接客力をあげて、売上をアップさせる。研修費どうする?

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

理美容や、エステなどの美容業をはじめ、サービス業は、顧客を接するサービススタッフの質向上が、売上に大きく影響します。

スタッフ自身のモチベーションアップや、サービス技術向上のために、いろいろな研修制度を利用されているところも多いでしょう。

このサービス力アップのための研修費も、しくみづくりをうまくすれば、助成金を利用できます。

100%企業努力で研修費を生み出さなければならないというわけではないというアイデア、つかってみてください。

たとえば、販売士の資格試験講義を業務中に受講させる仕組みにしている店舗さんで、その受講中の時間の人件費をいくらかの割合で助成金が負担されるという事例もございます。

どこでどう申込すればいいのか?は、まずは、所属されている商工会議所へ相談されてみてはいかがでしょうか。

もしくは、こちらのURLから、お近くのご相談窓口さがしてください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-06-02 10:49 | サロンで活用できる助成金

顧客の体験をつくる準備 その3

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

2週つづけて、顧客の体験をつくるための準備その1とその2をお伝えしました。


今日は、その3「マイナスを取り除く」です。

お客さまの感動体験をつくるための、準備段階のつぎは、実行段階です。

テーマと具体的な舞台が、固まったら終わりというわけではありません。

実行段階は、常に、「マイナスなものはないか?」を探す目を持ち続ける必要があります。

美容室経営されているお店を、客観的に外側からの視点でみていると、次のような箇所にマイナスの要素がひそみがちです。

1.ファサード(外観)のテイストに合わない、経営ややスタッフの通勤用バイクや自転車を、顧客の目につくところに置いている

最近は、おしゃれなロードバイクや、スポーツバイク、モーターバイクもあります。
ですが、ナチュラルテイストの自然派を謳うテーマを訴えたいのに、スポーティーなものが合わない場面も多いです。
自転車やバイクが、オーナー様のお気に入りで、単品でおしゃれと誉められる場合でも注意です。
通勤用バイクや自転車は、ファサードの置物にはならない場合もあるので、きちんと見て下さい。

2.働く美容師さんの服装が、テイストに合わない

ご自分なりのおしゃれを追及しておられる方が多いのが、美容業界の特徴です。
ですが、あまりに、ご自分らしさを追及しすぎて、お店のテイストと合ってない場合があります。
自分に似合わない服装をする必要もありませんが、ご自分に似合う服と、お店のテイストが合わない場合は、そのお店のコンセプトそのものから考え直す必要があります。

自分はどんな服が似合うのか、どんな服をきておもてなしをしたいのか、どんな印象を与えたいのか、ということと、お店のテーマとが合うかどうかも、必ずチェックして下さい。

3.美容室の中の音楽が合わない

自分の好きな音楽を環境音楽としてつかっている、もしくは、有線放送と契約してどのチャンネルかを環境音楽として選んでいる、という場合、要注意です。

好きな音楽が、お店のテーマとマッチしていますか?

できれば、お店のテーマにマッチした音楽を選び直す繊細な工夫をしていただけるのが一番です。


他、トイレまわり、サロンのフレグランスなども、環境作りの大きな要因の一つです。

マイナスな要素は、「中にいる者」にとっては気づきにくいですので、周りの方から少し厳しめのチェックをうけることをおすすめします。


以上で、顧客の体験をつくる準備シリーズを一旦終えますね。

また追って、情報追加してゆきます!

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-05-26 10:32 | 強いサロンのつくりかた

顧客の体験をつくる準備 その2

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

前回は、顧客の体験をつくるための準備その1をお伝えしました。


今日は、その2「テーマを掘り下げ、印象をつくる具体的なものを探す」です。

テーマがそのものが顧客の経験をつくりだすわけではなく、経験の基礎となるものです。

つたえたいテーマが、顧客の印象を通して表現されることではじめて、顧客のものとなります。

なので、まずは、顧客に、あなたのテーマをどう語ってほしいかを自問してみてください。

「……な気持ちになった」とか「……のようだった」というセリフの穴埋めをしてみてください。

また、次のリストも役立つと思います。

1.時間…過去、現在、未来
2.空間…都市/田舎、東洋/西洋、北/南
3.テクノロジー…機械/手作り、天然/人口
4.本物…オリジナル/イミテーション
5.洗練…荒っぽい/洗練された、高級/安っぽい
6.規模…壮大/微細

顧客にどんな印象をもちかえってほしいかが言葉で表現できれば、次に、その望ましい印象を創りだす具体的な手掛かりを揃えます。

それは、外的環境や物を揃えるだけでなく、スタッフの行動や表情、そして、スタッフの行動を律する規律も含みます。

全体との調和がとれていない些細なことで、経験全体が台無しになってしまう可能性もあるので、一貫性のないものは、視覚的、聴覚的にも排除するようにしましょう。

次回は、マイナスの要素を取り除く、がテーマです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-05-19 12:27 | 価格を上げる

技術や商品を売るのではなく、滞在時間の体験を売ると考える

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

サービス業は、技術提供の対価としてお金をいただくという考えが一般的です。

ですが、価格の対象を提供技術から、顧客が店内に滞在している時間の体験すべてにひろげてみてください。

料金体系や提供する内容すべてがかわります。

でも、いきなり、「顧客の経験を売りましょう」と言われても、むずかしいですね。

やみくもに、細かなところへ着目し、挨拶の仕方や会話の内容ばかりを取り上げてしまっても、全体の統一性がないままだと顧客の店内での経験価値はアップしません。

むしろ、つぎはぎだらけの印象があると、せっかく頑張ってもマイナスになってしまいます。

では、どうしたらいいか?

そこで、3回にわたって、顧客の経験に料金をつけるお店になるための、考える順序をお伝えします。

第一回 テーマを決める

まず、「どんな体験をしていただきたいのか」というテーマを決めます。

広い視点のなかから、ぴったりくるテーマを考えていただくために、次の指標を参考にしてみてください。

1.ステータス
2.熱帯の楽園
3.開拓時代のアメリカ西部
4.古代文明(歴史)
5.ノスタルジー
6.幻想のアラビア
7.都会風
8.要塞と監視
9.近代化と進歩


まずたくさんリストあげてみてください。

沢山あがりましたか?

顧客の心を動かしたり引きつけたりするためのテーマ設定で、重要なルールがありますので、次回はそのルールをお伝えします。

お楽しみに。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-05-12 07:22 | 価格を上げる

GW期間中の営業お休みのお知らせ

----------------------------
GW期間中のお休みのお知らせ
----------------------------

次の期間、お休みをいただいております。無料相談お申込みや、お問い合わせメール等へのお返事が、休み明けになります。
何卒ご容赦いただけますようどうぞよろしくおねがいします。

おやすみ 4月29日(火)、5月2日(金)、5月3日(土)、5月4日(日)、5月5日(月)、5月6日(火)、5月7日(水)


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-04-29 03:52 | お知らせ

1週間の一日、ある曜日だけメニューを変える

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

新しい高付加価値なメニューに顧客を以降させたいときのアイデアの一つです。

1週間のうち1日、ある曜日だけ、新しいメニューを試験的に取り入れる。

その曜日にしか体験できない希少感を持たせる。
本当にそれを体験したい人を集めることができる。
作業効率がアップする。

というメリットがあります。

高単価で高付加価値のメニューを新たに投入するときには、いまあるメニューにただプラスされる場合がほとんどでしょう。

ですが、ただ高いものを並べると、全ての顧客に都度説明が必要ですし、説明しても注文いただけるとは限りません。
効率がいいとはいえません。

そこで、ロイヤルカスタマー限定と銘打って、あらかじめ、高単価高付加価値のメニューを一定の層の顧客にだけご案内し、興味をもってもらった方には、ある特定の曜日にだけ集まってもらう、という導入方法もおすすめです。

試験的に導入し、口コミをそこから広げることもできますし、試験導入の結果がよければ、提供できる曜日をひろげてゆくという方法がとれます。

最初から、薄く、広くアプローチするよりも、最初、濃く深くアプローチできると、導入スタートがいいです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-04-21 09:56 | 価格を上げる

値段を上げずに、顧客単価をあげる

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

顧客単価をあげるために、値上げをしようと考えるわけです。

実質的な値上げ方法への着眼点は、「値下げ幅」にもあります。

たとえば、いままで¥25,000.-のものを、50%割引で販売していたとしましょう。

その割引率を下げると、どうなりますか。


45%割引にすると、
40%割引にすると、
30%割引にすると、


実質、顧客単価があがります。

割引率を小さくする

という方法のご紹介でした。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-04-14 09:41 | 価格を上げる

消費税増税日以降に感じた値上げの方法

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

消費税増税日をきっかけに、実質的な値上げを同時に行われたお店さんが多いなあという印象を受けております。

特に今回特例でもうけられた

「税抜き表示OK(ただし、店内に、大きく「当店の表示は税抜き表示です」と明記することが必要)」

という項目を利用されている事業者さんは、ほとんどが便乗値上げしたという印象です。

案内もなく、ズルイと思ったのは、こんな方法。

従来税込でたとえば1000円だったものが、今回は本体価格1000円で、別途8%の税金をかけられるというやりかた。

見た目は、以前と同じです。

でも、顧客側は、敏感です。

値上げされたことに気づかないわけはありません。

ここで、事前もしくは、店内のご案内にて、値上げが行われていることを案内していれば、仕方なしの気持ちもあるとはおもいます。

ですが、「この表示であれば、小額値上げなら、ばれないだろう」とか「これぐらいの値上げなら許してもらえるだろう」と黙ったまま値上げしている場合は、お店を訪れた者としてがっかりした気持ちにさせられます。

今からでも遅くはありません。

胸に手をあてて、便乗値上げを姑息にしたと思っておられる事業者さんがいらしたら、値上げのご案内をきちんと出す、表示するを行って下さい。

お店に対する信頼、印象が失われる前に。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-04-07 10:08 | 価格を上げる

サービス料金の値上げの方法(3)

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

先週にひきつづき、無形のサービスで、値上げをかんがえるときの方法をご紹介しましょう。

先週の話題はコレ
<メニュー表は、価格を小さく、ご提供内容をたっぷり書く>

今週の話題
<既存顧客に値上げを受け入れてもらうには>

既存顧客への対応で特に頭を悩まされる経営者様が多いです。

方法としては、大きく分けて2つあると考えてます。

(1)商品提供サービスのオペレーションを変更する

まず、メニュー表の価格をアップさせることの前に、サービス内容自体を単品からセットメニュー化へと、お店のオペレーションを変更できないか検討してみましょう。

そのうえで、今までの商品を単に組み合わせたセット商品でないと理解できるような、セット内容を詳細にご案内表記します。

たとえば、いままでやっていたのに特に口頭でご案内していないことがあるのであえてそれを知らせることで「いままでと違う」ことをアピールするセコ技もありますが、できれば、ちょっと内容を改善したりしておくと良心的ですね。

(2)正直に値上げの案内をストレートにする

顧客離れは、なにもしなくても、起こっています。
値上げがあるから、流出する顧客も当然出てくるでしょう。

しかし、今後、どんな価値を提供してゆきたいのかを明示し、その理想に近づくために今必要なこととしての値上げである、というご案内を真摯にできれば、わかってくださる方も大ぜいいらっしゃります。

そのためにまず、顧客分析をしておかれることをおすすめします。

どの方が、自分達にとってよいお客なのかを数字の上できちんと把握しておく必要があります。

値上げによってある程度の顧客流出を覚悟する必要がありますが、その大切な上得意客は絶対流出させてはいけません。
そのための工夫はをほどこすために、まず顔と名前を一致させ、なにがあればいいかを洗い出して下さい。


値上げに際し、既存顧客の流出を覚悟し、新しい理想の顧客との出会いを楽しむ、この心構え、持っていたいですね。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-03-31 08:23 | 価格を上げる

サービス料金の値上げの方法(2)

こんにちは、価格アップコンサルタントの和田美香です。

先週にひきつづき、無形のサービスで、値上げをかんがえるときの方法をご紹介しましょう。

先週の話題はコレ
<コース料金を複数最初から提示しておく>
http://prsoudan.exblog.jp/19577462/

今週の話題
<メニュー表は、価格を小さく、ご提供内容をたっぷり書く>

新規顧客にとって、美容業やリラクゼーション、クリニック等の無形サービス店舗でのメニュー表は、顧客の側からすれば、あくまでも、お店のレベルの目安にしかすぎません。

ご来店予約時に、カットしかご希望にならないお客様でも、カウンセリングでトリートメントの追加ご注文をいただけることもあります。

ご来店予約時に、マッサージでの治療しかご希望にならないお客様でも、フェイシャルのトリートメントメニューを追加注文いただける場合もあります。

あらかじめ知らせておくべきことは、他店と違ってどのような内容を提供しているから高めの価格設定なのだと納得してもらえる内容です。

価格で選んで欲しくないから、価格アップをするわけです。
であれば、価格は小さく表示しておくだけでかまいません。
伝えたいのは、サービス提供内容が、いかにお客さまに価値あるものかということですので、ご提供内容はおしみなく書きましょう。

たまに、「同業他社に手の内をしられたくない」とおっしゃる経営者様がいらっしゃりますが、お客様と、同業他社と、どちらを大切にされますか?

ご自分で問うてみて下さい。

来週は、既存顧客に、この内容がどう効くかも考えてみましょう。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-03-24 09:14 | 強いサロンのつくりかた

サービス料金の値上げの方法(1)

こんにちは、価格コンサルタントの和田美香です。

価格を見直したいサロン様から、ちらほらとご相談が重なりました。

増税の時期にあわせて価格アップされるサロン様と、増税のタイミングとは関係なくちょうど価格アップが必要なためというサロン様とがあります。

どちらの場合も、お客さまに価格アップをどう伝えれば理解いただきやすいかをご相談いただいたのがきっかけでした。

価格アップは、営業の粗利をアップさせるため必要になる段階がきます。
コスト削減が限界にある場合や、これ以上顧客数を増やすことができずお断りするお客さまが多いという場合です。

スタッフの給与を上げたい、社会保険にきちんと入りたい、教育制度を整えたい。
従業員満足とお客さま満足をより向上させていきたいと考えたら、ゆきつくさき価格アップになります。

さて、価格アップにも、お客さまの負担をさほど増やさずに、サロンの新しい価値観を示す指標としての新価格を提示するためのいろいろな方法があります。

今日は、そのうちの一つをご紹介しましょう。

<コース料金を複数最初から提示しておく>

明朗会計を目指すコースメニューがもしあなたのサロンにあったら、利用いただけるアイデアです。

たとえば、パーマでは、いくつあなたのサロンにコースがありますか?

うちには、すでに、普通パーマコースと、デジタルパーマコースと、エアウェーブパーマコースと3つもコースがあるから、最初から複数提示しているよ、というカウントはしないでくださいね。

和田からのご提案は、「普通パーマコース」に、対して3つ創るつくることになります。

たとえば、

従来
「普通パーマコース」
普通パーマ+カット+2シャンプー+トリートメント+ブロー

という組み合わせだったとしましょう。

この普通パーマコースの技術をベースに、サロンで現在取り扱っている(これから取り入れようとする)技術の最高のものをすべて入れたバージョンをもうひとつつくります。
美容師としてできる最高メニューをつくって、その最高の技術に対する価格をつけましょう。

そんな理想のメニューなんか入れたら、価格は?

はい、従来の普通パーマコースよりもうんと高くなってかまいません。

それは、あなたが自信をもって、「髪に最高のお手入れをさせていただいて長持ちする」といえる理想の内容のものになるはずです。

もしかして、いつもは、お客さまのご予算枠を気にしてしまってご提案できずにいるメニューの組み合わせになるかもしれませんね。

あなたの気持ちがもし「こんな価格をこの地域でもらえるはずがない」「うちの店でもらえるはずがない」と思っておられるようでしたら、そのお気持ちのリミッターをはずしてみてください。

価格アップは、これから来て頂きたい理想のお客さまにむけてつくるものと考えれば、リミッターを外せませんか?

なぜこの最高技術のコース価格が、うんと高い価格でかまわない理由は、普通パーマコースと、最高技術パーマコースの間に、もうひとつコースをつくっていただいて、そこへお客様を誘導したいためです。

お客さまに「こんなに高い価格のコースがあるのなら、じゃあ、その下の中くらいのコースにしておこう」という心理状態になっていただくためのおとりのコースメニューになるからです。

松竹梅の提示をするため、とお伝えすれば、理解いただきやすいでしょうか。

「普通パーマコース」を梅、「最高技術パーマコース」を松、そしていまの普通パーマコースより高価格の中くらいの竹コースを用意し、お客様にそちらを主としてしてゆくという手法です。

松竹梅商売なんか知ってるよとおっしゃるかたも多いと思います。

ポイントは、「うんと高い価格」を付ける最高のコースを、あなたの気持ちのリミッターをはずしてつくることです。

可能な範囲で、それぞれから千円づつちょっと高くしてみました、という中途半端なものだと、あまり効果はありませんので、御注意を。

来週もひきつづき、価格アップの方法をお伝えします。

------------------
事業経営や価格と集客のご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-03-17 19:32 | 価格を上げる

サロンで広告や改装費として使える補助金

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

従業員5名以下の小規模事業者対象の補助金の募集が、3月28日(金)までの受付であります。

使用用途は、広告宣伝や、集客力を高めるための改装費がOKということで、美容室やエステサロンにも使いやすい補助金です。

詳しくは↓

http://www.jizokukahojokin.info/

募集要項などの情報も上記URLに載っています。

相談はお近くの商工会議所にどうぞ、という流れです。

つかっていただきたい50万円のご案内でした。

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-03-10 07:00 | サロンで活用できる助成金

顧客満足度を高める前に、まず従業員満足度を高めることが重要とわかったとき

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

さて、今日のテーマは従業員満足度を高めるということです。

顧客満足度の前に、まず従業員満足度を高めることが重要と、あちこちで言われております。

いまでは、従業員満足度を高めるための取り組みをされているサロン様が、美容経営雑誌や、勉強会などで取り上げられ、「経営者として何をするべきか」ということは、広く認識されてきていますね。

とはいえ、売上アップに直接つながる広告宣伝費に資金を投資することばかりを考えてきている現場で、いきなり、じゃあ、従業員満足度のためになにか取り入れようと考えたときに、まずなにからはじめたらいいかという問題にぶつかります。

わたしは、まず、膝をつきあわせての全社ミーティングの開催をおすすめします。

そのミーティングでお話しいただきたいことは次の3つ。

1。どうして、売上アップのために、まず最初にスタッフを大切にしようと思いたったのか、トップからのメッセージを熱く語る。

2.自分のところのお客様は本当は何を求めているのかを、意見を出し合う

3.お客様がもとめている本当のことを実現するために、自分達は、会社、個人、経営者を含めて、なにをすればいいのか、どんな風になればいいのかなどを出し合う

ミーティングは1度ではおわらなくて構いません。

また、どうしてスタッフを大切にするのかという話は、トップから折に触れどんなときにでもお話しいただけるようにしていただくのがいいです。

また、顧客を大切にするための、ミーティングや朝礼、終礼は行ってこられたなかで、スタッフを大切にするための要素をなにかひとつ入れることも、あわせておすすめします。

一度ミーティングをしたから、朝礼や終礼の内容をかえたから、という少しぐらいの行動では、雰囲気が変わるわけでもなく、トップの意向がすぐ伝わるわけでもありません。

顧客満足度向上につながるまでの、従業員満足度向上の道のりは長く、改善継続をつづけてゆく根気よさが必要です。

その根気よさは、こんな風になりたいというビジョンの共有がささえてくれます。

もしかして、まずはビジョンの共有というより、ビジョンそのものをはっきりさせるところから、といい場合もありますね。

美容業では、お店とスタッフの間のマーケティングがあるということに気づくことが、お客様満足度向上の一番の近道だと、おひとりでもおおくの美容室オーナー様に知って頂き実行をはじめていただきたいと願っています。

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-03-03 07:32 | 強いサロンのつくりかた

美容室と経営革新

平成25年度の補正予算が承認され施行がはじまりました。
経済産業省の補正予算では、小規模のサービス業の事業所でも補助金がでる項目をかかげています。
総額1,400億円もの予算が確保されています。
(↓下のURLの Ⅰ (1-1)○ものづくり・商業・サービス業革新事業(新ものづくり補助金)の項目がそれにあたります)
http://www.meti.go.jp/main/yosan2013/20140206.pdf

1,400億円の下に、適応について案内が記されています。

「[略]サービス業等の試作品開発、新ビジネスモデル開発、生産プロセス
の改善、生産性向上を含め中小企業・小規模事業者の事業革新を支援。[略]」

つまり、作業効率向上、生産性向上を目指して事業革新を行う事業所には、補助金を出して支援しますよ、ということ。

具体的には、経営革新計画の認証を都道府県から受けていることが条件になると、中小企業診断士の先生からお話しをうかがいました。

経営革新計画とは、付加価値の向上、経常利益率の向上を目指した事業計画を作成し、都道府県から認証をうけるものです。

この認証を受けている事業所が、今年の補正予算の枠内で補助金申請を行うと、申請が通る確率が非常に高いとのこと。

美容室と経営革新計画、補助金の関係がいまいちピンとこないかた。

コチラの本、どうぞ参考になります。
将来をスタッフと一緒にサロンをつくっていきたい方、どうぞ参考になさってください。

奇跡の美容室

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-02-24 08:48 | サロンで活用できる助成金

開業お祝いに『7つの習慣』をプレゼントさせていただきました

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

弊社の封筒には、「繁盛美容室づくりの11カ条」を印刷させていただいています。

そのなかに、一見経営とは関係がなさそうな項目も含まれています。

でも、弊社のお客様はほとんどが個人店で小規模で独立されるみなさまなので、絶対必要!と思っていれさせていただいています。

それとは、独立されるご自身のライフスタイルや、将来にわたるパーソナルブランドづくりです。

お店のブランドづくりは、お店、つまり、仕事の自分だけのことではありません。

個人、いまの自分、プライベートの自分とは切り離せません。

すべてがひとつ、ひとつがすべてだと、自分が経営者の立場に立って痛く感じています。

なので、そのエッセンスを少しでもお伝えしたいとおもって、今回、開業されたお客様へのプレゼントに書籍『7つの習慣』を選ばせていただきました。

すでにお客様から愛されて、支持されて、慕われているからこそ、独立されたので、なにをいまさらという内容かもしれませんが、経営者として、サービス提供者として、そして幸せな人生を送る個人として、すべての領域でかがやきつづけていただきたいという祈りを込めてお贈りしました。

末永く地域で愛されるお店でありつづけられますように。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-02-17 07:04 | 執筆者自己紹介&つぶやき

サロンの消費税対策すすんでますか?その2

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

消費税対策の情報が集まっているサイトのご紹介です。
http://j-net21.smrj.go.jp/features/2014020300.html?rotationList

特にこの頁もおすすめ
http://j-net21.smrj.go.jp/well/akinai/index.html

具体的に行動を起こすことを促してくれる情報提供スタイルですね。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-02-10 06:50 | 利用できる行政サービス

サロンの消費税対策すすんでますか?

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

4月からの消費税税率アップ対策すすんでいますか。

まずは、店内や看板でのメニューの価格表示に悩まれている方も多いかもしれません。

メニュー看板を一度つくりなおしても、また次の増税時につくりなおさなければならないのかと頭を悩ませておられるオーナー様もいらっしゃりました。

基本は、総額表示ですが、税抜きを明示し、消費税8%がさらにかかることが店内で統一して案内されていれば、税抜き価格の表示も可能になっています。

表示や、キャンペーンについて、中小企業庁から発行されたパンフレットがわかりやすいですので、一度ごらんになってみてください。

http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131008003/20131008003-2.pdf


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-02-03 07:07 | 利用できる行政サービス

デフレの終焉。それでもまだ「お客様は低価格志向だ」と思っている店舗オーナー様へ

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

新規開業希望の美容室の価格帯では、低価格志向のサロンが多いのが気になります。

アベノミクス効果はわたしのお店にはこない、と思っておられるからでしょうか。

それとも、ここ20年来のデフレ傾向の経済のなかにどっぷりつかって育ってきているために、デフレでない世の中を想像すること自体がむずかしいのでしょうか。

でも、確実に、いま世の中は動きはじめています。

少なくとも、今は、2年前とも、1年前ともちがうことは確かです。

他の、2、3年前に開業して成功しているお店の後を追っても、あなたはただの後追いにしかすぎませんし、あなたが同じ成功を手に入れることができるとは限らない時代の流れになっています。

だから、もし、「お客様は、安くいものにしか目がゆかない」と思って、低価格しか駄目!と思っておられるようだったら、あなたのサロンの価格帯やサービス内容について、その他の選択肢もあることをちょっと考えてみて下さい。

もしかしたら、あなたは、「安いものにしか目がゆかない」お客様としか出会っていないのかもしれません。

もしかしたら、あなたが、「安いものにしか目がゆかない」お客様を呼んでしまっているのかもしれません。

もしかしたら、あなたが、お客さまの「安いものにしか目がゆかない」部分しか見ていないのかもしれません。
あなたの目の前のお客様の潜在的な、お金を使いたい希望や、実際にお金を浪費・投資している部分を知らないだけかもしれないのです。

価格で勝負しつづけることを選択しつづける人生は、これからあなたの人生にどんな影響を与えるのかも考えてくださいね。

ほんの数年だけと割り切るのか、どうかも、考えるひとつの道筋かもしれません。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-01-27 07:19 | 執筆者自己紹介&つぶやき

ホームページの作成は、自分で作成するのと、業者に依頼するのと、どちらがいいのか?

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

「ホームページの作成は、自分で作成するのと、業者に依頼するのと、どちらがいいのか?」

そんな質問をいただきました。
ホームページをつかった集客については、よくいただく質問なので、ご質問者様へのお返事の一部をここでご紹介させていただきます。


まず、ホームページ制作にかかわる作業全般にはどのような作業が必要かという流れをお話しさせてください。

ホームページ制作運営には、大まかにわけて4つの作業があります。

(Ⅰ)目標や戦略の設定
どのような結果を生みたいのか、そのために閲覧者に最終的にどのような行動をしてもらいたいのか、そのために閲覧者にどのような便益をホームページ上で与えるのか、事業全体のなかでホームページにはどの部分を分担させるのか、といったことを決定する作業です。

(Ⅱ)コンテンツをつくる
上記(1)で決定した目標と戦略に沿って、コンテンツを、テキスト執筆と写真やイラストなど画像づくりでつくってゆきます。閲覧者をうごかす文章や、ひとめで理解させる画像の選択配置、また、行動をうながすための、仕掛けづくりもこの部分です。
いわゆるマーケティングの知識がここでは大きく役立ちます。

(Ⅲ)デザインとコーディング
上記(2)のコンテンツを、ウェブ閲覧ソフトで閲覧できるよう、デザイン配置し、それをプログラムでコーディングします。

(Ⅳ)定期的なコンテンツの見直しならびに修正、追加
効果のあるホームページほど、定期的なコンテンツの見直し、追加、修正の作業が行われています。



では、質問へのお返事です。

ホームページ制作にあたって重要なことは、(Ⅲ)のつくること自体ではなく、土台となる(Ⅰ)と(Ⅱ)の段階です。

なので、(Ⅱ)でコピーや写真画像づくりで顧客のこころにひびくものをつくるマーケティング力に自信がおありであれば、(Ⅲ)の段階では、自前でつくっていただいても、それを業者に委託して制作してもらっても、スタート時の効果に大きく違いはないというのがわたくしの考えです。

(Ⅱ)の段階さえ、しっかり土台ができるようであれば、創業時は、スモールスタートでゆくというのが常套手段ですので、自前で制作されても問題ないかと思います。

逆にいえば、(Ⅲ)の部分だけ業者に委託して制作し、見栄えが綺麗になっても、集客できるか、儲けられるかどうかは別なので、(Ⅱ)の部分をしっかりつくりこむことが大切です。


お伝えしたいのは、ホームページそのものをつくる技術も大切ですし、その部分の費用も大切なのですが、目標・戦略・伝える内容を吟味していただくことで、より期待する効果のあがるホームページへの近道になるという点です。

ぜひ、(Ⅱ)の段階のマーケティングの知識もあわせて学ぶことや、(Ⅰ)のサービス設計に時間をかけられることが十分かどうかの検討をしていただく時間ももうけていただくことをおすすめしたいです。

以上ご参考になれば幸いです。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-01-20 08:01 | PRのご相談とアドバイス

美容室の経営体力があるうちと死にそうなときと、コンサルティングを受ける場合なにが違うか?

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

コンサルティングは、「困った時に利用するもの」と考えておられる場合、経営がゆきずまり瀕死の状態で、経営者ご自身だけの力ではどうにもしようがなくなってから利用を申し込まれます。

この場合、短期で成果をあげなくてはなりませんので、短期で成果をあげることしかまず着手できません。

たいていはコンサルティングがはいれば、新規集客のテコ入れ等により成果はあがりますので、成果があがってよし、しかし短期の手しかうっていないので、全体でみて補強すべき点がある場合も、そこは放置されてしまったままとなります。

一方、コンサルティングは、「伸びたい時に利用するもの」と考えておられる場合、経営体力があるときに、経営者のサポーターとして、ブレーンとして利用を申し込まれます。

この場合、長期での方向性を見定めることからはじめます。
ですので、強みをよりブラッシュアップしたり、美容業で大切な人材育成や組織構造の改善、従業員満足のための仕組み作りなどに着手でき、既存顧客のリピート率アップ、既存顧客の単価アップに余裕をもって取り組めるため、より体力を強化し、将来の投資をより手厚くできる布石をうつことができます。

コンサルティングは、経営体力によって、支援内容はかわってきます。

今年は、より成長したいとかんがえておられる段階の経営者様への支援を手厚くさせていただいきます。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-01-13 08:52 | 執筆者自己紹介&つぶやき

2014年、あけましておめでとうございます!

ブログをお読み頂きありがとございます。
ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

マーケティングコンサルタントとして集客のお手伝いをすることをメインにお仕事させていただいておりますが、今年は、「聞く」「つながりをみつける」「みちすじをつける」「強みをみつける」「できたことを承認できる」という自分の強みを活かして、かつ自分もワクワク楽しみたいなと考え、なにが原因かわからないけれどいまいちうまくゆかないという事業経営についてのお悩み相談もお受けしてゆきます。

まずは、無料相談、下記からどうぞお申込み下さい。


和田美香

------------------
事業経営や集客についてのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ
[PR]
# by prsoudan | 2014-01-06 09:50 | お知らせ

サロン経営でもらえる助成金も考えてみる(3)

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

3週連続で、サロンで活用できる助成金にはどんなものがあるか、連載でご紹介しています。

<基盤人材確保助成金>その3

【申請スケジュールの注意点】
申請前までに、雇用保険の適応事業主であることが必要です。

その上で、合計2回の申請をする必要があるこの助成金申請てつづきのなかで、1回目の申請後、スタッフを採用するという点が味噌です。

経営の右腕となるスタッフを採用した、お店をまかせられるスタイリストを採用した、さあ、助成金を申請しよう!ではだめなのです。

基盤人材となるスタッフを採用する前に、第一回の申請をおわらせておく必要があります。

さらに、実際にスタッフが無事雇用でき、第二回の申請をすることがでるようになったとします。
このときも、スタッフの雇い入れより6カ月が経過し、かつ、その支給対期の末日から1カ月以内に申請書を提出する必要があります。

つまり、書類を出す時期がかなり限られているうえに、1カ月と短いということです。

スタッフをやとった時点で、雇用能力開発機構に、書類提出可能期間を確認しておくことをおすすめします。

問合せ先 独立行政法人 雇用・能力開発機構 各都道府県センター tel.0570-001154
(最寄りの都道府県センターに自動転送)
(携帯・PHSからは利用できないそうです)

手続きがややこしいので敬遠したい気持ちがあるかもしれませんが、手続きする価値のある助成金だと考えています。

和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-12-23 07:26 | サロンで活用できる助成金

サロン経営でもらえる助成金も考えてみる(2)

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

先週から、サロンで活用できる助成金にはどんなものがあるか、連載でご紹介しています。

<基盤人材確保助成金>その2

【基盤人材ってどんな人?】
基盤人材とは、経営力の強化につながるスタッフのことです。
具体的には、次の要件を満たしている必要があります。

①年収350万円以上の賃金で雇いいれられていること。
つまり月給30万円程度の賃金です。
店長クラスの技術者や、経営者の右腕候補となるポジションのスタッフであれば通常支払われる金額ですね。

②事務的・技術的な業務の企画・立案・指導を行うことができる専門的な知識や技術を有する者または部下を指揮・監督する仕事に従事する係長相当職以上の者。
部下を指揮・監督することについては、部下がいれば要件は満たします。
店長でなくても、専属のアシスタントがいる美容師でればこれにあてはまります。

来週は、申請スケジュールの注意点をお伝えします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-12-16 07:11 | サロンで活用できる助成金

サロン経営で助成金も考えてみる(1)

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

いただけるものはいただくという思考で、助成金の活用も視野にいれてみるというアイデアもあります。
融資と違って、助成金は返す必要がありません。


今週から、サロンで活用できる助成金にはどんなものがあるか、連載でご紹介してゆきます。

<基盤人材確保助成金>その1

サロンのブランドづくりに、人材確保や人材育成は欠かせません。
一律140万円もらえるというのは、スタイリストの給与から考えると大きいですね。
その分、助成金をもらうための要件はきびしいです。

【もらうための条件】
1.雇用保険に加入していること
2.都道府県知事から改善計画の認定を受けた中小企業であること。
  おおきくわけて2回の申請作業が必要です。
3.基盤人材や一般のスタッフを採用すること。
4.創業や異業種進出に伴って、300万円以上の経費を使ったこと。
  内装工事や、設備代金などの支出が含まれます。
5.適正な雇用管理が行われていること。

来週は、手続きの注意点などをお伝えします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-12-09 10:08 | サロンで活用できる助成金

使用済み切手の寄付

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

お仕事されていると、郵便物といえば、DMや請求書がたくさんきますね。

DMや請求書や他のお便りについている、消印のある使用済み切手も、切り取って集めると、寄付になるということご存知ですか?

わが社では、封筒は、使用済み切手を切り取って、切手を集める箱にいれてから捨てることにしています。

使用済み切手をあつめて、寄付することにしているからです。

今年も1年あつめてみました。
a0127950_9285050.jpg

じゃ~ん。

ささやかですが、ゴミが減って、寄付にもなると一石二鳥かと思っております。

手間も、切手を切り取るだけです。

ちょっとすがすがしい師走のスタートです。

使用済み切手の寄付の送り先を探したい方は、インターネットで「使用済み切手 寄付」というキーワードを入れてで検索してみてください。
たくさんあります。
あなたの目的とマッチした使い方をしてくれるところを選べるといいですね。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-12-02 09:29 | 執筆者自己紹介&つぶやき

サロン集客は、自分が広告塔という考え

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

売上の高い人気美容師さんは、全員、美男美女です。
全員です。

素敵~
こんな風になりたい~
と、お客様からみて、あこがれられるキラキラの要素をお持ちです。

ちなみに、和田がここでいう「売上の高い人気の美容師さん」とは、月お一人で200万円以上の売上を毎月出す顧客をかかえておらえる方です。

先日も、弊社ホームページに掲載させていただくためにインタヴューさせていただいた女性オーナーさんは、ぴかぴかの素敵な笑顔の方です。

わけへだてなく、幸せな笑顔にしてくださります。

わたしも、スタイリストではありませんが、こんな女性に一歩でも近づきたいなと強く思いました。

ちなみに、同じようなことを、コチラの本でも著者が伝えてくれてます。


美容室「店販」の教科書 (DO BOOKS)

店販 についての本ですが、スタイリストさんの、在り方全般にまで適応できる考えだとわたしは考えています。

「憧れ」や「なりたい像」の対象になれる自分でいましょう~!


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-11-25 07:38 | 身の回りからPRを考える

美容室ジプシーで実は困っているという女性が多いです。お助けしたい

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

毎日元気に、明るい笑顔ですごしている女性でも、美容室どうされてますか?とお聞きすると、「実は美容室ジプシーなの」と元気なくお答えいただく割合が、関東圏では多いです。
特に、美容室が多いといわれる地域に。

共通するご経歴としては、引っ越ししてきて10年位たつのに、1~2年位の単位で、どうしても不満を伝えきれずになんとなくあきらめてしまい、それでもなんとかしたくてつぎへ行ってしまうという繰り返しのパターンが多いようです。

わたしも、引っ越し経験が多く、美容室ジプシーだったときがありますので、頼りたいのに頼れない気持ちがよくわかります。

わたしも、「1度や2度では、美容師さんとのコミュニケーションもとれないだろうから、3度は必ず行こう。1年はお世話になってみよう」とこころにいいきかせていました。

でも、なにか別の、「もっと良さそう」と感じる要因が入り込んでくると、「いまのところ」の不満が顕在化しないまでも、「あたらしいところへの期待」が大きくなってきてしまう時期がきてしまうのですね。

美容室ジプシーで困っているとおっしゃる女性にお聞きすると、なにを基準に美容室を選んでいいかわからないとおっしゃります。

裏返してみます。

つまり、美容室側は、「選ぶ基準」をお伝えしてきていないということなのですよね。

つまり、美容室側は、「お客様に、『美容室を選ぶ基準』をお伝えすればいい」ということになります。

和田がみかんぐみをおこしたときの理由はふたつありました。

ひとつは、
「美容室専門デザイン会社設立物語」
に書かせていただいています。

上記に加えもうひとつ、あります。
「美容室ジプシーで困っている女性に、心からの安心と幸せをとどけたい」

美容室側の「伝えたい」ことと、お客さまがわの「知りたい」ことの、情報の非対称がまだまだ大きいです。

ブログや、フェイスブック、ホームページなど、さまざまな道具がありますが、道具を使うだけでは解消できない現象になっています。

知りたい人に、きちんと伝える。

美容の情報の非対称を解消する。

それが、わたしのコンサルティング時の、軸になっています。

女性目線で情報設計することの意義がここにあります。

お客様のために本気でサロン運営されているかたのお手伝いをしたいという想いはここからきています。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-11-18 09:26 | 執筆者自己紹介&つぶやき

美容室で、初めて声をかけられて嬉しかった言葉

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

わたくしごとですが、トイレに近い人種です。

美容室では、カットの1時間から1時間半の短い時間でも、トイレのお世話になりたいぐらいです。

でも、我慢してお店を出てしまうこともままあります。

トイレへゆかせてくださいと言うタイミングをなかなか図りずらいからです。

そんなあ、トイレぐらい、遠慮せずに行って下さいよ!とサロンの皆様は思われますよね。

でも、反対に、お客様となって他人様のお宅へ伺う時のことを想像してみて下さい。

ちょっとぐらいなら我慢してしまいませんか?



で、いま通っている美容室で気にいっているひとつの理由は、トイレです。

「トイレ行かれますか?」とシャンプーのときに声をかけてもらえたからです。

その日は、カットだけでお世話になっておりました。

初めてトイレについて、美容室のスタッフさんから声をかけてもらえたのです。

あ、いま行っとかないと、もう帰り際にはトイレに行きたいなんて言えないなあとおもったら、「はい、いきます」と答えられました。



なんてことない会話です。

でも、「トイレに行かれますか?」の一言。

とっても嬉しくて、とってもありがたいことばでした。

何度目に通っても、どのスタッフさんでも、パーマのときだったら2回以上、「トイレへ行かれますか」と聞いてもらえます。

快適です。


こんな、あたりまえのような、でも、かけてもらったら嬉しい言葉、探せばまだまだありそうですね。

探すコツは、あなた自身の体験を振り返ってみると、みつけていただきやすいです。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-11-11 08:58 | 身の回りからPRを考える

消費税が増えるとき、値上げをしてもいいかどうかという美容室経営様からの質問

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

価格設定も、サロンのブランド価値をつくるひとつの大きな要素ですね。

先日、「消費税増税にあわせて、値上げをしたいが、便乗値上げになるようで心苦しい。どう考えられますか?」という質問をサロンオーナー様からいただきました。

具体的なご相談内容では、サロンのこれまでの価格設定の内容や価格設定方法、価格の表示に対するオーナー様のお考えなどを詳しく語って頂いていて、一概に便乗値上げはケシカランという気持ちには正直ならなかったです。

何を一番に優先するかを決めて頂くのが一番だと考え、お伝えしました。

同じように、サロンに限らず、どの店舗様も、会社様も、消費税増税時は、価格のことを真剣に考え直すいいきっかけになると思います。

そのときに、便乗値上げにしたくないけれど、サービス対価の見直しをいましたいという気持ちになられることもあるかと。

そんなときは、誠意をもってお客様に価格のことをお話しすることで理解を得られると考えています。

価格のことを話すのが怖いようであれば、そのような関係づくりをお客様としてきているということです。

価格を提示する側の誠意を伝えるために、セールスレター文章術や、マーケティングが活用されることになります。

文章術や、マーケティング手法を、ただ使うだけでは、ただのカンフル剤です。

きちんと「なんのために使うか」が根っこにあれば、あなたの真心を伝える心強い味方になってくれます。

価格について見直してみたい。
そんなときも、効果のある文章術、マーケティングが陰でささえてくれます。
本気でお悩みの方はご相談ください。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-11-04 07:17 | PRのご相談とアドバイス

集客で、どんな効果が、どんな世界が欲しいですか?

こんにちは、ブランドづくりプロデューサーの和田美香です。

自称、マーケッターです。
名刺には、安売りしない集客プロデューサーと書いています。
このブログの冒頭紹介文、最近、毎週いろいろ変えてます。


和田の集客手法は、「偏って」います(告白!)。

どんな偏りか?
「つながり」をつくることに重きをおく手法しかとっていません。

なぜ?
お客様とはいえ、出会いはご縁です。
こんな人と一緒に笑顔で過ごす時間があれば、自分は幸せだなあ。
相手の方もきっと幸せになってくださるなあ。
そんな方と、お客様として、出会いたいと思いませんか?

まだ会ったことがないけれど、将来、きっと心がつながる方と、つながりたい。
そんな方に、自分を知ってもらいたい。

そんなお客様と一緒に笑って過ごす時間をすごせるようになるための、出会いのきっかけをつくる。
そのための、ウェブや、チラシ、名刺やパブリシティーなどのプロモーションや、ブランドという軸づくりをトータルで行うのが、和田のマケッターとしての仕事です。

安売りでの集客をおすすめしたくないのは、「この人の仕事やサービスは”安い”から」という理由で一緒に居て下さる方と、こころから尊敬し合ってずっとおつきあいしてゆきたいですか? 
値踏みされるような関係でいたいですか?

笑って一緒に過ごしたい人と出会うための、つながりをつくる仕事。
この仕事をさせてもらって、人と人とがつながって幸せが広がる様子をみることができるわたしも、幸せです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-10-29 06:18 | 執筆者自己紹介&つぶやき