしたいというお考えでおられることです。

ブランド化では、どのステージにも共通する注意点があります。

それは、届けたいものを「機能」や「ニーズ」でくくってしまわず、「顧客体験」を中心に表現して頂きたいこと。

そこから考えると、自分にはなにができるかという手持ちの駒の中を覗くことだけでなく、連携することで生み出される強みも見えてきますし、これから得たい連携はなにか、これから強化すべき自分の強みはなにかというように、思考に広がりでてきます。

新しい事業をたちあげブランド化の作業にはいる前に、ぶれない届けたい「こと」をまず決めましょう。

ブランド化に着手するのは、遅い段階というのはありません。

いつも、いまから、いまできるところからつくってゆくものですし、つくってゆけます。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて1千万円の年収を得る仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-09-22 10:44 | PRのご相談とアドバイス

業種全体の底上げに寄与し、1千万円を稼ぐ独立開業を応援してます!

先日参加したキャリア構築勉強会で、衝撃の事実を数字で見ました。

みなさんご存じでしたか?
業種別では、美容業が平均年収ワースト1位ということを。

平均年収298万円とのこと。
平均なので、もっともらっているひともいれば、もっと少ないひともいるということです。

美容業従事者1人ひとりへの分配額はさておき、いずれにしてもいえることは、美容業全体での獲得利益が他業種より少ないということ。

勉強会の間もそのあとも、自分がすべきことをずっと考えました。

方向として、美容業界で仕事させていただいているものとして、業界全体の獲得利益額向上に寄与する働きをしたいという熱い気持ちにさせられました。

業界全体の利益向上に寄与する具体的なプログラムのひとつに、オーナーだけでなく、スタッフも勤め人でありながら1千万円プレーヤーを現実に勝ちとれるサロンづくりの支援をおこないます。

参加したキャリア構築勉強会の最後に登壇者の方がおっしゃっていました。
1千万円が普通という人間関係のなかにいると、自分もそうなってあたりまえという感覚で年収アップに取り組めると。

まずは、独立開業を目指す方が、1千万円稼ぐかたに会える場つくりたいです。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-09-15 09:26 | 執筆者自己紹介&つぶやき

事業存続のために、横ばいを目指すのではなく、どうして変革や成長を目指すのか?

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

独立開業をお手伝いしはじめて、はや8年になります。

独立開業されてから、もう5年以上という方が、わんさといらっしゃるわけです。

なので、そんなお客様と連絡をとりあわせていただいていて感じるのは、「事業は成長や変革を目指さなくては、継続しない」ということです。

個人事業主で起業され、熱心なオーナー様のお店は、いまでは法人化されているところも少なくありません。

みな共通するのは、さらによりよくするための工夫を行い、変革をおこしつづけ、成長するための視点を常にもっておられることです。

いまの現状に満足しているから、なにか新しいことをするなどの変化を起こさなくても大丈夫とおっしゃるオーナー様もいらっしやりました。

でも、危ないことに、一緒に働いていたスタッフさんが急に辞められ、お客様を回せなくなり、回転が狂い、顧客離れを起こし、つらい運営を強いられる時期を過ごされたところもあります。

「スタッフが辞めることがなければ、こんなことにならないのに」とおっしゃるかもしれません。

あるいは、他人事のように、そんなことは些細なことだとか、自分のところは大丈夫と思っていると、経営の番狂わせは、どんなところからやってくるかはわからないのです。

なぜなら、環境が常に変化しているからです。

自分のところは常に一定大丈夫というのは間違いです。

環境が変化しているから、自分のところがもし常に一定で横ばいだったら、それは下降を意味します。

なんどもいいます。

それは外の環境が変化し続けているからです。

どうして、右肩上がりの業績を目指さなくてはならないのか?

息切れしそうだ。

しんどい。

そう感じられるときは、ご相談下さい。

業績下降の責任と原因は、まずは「あなた」の考え方にあることを自覚いただければ、「しんどい」という思いそのものが取り除ける状態になれます。

単発のコンサルティングは、1時間5万円(税別)です。


みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-09-08 10:19 | 強いサロンのつくりかた

メンバーズカードのポイント割引で顧客満足度が高まると思ってますか?

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

自分を好いてなんども通って下さるお店のお客様に、メンバーズカードをわたして、ポイントを貯めてもらい、ポイントが貯まったら………

あなたのお店ならどうしていますか?

なんども足しげく通って下さるお客様にポイントをためてもらうことで、お店からの御礼の気持ちを還元したい、だから●●●する。

この●●●が問題です。

あなたのお店、ポイント割引と称して、値引きしてませんか?

ポイント割引は、普通に値引きと同じです。

あなたを好いて何度も足しげく通って下さるお客様に、「ありがとう、30回も通って下さったから、ちょっと気持ち100円値引きしておくね」と言ったところで、その常連客様は嬉しい気持ちになられるかどうか、ちょっと真面目に想像してください。

足しげく通って下さるということは、価格がきっかけであなたのところに通って下さるわけではなく、価格以外の魅力を感じて通って下さっているばあいがほとんどです。

そんなところに、割り引いたところであまり喜ばれないポイント還元をして、あなた自身のお店の利益を減らすだけという現状を、直視していますか?

ほんとうに、お店からの御礼の気持ちを還元したい、表現したい、伝えたい、という気持ちが強いのであれば、そのお客様に見合ったプレゼントやサプライズをさせていただくほうが、よほどお店との関係強化につながります。

ただ、これ、考えるのが大変なんですよね。

ただ、「ポイント還元」と決めてしまって、決めてしまったこととして値引きを実行するほうが、経営者を含めたお店側としては手間がなく簡単なのですよね。

ポイント還元は、常連のお客様に感謝の意を表現することを放棄した、手抜きだと和田は考えています。

だから、せめて、これからメンバーズカードをつくろうと考えておられるお店があられたら、常連のお客様へどんな感謝の表現の仕方をするか、じ~っくりかんがえてみてください。

値引きして、あなたのお店の利益を減らしても、なんのいいことありません。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-09-01 10:48 | ブランド化と高付加価値化

いい人がこない! 取り組みのひとつ

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

先週にひきつづき「いいひとがこない」をテーマにおとどけしています。

実は我が社もエラソーなことをいえず、「いいひとがこない」と言っております(苦笑)。

ですがあきらめるわけにいきません。

ハローワークに提出する書類にもていねいに「どんなことが学べるか」「どんな理想を共有したいか」「いまわが社が足りないけれど、あなたと一緒にとりくみを始めたいとよていしていること」をみっちり書きました。

(ただ募集しているのが大工さんで、超人手不足分野のため、ハローワークをとおした成果は望み薄です。)

経営者のあつまりに出かけて話をきいていると、結局こんなふうに経営者が腹をくくり覚悟を決める必要があるようです。

「中小に、いいひとなんか最初からこないと割り切る」
「いいひとに育てる、いいひとに自分も一緒にそだてばいい」

忙しいからてつだってほしい、人をそだてている暇はない。
暇があったら、給料だせなくてこまるだろ!

という論理展開になりそうですが、ここは、育てるという論点、抜かせなさそうです。

一人よりも、チームで対応するほうが、しあわせにできるお客様ふえると信じてやるしかないですね。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-08-25 07:42 | 強いサロンのつくりかた

求人も、集客と根っこは同じ

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

スタッフ募集をされている美容室様多いですね。

集客のお手伝いをしているオーナー様から、「いい人がなかなかこなくて」とぐちをおききすることもしばしば。

求人がうまくいかないと嘆かれるサロン様の共通する点は、オーナー様が「スタッフは、条件さえあえば、きてくれる」と思っておられることです。

条件とはすなわち、勤務地、サロン規模、給与です。

当然、ホームページ等で掲載されている情報は、条件しか書かれていません。

昔は、求人情報といえば、条件さえ書かれていればそれで大丈夫という時代でがずっとありました。

でも、いまは違います。

お客様が、「立地」「サロン面積」「価格」だけで、自分の行きたい美容室を選ばず、技術や人柄や、どんな仕上げ後の自分がいるかなど、メリットを想定してから来られるのは、どのオーナー様もご存じです。

スタッフも同じ人です。

自分にどんなメリットが働くサロンで得られるのか、知りたいと思っています。

なぜなら、働きがいのあるところを探しているからです。

給与が高いのになぜ誰も応募してこない、とお考えの方。

もしいらしたら、「あなたのサロンで働くことで、どんな体験、価値を得られるのか?」を考え、応募資料に表現してみてください。

もしすでにスタッフさんがいらっしゃれば、「このサロンで働くことが、自分にとってどんないいことがあるのか」を赤裸々にかたっていただく情報を掲載いただくとより効果的です。

ちなみに、あるサロン様でこれを忠実に実行していただきましたところ、おかげで求人募集には困らなくなったとおっしゃっていただけています。

是非やってみて下さい。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-08-18 04:40 | PRのご相談とアドバイス

マーケティングコンサルタントの2つのタイプ

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドコンサルタントの和田美香です。
こんにちは。

売上アップをお手伝いするコンサルタント(プロデューサーも含む)には2種類あるなと感じています。

(1)
現状をいかに見せ、売るか

すでに今持っているポテンシャルを引き出し、魅力的に魅せ、短期的に売上をあげてゆく方向を、主にすすめるコンサルタント

現状の問題点を、マイナスからプラスへ変える行為が主。

時間の着眼点は、過去の資産の延長線上にある今です。


(2)
現状を変革し、発展する要素をいかに発掘するか

未来に向かって発展するために、いまなにをするべきか、強みをどう活かすべきか、どの強みを活かすべきかなど、長期的視点にたって、行動の基盤をつくってゆくコンサルタント

未来目線の課題解決をする、プラス思考の行為が主。

時間の着眼点は、今から未来です。

和田は、(2)の、未来目線の課題解決をお手伝いするコンサルタントです。

価格をアップし、付加価値を高く、そしてかつ顧客満足度をあげるという挑戦的な課題にとりくまれる経営者の支援をしております。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-08-11 08:44 | ブランド化と高付加価値化

理念や理想で事業をして大きくなる

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドづくりプロデューサーの和田美香です。
こんにちは。

顧客満足をたかめるなら、まず従業員満足から。
CSよりますES。

サービス業の経営者のかたならいちどはみみにされたことのある言葉ではないでしょうか。

今日は「そんな夢みたいなことばっかりいって理想ばかりついきゅうしてたら、金は儲からんし、商売なりたたないぞ」と、まわりから言われてめげかけているかたへのエールで、本をご紹介します。

ひとり光る みんな光る

この本、スタッフ教育やインターナルマーケティング、CSの重要性をとく本として紹介されることがおおいようですね。

でも、理念を浸透させて、想いをカタチにしてゆく仕事の仕方で、ここまで楽しく語りながら、かつ、サロンみ大きくすることもできる道がある、とも読めると和田は感じました。

「理想ばかり言って」といわれてめげそうな時、勇気もらえます。

とくにスタッフを抱えてサロン運営される経営者さんにおすすめしたい本です。


みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-08-04 08:41 | 強いサロンのつくりかた

みかんぐみ株式会社、夏期休暇中のメール対応お休みのおしらせ

好きなことをして好きな人に顧客になってもらうブランドづくりプロデューサーの和田美香です。
こんにちは。

みかんぐみ株式会社では、下記の日程にて夏期休暇をちょうだいしております。
この期間中にいただいたメールでのお問い合わせには、お返事が、休暇後の11日(月)以降順次お送りすることととなります。

夏期休暇 8月8日(金)~8月10日(日)

どうぞよろしくおねがいします。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲートhttp://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi」で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ


[PR]
# by prsoudan | 2014-07-29 11:34 | お知らせ

わくわくしながら主体性をもって売上をあげるための読書会のごあんない

こんにちは、好きなお客様だけにきていただいて売上をあげるブランドづくりの、和田美香です。

8月29日(金)ランチ読書会のお誘いです。
a0127950_15234.jpg

「利他」や「感謝」を行動原理や理念としている経営者の方と直接お話しし、仲間になってもらえたらという想いで、ランチ会を開催します。



「売上があがる」「売上をあげる」と違うと思いますか?同じとおもいますか?

起業や独立開業後、やりたかったことを自分の力でおしすすめることができ、かつ、感謝もされながら、お金までいただいて生活できてしまうことのありがたさをぐっと噛みしめておられる方が多いですよね。

和田もその一人です。
第一信条として、「感謝」を生活の中心に置いてすごしているつもりです。

でも、やりたかったことをやるワクワクの気持ちとお客様への感謝の気持ちや、利他や貢献の気持ちが、いつもベストバランスで進行しているとは、正直いいがたいところもあります。

毎月売りをたてていかないといけないビジネスモデルにしてしまっている苦しい気持ちが、自分の中で前面に出てしまうこともあります。

それでも、「利他」や「感謝」をわすれないことで、きっとまわりまわって自分も活かされている、商売させていただいていることの意味や意義から充実感を味わえるという報酬も知っているので、なんとか、軸がぶれずに戻ってこれるかなという気持ちもしております。

その軸とすべき「利他」や「感謝」の気持ちは、手帳に書いて、都度、なんとなくおもいだす方法をとっていました。

それが最近、以前読んだ『7つの習慣』(スティーブン・コヴォー著)をふたたび手に取ってみて、人生の成功を説く書は、実は、どんなむずかしいビジネス理論の書の大元原則としても有効な内容を、とてもシンプルでわかりやすく書いてくれているのでは、と気づかされることがありました。

同時に、「利他」や「感謝」の気持ちをわすれるぐらい、自分の気持ちがゆれたときにも、戻るべきよりどころにしやすそうだとも気づきました。

『7つの習慣』は人生の成功哲学をといています。
ビジネスの成功よりももっと大きな視野の広い内容になっています。
だから、ビジネスもその中に含まれるのはいわば当たり前ですよね。

でも、その人生をゆたかにするいわば「理想」の法則でもって、ビジネスもゆたかにしたいという理想を現実化し、ビジネスのなかでより多くのお金を手にする方法に具体的につなげられないかと考えました。

ビジネスに限定して考えると、『7つの習慣』を矮小化する恐れもあります。
でもあえて、『7つの習慣』のエッセンスを尊重しながら、ビジネスでお金を産むための行動の源としても意識して過ごした時どんな行動ができるかをはなしあえる仲間がいれば嬉しいなと考えました。

そこで、7つの習慣のなかの、7つの原則ひとつづつをテーマにし、合計7回の予定で、ランチしながら、自分の仕事上の経験のなかで原則を活かすことで「お金」につながったと実感できることを、ざっくばらんに話し場を設けることにしました。

『7つの習慣』をビジネスの場でも意図して実践されているお仲間を得たいという希望を持っています。

よかったら、ランチ会で、ビジネスと7つの習慣について、あなたの体験やお考えをお話しいただけませんか。

以下、開催概要です。


●開催日時 ; 8月29日(金)11時半~13時

●開催場所 : LA BALENA
神奈川県藤沢市南藤沢2-14 アツタビルB1
地図 http://www.tavernabalena.com/access.html
湘南地元の野菜や、相模湾の魚がおいしいイタリアンレストランです。

●参加費 各自ランチ代ご負担下さい
    ランチコース 1,850円(税別)、3,000円(税別)からご選択いただく内容です。

●読書会のテーマ :『7つの習慣』のなかの第一の原則「主体性を発揮する」について語ろう

●ご参加の条件 : 
(1)『7つの習慣』、もしくは『まんがでわかる7つの習慣』をお読みいただき、7つの習慣の考えに共感しておられる方。
(2)他の参加者の意見を否定し殺す発言をしないこと(ドリームキリングな発言をされたかたは、次回以降のご参加をおことわりします)。
経営、運営されている事業の業種は問いません。

●参加お申込み方法 : こちらの「こくちーず」フォームをご利用ください。(キャンセル待ちの仕様になっています。)
           
http://kokucheese.com/event/index/199416/


あなたと、藤沢でおいしいランチを食べながら、「利他」や「感謝」がお金になるしくみについて一緒にお話しできると嬉しいです。

「はじめての美容室独立開業工事110番」運営
みかんぐみ株式会社
和田美香
[PR]
# by prsoudan | 2014-07-21 14:59 | お知らせ

ブランド化のまえに、「売れる」と「売る」の使い分け

こんにちは、好きな人に顧客になってもらうブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

「売れる」と「売る」、意識して使い分けておられますか?

マーケティング3.0が言われ出したころから、「売れる」という言葉が意識してつかわれるようになってきたことが多いですね。

なぜなら、「売る」というのは、プロダクトアウト型であり、プッシュ型で、営業やセールスの力を利用して、製品やサービスを顧客におしつける印象がついてまわるからです。

一方「売れる」というのは、顧客が主体的に選び、顧客に選んでもらうように購入してもらい、無理やり店や企業から売り付けないという意味合いが込められています。

ですが、最近、「売れる」と言う言葉が独り歩きして、「売る気持ち」がおざなりになってないかとも思う経営者の言葉に多々気づかされます。

で、立ち戻って頂きたいのは、「売れる」「選ばれる」前に、まず「売る」ことが必要だということです。
「売れる」のをただ待っていてはだめということです。

主体的に「売る」気持がなくては、「選ぶ」方も選ぶ手がかりが全くなくなってしまいます。

マーケティング3.0は、マーケティング2.0やマーケティング1.0の土台があってはじめて成り立ちます。

準備が必要です。

商売人として「売る」気持と、「売るため」の実行力、まず基礎体力として必要です。

マーケティング3.0は、それから後のことです。

最近、『7つの習慣』のなかの第一原則「主体的に生きる」を聞き直していて、ハッとしました。

主体的に生きること、主体的に売る気持ちをまず基礎に置くこと。

「お店をつくっただけではだめ」「フェイスブックをたちあげただけではだめ」「ホームページをつくっただけではだめ」というのは、主体的に顧客に働きかけることがまだまだあるからです。

「売れない」と嘆くとき、顧客のせい、市場のせい、取引先のせいにしてませんか。

まず、主体的に売ることを徹底して実行しましょう。

みかんぐみでは、好きな人にかこまれて仕事をするためのブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客、ブランディングのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート<a href="http://www.dreamgate.gr.jp/" target="_blank">」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談<a href="http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi" target="_blank">受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
<a href="http://form.salonopen.com/inquiry/" target="_blank">お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ</a>


[PR]
# by prsoudan | 2014-07-14 06:51 | ブランド化と高付加価値化

facebookページ活用を美容室の集客でおすすめする理由 その2

こんにちは、ブランドづくりコンサルタントの和田美香です。

先週のその1にひきつづき、facebookが集客に効く具体的なメリットその2。

「検索画面で、facebook頁への入口も並ぶため、ブランド名の占有度が同一画面上で高まり、視聴者のなかでブランド認知が高まる」

たとえば、わが社の例をあげてみます。

「はじめての美容室独立開業工事110番」が、公式頁の名称です。

facebook頁でも同じ名前の頁をたちあげています。

サイト名で検索すると、当然のことながら、1番目は、弊社公式サイトが。

ここまでは当たり前と思われるかもしれません。

さらに3番目に弊社facebook頁が、次いで、YouTubeの頁、twitterの頁、exciteブログの頁とならび、いずれも、弊社コンテンツへの入口が1ページ目の90%を占めます。

弊社ブランド名は、知らない人にとって1度みただけでは、「へえ」ぐらいの感覚しかありません。

ですが、弊社ブランド名で占められている検索画面に最初に出会った人の立場でながめてみてください。

「あちらでも、こちらでも情報が発信されている」ことによって、名前露出が多いと、見た目から安心感を与えます。

なので、facebook頁の作成をおすすめするわけです。

ここから集客するという具体的な手法や理由は、また別の機会の投稿としますが、ひとまず、「まだfacebook頁を作成するかどうかなやんでいる」段階の方に、お役にたてると嬉しいです。

みかんぐみでは、安くしないで高付加価値で集客する、ブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

[PR]
# by prsoudan | 2014-07-07 09:43 | 身の回りからPRを考える

facebookページ活用を美容室の集客でおすすめする理由 その1

こんにちは、ブランドづくりコンサルタントの和田美香です。

facebookしたほうがいいですか?

ツールについての質問が、いつも多いですね。

無料ツールなので、やらないよりはやったほうがいいのはわかるけれど、積極的な理由がないとどうもお尻が上がらない方に、具体的なメリットをお伝えしましょう。

今日は、集客に効く具体的なメリットその1。

「友達にわざわざ言わないお客様でも、『いいね』ボタンを押してくれるだけで、その先でつながっている友達にサロンの存在を伝えてくれている」

共感を呼ぶ投稿をすることで、『いいね』を得ることができると、その先の友達にまで口コミしてくれていることになります。

この点が、ブログとは大きく違う点のひとつめです。

みかんぐみでは、安くしないで高付加価値で集客する、ブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ


[PR]
# by prsoudan | 2014-06-30 10:33 | PRのご相談とアドバイス

感謝会でお届けした お土産情報

6月で設立5周年を迎えられました。
一重にご協力いただき支えていただいている皆様のおかげです。
お客様とそしてお取引先様に感謝申し上げます。

感謝の気持ちを表したく、先週、お取引先様とお客様をお招きし感謝会を開催しました。

お越しいただいた方への手土産を、紅白まんじゅうにするか、わたしのすきなハーブティーにするか、なににするかさんざん悩みました。

最終的に落ちついたのは、「情報」でした。
a0127950_10341747.jpg


記念にのこるものというよりも、コンサルタントならではのお役にたてることは何かと考えたどりついたのでした。

経営者として帰路に立たされた時に指針としている決断方法を、すきな書籍からまとめました。

決断力をあげたい方
コチラの本おすすめです

決定力! :正解を導く4つのプロセス

みかんぐみでは、安くしないで高付加価値で集客する、ブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-06-23 10:34 | 執筆者自己紹介&つぶやき

ブランド作りのための店舗開催イベントはなんでもいいというわけではない。NGなのはこれ。

こんにちは、ブランドづくりコンサルタントの和田美香です。

安売りしない店舗集客には、イベント開催をずっとおすすめしてきております。

先日も、住宅街のなかでの美容室を開業されようとする経営者さまからの集客のご相談があり、チラシ配布の広告手法だけでは非効率だし、費用対効果がとても悪いので、イベント開催をからめた手法で集客の仕組みをつくる道筋をご提案しました。

現状の認識として、とても厳しいというスタート地点が一緒だったので、和田からのご提案内容に真摯に向き合っていただき、がっつり宿題にも取り組んでいただきました。

2週間後、経営者さんなりに宿題にとりくみ、頭をしぼって考えてきていただいたのですが、第一回の宿題へのイベント案にはNGを出させていただきました。

なぜなら、せっかくイベントを行うのに、集客に結び付かない内容構成になっていたからです。

目的に対して結果を生まない行為とわかっていて、面倒で労力がかかるイベントをするのはもったいないので、方向性の修正をおねがいしました。

さて、どんなイベント内容がNGかというと、「本業に全く関係ないイベント」です。

たとえば、美容室なのに、絵画教室の先生に依頼してお絵描き教室スタジオとしてつかってもらうイベントをするといった内容です。

お店の提供する価値が、「うつくしくなること」なのに、「趣味の時間と技術を充実させる」ことを提供しても、サロンへの来店動機にはつながりません。

イベント開催するときは、本業に関連のあるものを行って下さい。

もっとつっこんでいえば、企業や店舗のコンセプトを強化するテーマや内容を選んで下さい。

今日は、集客につながる店舗開催イベントでNGなこと、をお伝えしました。


みかんぐみでは、安くしないで高付加価値で集客する、ブランド化のお手伝いしております。
みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-06-16 11:16 | PRのご相談とアドバイス

店舗開業時、居抜物件をお勧めしない理由

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

美容室や、エステサロン、飲食店、どのサービス業にも居抜物件の不動産情報沢山ありますね。

開業時の内装工事代を含めた初期費用を抑えるために、居抜物件を借りることを検討される方もいらっしゃります。

ですが、どんなにイニシャルコストが安いからといって、居抜物件はお勧めしません。

なぜなら、永い繁盛経営には向いていないから潰れたお店の跡地だからです。

後からくるあなたが、どんなに腕がいい職人でも、以前あったお店の地域の人の印象をあなたはすぐに消し去ることはできません。

立ち上がるまでに、非常に永い時間をかける資金的余裕があるのであれば、むしろ、イニシャルコストをかけて、最初から儲かる場所で開業するほうが、収益面からも精神的にも賢い選択です。

不動産物件は、一度選んでしまったら、移転させるのは非常に大きな労力とコストがかかります。

なので、「取得費用が安い」だけにまどわされ居抜物件にとびつかないよう、どのサービス業店舗の開業希望者さんにも声を大きくしてお伝えしたいです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-06-09 06:19 | 強いサロンのつくりかた