ヘアサロンでまだ取り組みが少ないけれど有効。既存顧客との絆をより深める方法

こんにちは、ブランド店舗開業プロデューサーの和田美香です。

サロンに足を運んで下さる既存のお客様に、ずっと浮気されずに、自分のサロンへ通い続けて頂きたい。
そのための方法を、サロンオーナー様のみなさま考えておられます。

たとえば、ニュースレターを書く。
お礼状を、毎回、手書きのハガキで出す。
お誘い状を、毎回手書きのハガキで出す。
メールマガジンを発行する。
ブログを書く、SNSを利用するなどなど。

もっとダイレクトにファンになってもらう方法があります。
それは、お客様同士が仲良くなってコミュニティーができるようにすること。
コミュニティーに入ってもらえれば、お店との関係性は単なる顧客ではなく、仲間になり、より強い関係になります。

具体的には、お客様限定のイベント開催が効きます。
あるサロン様では、お客様限定のメイク講習会を定期的に開催されています。
メイク講習会は、お茶菓子まで出るという、サロン風な感じで運営されています。
何度出席しても構わないので、お肌のお手入れの悩みを解決してもらったり、日頃のメイク方法が我流になっておかしくなっていないか定期的にチェックしてもらえるのが人気というのは建前で、実は、美容についてのテーマでおしゃべりする仲間がいるのが楽しいようです。

このサロン様の顧客分析では、メイクの講習会に来て下さるお客様は、最上得意客様の分類になられます。

ということで、最上得意客は、放っておいても、自店に来て下さると思わずに、どうかイベント開催やコミュニティーづくりでケアしてくださいね。
また、既存顧客を最上得意客に引き上げる策としても、コミュニティーづくりぜひお勧めしたいです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-10-21 07:19 | 身の回りからPRを考える

美容室、理容室のIT教育は、店舗のブランド化に必須

こんにちは、ブランド店舗開業プロデューサーの和田美香です。

スタッフの技術教育や、接客サービス力向上、店販品販売力向上の教育に、サロンとして資金も時間も投資することが業界標準として行われていますね。

ですが、顧問先に訪問するとスタッフのITリテラシー向上のための教育は、放置されたままということを強く感じます。

つまり、IT教育は、なぜか「個人でするもの」とか「美容師には必要ない」と思われている経営者様がまだまだ多いのです。

でも、ITはいやおうなしに、サロンに押し寄せてきています。

コンピューターと連動したポスレジしかり。
これを使いこなし、入力の効率化、分析の効率化を図るには、パソコンの基本操作の知識はまず欠かせません。

ブログ情報発信で、集客につなげようとされているサロンもありますが、個人の力量にまかせっぱなしです。
投稿内容のチェック機構さえありません。
サロンとしての使い方の方針さえ決められていないところがほとんどです。
もし、SNSやブログ上で失礼があった場合や顧客情報の流出が合った場合など想定されていますか?
事故後、事後対応をするだけでは、損失が大きすぎます。
また、事故や炎上が幸いなかったとしても、サロンのブランド化にはほどとおい、取り組みと言えざるをえません。

先日、顧問先のスタッフ様とのミーティングで、わたし個人との約束を果たすという内容で、課題にコミットしてもらうという取り組みをしました。
約束を果たした報酬として何がいいと聞いたら? パソコンを教えてほしいという要望が!(向上心の高さに、わたし、感動しました)。
しかも、この要望、あちらのサロンでも、こちらのサロンでも発生しています。

おかげで、パソコンの超初心者向けレクチャー(電源の入れ方、切り方、キーボードのキーの説明から、ブラインドタッチの練習の仕方など)や、ビジネスメールの書き方のレクチャーを何度もすることに…。

スマホや、携帯電話のインターネット機能を、直感で使いこなしておられるスタッフさんがほとんどです。
でもそれは、使いこなしているとはいえません。

きちんと、ビジネスの場で使うマナーや知識、技術を身につけてはじめて、顧客対応や、サロン経営に活かせます。

作業効率向上、集客向上の一環として、IT技術教育、サロン全体で取り組んでいかれること、強くおすすめします。

サロンでIT技術教育を希望されるようでしたら、お気軽にお問い合わせください。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-10-14 09:31 | 強いサロンのつくりかた

検索に出てこないと苦情いただきました。すみません<m(__)m>

こんにちは、ブランド店舗プロデューサーの和田美香です。

先月後半から先週にかけて無料相談をご利用いただいた方のほとんどが「消費税増税前に駆け込みで、店舗兼住宅の設計工事契約を大手ハウスメーカーと仮契約をしてしまったのだが、仮契約した後、不安がすごく大きい。どうしたらいいか。」という内容でした。

特に先週は、毎日、この内容のご相談がつづきました。

で、どの方からも言われたのが、「もっと早く、みかんぐみさんをみつけていたら…。どうしてもっと早く出てきてくれなかったのか…」。

ごめんなさい。

弊社ホームページ「初めての美容室独立開業工事110番」(http://salonopen.com/)が検索で上位に表示されにくくなっているという痛いご指摘。

SEOやSEMは、自社のためだけにやるのではなく、本当に必要としている方に必要な情報を手間無くお届けするための方法なのだと、改めて強く感じました。

検索されにくいホームページでご迷惑をおかけしており、本当にごめんなさい。

11月半ばまでになんとかします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-10-07 10:08 | 執筆者自己紹介&つぶやき

店舗開業融資について弊社のノウハウをこっそりお伝えしています。

こんにちは。今日は、店舗開業プロデューサーとしてのご案内です。

弊社運営サイト「初めての美容室独立開業工事110番」で、メルマガ「予算内でハイセンスな美容室を賢く開業する方法」をお届けしています。

このメルマガで、店舗開業融資についての弊社独自のノウハウを公開いたします。

この情報は、金融機関から一般に公表されているものではありません。

和田や弊社で行っている事業計画書作成支援の過去7年間の実績100%という経験のなかからお伝えするものです。

自分はいったいいくら融資してもらえるか?が知りたい、店舗開業希望者さんは、ぜひお読みください。
a0127950_8341154.jpg

なお、今月の発行は、本日2013年9月30日(月)午後16時過ぎから順次配信される予定です。

それ以降のご登録となりますと、10月号からの配信となります。

何卒ご了承ください。

なお、この融資シリーズは、6月から続いています。
12月までの内容を、本にまとめて、Kindle出版する予定でいますので、もし過去のバックナンバーを見逃した方で内容に興味を持って頂ける方は、Kindle本出版を楽しみにお待ちください。

みかんぐみ株式会社
和田美香
------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

みかんぐみ株式会社でも、無料相談お受けしております。
<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。
[PR]
# by prsoudan | 2013-09-30 08:34 | お知らせ

インタビューを受ける側になって、インタビューの大変さを体感しました

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

わたしがいつも個人的にお世話になっているサロンの「お客様」として、わたしがお客様インタヴューを受ける側になる機会がありました。

いつもは、仕事で、サロンオーナー様や、サロンのお客様をインタヴューする側です。

でも、インタヴューを受ける側になってみて初めて、「実は、本音を話すのは、すごくむずかしい」ということがすごくよくわかりました。

なぜか?

あらかじめインタヴュー項目を教えてもらっているので、インタヴューで応えようとする内容は、自分でも予習することができていました。
ですが、実際に、目の前にインタヴュワーがいらして、取材を受けて話しているうちに、いろんな言葉があれやこれやと出てくるのですよね。
リアルで受け答えすることをつづけていると、最初は予定していなかった「本当のこたえ」が自分の中から出てきたりすることにおどろきました。

質問項目は簡単で、しかも、質問数が少ないため、最初は10分~15分で終わりますよと言っていただいていたのが、なんと最終的には2時間半も、いろいろしゃべってしまっておりました。

インタヴュをするときに、最初に質問項目を用意しているから大丈夫、そのとおりに応えてもらって大丈夫ということはぜんぜんないんだなあと実感。
むしろ、最初に用意した質問項目に、淡々と準備したこたえを話して下さるだけで終わるインタヴューは、実はインタヴューする側のの力量が足りないのではとも考えさせられました。

これからも、弊社お客様事例集を充実させたり、また、お客様サロンのマーケ資料に利用するためにサロン顧客のインタヴューをする機会がまだまだたくさんありますが、この経験を活かして、「もっとほんとうの気持ち」もお聞きできるようになる質問や雰囲気作りができるように努力します。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-09-23 08:22 | 執筆者自己紹介&つぶやき

競合は、他店美容室だけでなく、客単価の価格帯のサービスや商品すべてが競合

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

他店美容室との比較優位な点をわかりやすく顧客に表現しようとお伝えしてきていました。
ですが、もうひとつ大きな視点が必要なことも、勝間和代さんのマーケティング戦略思考講座を受講していてあらためて気づかされました。

それは、同業他社ばかりが競合ではなく、お客様の財布のなかにとっては「その支払金額」に相当するすべてのサービスや商品が競合として見比べられていて、美容室の支出が決定されているという点です。

たとえば、カット代金が5000円だったとします。
お客様の頭の中では、「美容室に行こうかなあ、でも5000円あったら子供と一緒に水族館へ行けるなあ、今月は子供と一緒にあまり遊べていないから、水族館へ一緒に行くかあ」といったことを考え、比較されているということです。

5000円で得る満足感が高いのは、美容室でカットするよりも、子供と一緒に水族館へ行くほうだととらえられることに、どうサロンとして対応してゆくのか。

当たり前な視点だとおっしゃる経営者さまも多いでしょう。

でも、この視点は、美容室様よりも、エステサロン様のほうが、より切実にいつも考えておられることのように感じます。

顧客の来店サイクルを短くするときの、具体的なアイデアをだすときに有効な視点としてまずとりいれてみられることおすすめしたいです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-09-16 07:09 | PRのご相談とアドバイス

2020年東京オリンピック開催決定! グローバルで選ばれる美容サロンになる支援します!

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

東京オリンピック開催決定に商機を感じておられるサロン経営者様も多いと思います。

ドメスティック需要だけでなく、また、オリンピック開催時だけの需要だけでなく、海外から日本の東京へ足を運ぶ人の需要増があると、感じました。

そこで、サロン様向けのオリンピック対策を応援する商品つくることにしました。

「海外や英語圏の人から選ばれるサロンになるためのホームページづくり支援」

以前、英語が得意なサロンオーナー様がおられるホームページの英語版制作をお手伝いしたことがありました。
英語で対応できることをアピールする美容室が少なかったことから、ホームページ稼働後、英語対応可ということでこれを目当てにしたお客様が増えたと、嬉しい声をいただいていることがありました。
これを想いだしたからです。

サービスリリースまで少しお待ちください。

体制を整え次第、改めてご案内させていただきます。

もし、サービスリリース迄待てない!早く英語ホームページやパンフレット制作に着したいという方、まずはお問い合わせ先にいただけると助かります!


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-09-09 10:15 | 執筆者自己紹介&つぶやき

サロン開業や経営についてのご相談にて、Skypeミーティングはじめました

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

コンサルティングやご相談対応で、SkypeもしくはGoogleハングアウトを使用したミーティングをはじめました。

対象 : 一度無料相談にて直接面談させていただいた方対象

方法: 時間予約制

ご相談いただける内容 : サロン開業について、開業資金について、サロン集客について、サロンのブランド化について、プロフィール作成について、ホームページ執筆について、等
その他はお問い合わせください

無料相談は、神奈川県藤沢市にあります、JR辻堂駅ちかくで行っております。
下記、ドリームゲート頁から、無料相談申し込みフォームをご利用ください。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-09-02 16:49 | お知らせ

最近流行の「委託系美容室」の運営形態はずっとつづくか?

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

弊社の開業支援サービスのご利用をいただくサロン様の運営形態に3年ほどまえから少し変化がありました。
「新委託系」の美容室が増えてきたことです。


従来の委託系は、「サービス料金も安い分、雰囲気を考慮するなど、開業経費をかけない」方式のお店が普通でした。

「新委託系」とは、わたしたちが社内で勝手に呼んでいる呼び名です。
わたしたちが勝手に「新委託系」と呼んで、区別しているのは、理由があります。
「サービス料金は安いけれど、顧客単価の高い高技術を売る美容室と同じぐらい雰囲気に配慮しサロンデザインにも経費をかけている」サロン様と、雰囲気重視の視点をもっておられる点が従来と違います。

従来の委託系のサロン様も、改装や、移転などで、新委託系に変身されいるのと、新規開業に新委託系が増えてきたのとで、サロンデザインのいい「新委託系」のサロン様が増えてきているという流れがあります。

理由は、「スタイリストばかりなので、固定費が安いため、料金を安くできる」ことに加え、「料金が安いのにもかかわらず雰囲気はそこそこ凝っているので、お客様ご自身が『コスパがいい』と評価してくださる」ため、集客効果が高く、そのため「儲かっている」と横つながりのなかで聞くと、美容業界のなかでどっとそちらへ資金が流れるからだと思われます。

で、この「新委託系」のサロンの流行は長続きするのかどうか?考えてみました。

わたしは、「稼ぎたいスタイリストが稼ぐことができるサロンの存在は、いまのところ流行はしばらくつづくかもしれない。しかし、その新委託系にスタイリストを供給し続けている、従来型のアシスタントを育成する教育型の美容室が、コストや顧客サービスの視点から、技術教育サービス教育の内容を見直し、美容師としての価値観の多様化を支え、対応できる新しいサロン運営形態が出てくると、新委託系へ流れるスタイリストが減る時期もくるかもしれない。スタイリスト供給が途絶えるかもしれないことを考えて運営しているかどうかに、新委託系の将来は左右されるため、将来にわたりずっと安全な運営形態というわけではない」とみています。

新委託系は、経営資源となるスタイリストを、刈り取るだけで成り立っています。

スタイリストとしての美容師の幸せな働き方のモデルがゆれている人が多い時期なのだなとも感じています。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-08-26 09:11 | 執筆者自己紹介&つぶやき

近江商人の3方よしをサロン経営で実践しているオーナー様

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

近江商人の3方よしの考えは、有名ですね。
「売り手よし、買い手よし、世間によし」

売り手よしと買い手よしは、わかりやすく、実践しやすいです。
で、3つめの、世間によし、という部分は意識しないとなかなかやってけないのではと思います。

たとえば、日頃お世話になるディーラーさんや、広告屋さんを、「業者扱い」してませんか?

お金を払う側なんだからサービスしてもらって当然だという姿勢のことを、わたしは「業者扱い」と言っています。

サロン運営にかかわってくださっているサービスや商品提供者様を、業者扱するサロンオーナー様は、お客さまのとも対等ではなく、お客さまからの「サービスしてもらって当然」の態度を許しておられる方です。

3方よしは、まわりまわって、自分の首を絞めることにも、自分の仕事の生きがいを高める方向にも、どちらにも働きます。

簡単な言葉ですが、奥深い言葉だなとおもいます。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-08-19 10:16 | 強いサロンのつくりかた

新規オープンの美容室さんが、自前のホームページを考えておられない理由について

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

美容室様のオープンのお手伝いをする仕事が主のわが社です。

自前でホームページをおつくりにならないケースが、ここ2~3年ぐんと増えてきました。

理由は、さまざま。
ですが、自前でホームページをおつくりにならないサロン様でも、クーポンサイトへの掲載&出稿を必ずされています。

クーポンサイトも進化していますね。
最近は、広告費を払って掲載するただのクーポンサイトではなくなり、口コミ掲載を促す仕組みも充実しているので、メディアとして充実してきているなあと感じます。

ですが、それでもやっぱり、自前サイトを強くお勧めしたいです。

理由は、広告はあくまでも広告サイトとしてしか、インターネットの閲覧者はみていないからです。

また、他業界をみてみると、「お金を払って掲載する場所」にだけ、自らの店舗を載せているよりも、必ず自前のホームページを使い、相乗効果を出す工夫をしている場合が多いです。

たとえば、旅館やホテルも、旅行情報ポータルだけでなく、自前の宿のホームページをもっています。
通販の場合も、通販のモールに出店するだけでなく、自前のサイトでの販売をダブルで行う場合が、いまは普通です。

美容室で自前のサイトを持たないのは、自らの店舗のブランド化をみすみす手放していると感じられて残念です。

たしかに、自前のサイトを持つには、費用も手間もかかります。
定型化され、編集者の手を借りられるクーポンサイト掲載を利用すれば、初期段階の立ち上がりはすごく速いです。

美容室過多といわれ、地域の競合他店との違いをアピールするには、自分がいいたいことを、自分の土俵でしっかり表現する手段が一番向いています。

手間と費用をかける価値あります。

ちなみに、弊社でホームページ制作までお手伝いさせていただいているサロン様は、みな、クーポンサイトに掲載はされていませんが、集客ではホームページが一番働いていると口をそろえておっしゃってくださります。

他店とどう違うヘアサロンなのかを意識してつくることに賛同いただいているからです。

来て頂きたいお客さまの幅がしっかり決まります。

サロンワークとあなたのサロンと、あなたを信頼したお客さまとをつなぐ輪にするための自前のホームページづくり、面倒がらずに検討いただく価値あります。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-08-12 15:11 | 集客できる美容室のホームページ

物語は、美容業店舗の集客でどう働くの?

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

「物語」がどうやって集客に働くのかご存じですか?

和田は、「物語は、価値を伝える手段として有効」と考えてます。

価値を伝えるとは、過去の出来事を未来の時点でどう有効になるのかを語ることです。

だから、物語を組み立てるときに、「あなたの感じたこと、経験したこと、体験したこと」をしつこくお聞きします。

「え、わたし、たいした経験をしてない」って方いらっしゃりませんか。
そんなことありません。
物語を紡ぎ出す作業は、あなた自身が、ご自分の過去をもういちど価値づけしなおすお手伝いにもなります。

なお、スカイプをつかったセッションも始めています。
集客ツールの細部にこだわって物語を取り入れたい方で、時間が無い、遠いとあきらめていた方も、まずは時間調整のお問い合わせくださると吉です。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-08-05 06:43 | PRのご相談とアドバイス

あなたのヘアサロンのホームページ制作価格が適正かどうか? 

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

ヘアサロンのホームページを「集客に役立てよう」と腰をあげられる場合、制作会社を一から選び直される場合が多く、ホームページ制作の相場にとまどわれるサロンオーナー様が多いですね。

30万円が相場とか、50万円は高いとか、いまはフリー(ゼロ円)の時代だとか、総額の数字だけをみると、どの意見を採用していいのかわけがわからなくなります。

「格好のいいフラッシュがあるといい」とか、「ブログ機能がいい」とか、「フェイスブックは必要だ」、とかそんな、部分部分のレベルから話すと、わけがわからなくなるのは、目的を忘れてしまっているからです。

ホームページ価格の相場を理解するには、「目的」からみた「目的を達する手段」と、「その手段を講ずる価格」の関係を理解する必要があります。

この関係を、きちんと理解できるにはそれなりに時間もコストも必要です。

「いま」ホームページで集客したい場合、その理解のための時間はかけられないとなると、その時間をお金で買うというアイデアもあります。

ただ制作してもらう以外に、「コンサルティング」を受けるというアイデアです。

集客効果をあげるためのホームページ制作価格が、「安い」か「高い」か正直わからないときは、適正価格かどうかをコンサルティングしてもらうのも有効な手段です。

制作+コンサルティングの投資費用にみあった、集客からの収益があがるホームぺージができます。

サロンオーナー様の場合、芸術家肌の方が多いので、集客効果がないけれどただカッコいいホームページをつくられて高い制作金額を支払われるケースも多いので、ご注意いただきたいです。

ちなみに、弊社では「ホームページ制作だけ」はいたしません。
「ホームページのコンサルティングのみ」か「コンサルティング付きホームページ制作」をしています。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-07-29 18:12 | 集客できる美容室のホームページ

サロンのホームページでの集客目標は、ホームページの改造だけで達成できるか?

こんにちは、「ワクワク物語で幸せな輪の繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

あなたの美容室のホームページも、ホームページから毎月○人集客したいという目標があって、作成され、運営されていると思います。

ホームページの集客には、いろいろなノウハウがあります。
どんどんインターネット上での集客の工夫を重ねて行くことができます。

ですが、ここで、ドツボにはまらないポイントを。

ホームページを経由した新規集客は、インターネットのなかだけで完結するものではない、ということ。

サロンの看板から、ホームページをご覧になることだって考えられます。
毎月発行しているニュースレター広告から、ホームページへの誘導がうまくいってることも考えられます。
あなたが配った名刺から、あなたのサロンに興味をもってくれた誰かが、あなたのホームページに興味を持ってブログに紹介してくれ、それがまわりまわってアクセスにつながっていることも考えられます。

特に気を付けて頂きたいのは、「ホームページ集客でうまくいってる場合」です。

ホームページを経由した集客は、インターネットの中だけで完結して結果をだしているわけではありません。

もっと広い視野で、ホームページへのアクセスを増やす方法は?を考え、定量化できる仕組みがつくれるといいですね。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-07-22 07:19 | 集客できる美容室のホームページ

苦手なもの、やりたくないものを外してもOK.美容サロンの個性を出す方法について

こんにちは、「ワクワク物語でサロン繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

小さな美容サロンの場合、全方位の顧客を取り入れる経営戦略ではなく、特色を出したほうが、顧客にもサロンにも両方得があります。

個性を打ち出すのに、よく考えられるのは「いまあるものに、なにか新しいものをプラスしてゆくこと」という思考ですね。

たとえば、「ヘッドスパを新しくしよう」とか「ネイルを取り入れてみよう」とか、「あたらしい店販商品を取り扱ってみよう」とか。

でも、プラスの方向ばかりが、個性を打ち出す手段ではありません。

ギャクに、削ってみて、スリムになってみる、無くしてみることで、打ち出したいものを明確にすることもできます。

たとえば、営業時間を削ることもできます。
5時以降は営業しない、日曜日は営業しない美容室様もあられますよね。
理由は、平日の朝から昼にかけて美容室にゆける方だけをターゲットにできているからです。

たとえば、子供のカットはしないことを逆に打ち出してもいいわけですよね。
このことによって、「子供を気にせず、ゆったりくつろげる大人の空間を提供できる」ことを明文化して謳えられるわけです。

削ることは怖いかもしれません。
でも、削ることで、自分も楽になれ、顧客にハッピーになれる循環も生まれてくる可能性もあります。

まずは、あなたの「嫌なこと」「ほんとうはやりたくないこと」を、心に問いかけてみてはいかがでしょうか。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-07-15 07:55 | 強いサロンのつくりかた

サロン経営のコーチは回り道します

こんにちは、「ワクワク物語でサロン繁盛を目指すサロン経営コーチ」の和田美香です。

今日は、冒頭の自己紹介文を変えてみました。
ただ集客を請け負い制作物中心のマーケ屋とは違うアプローチ、価値提供を目指すことをお伝えしたいためです。

サロンオーナー様とお会いして「サロン経営コンサルタント」の肩書きの名刺を交換させていただくと、ズバリ「うち○○(よく耳にするコンサルティング会社さんです)に頼んだことあるけど、うまくいかなかったよ」と、コンサルタント不要説を本音でお話しいただく方が、チラホラといらっしゃります。

コンサルティング会社の営業手法や、担当されたコンサルタントの保持される手法や能力についての話題は脇に置いて、どうして、「チラホラ」も複数人の方からこのようなお話しがでるのか気になっていました。

コンサルタントの位置づけって何かなと。

そんななか、次の本を読んで、納得したことがあります。
『想定外』ジョン・ケイ著,青木高夫訳,ディスカヴァー出版,2012.

この本を乱暴にまとめてみると、「直線的に目標が達せられることはなく、そのときどきにあわせて最適解をみつけ一歩づつ足をすすめることで一見回り道なようなことの積み重ねが、企業や個人に利益や幸福をもたらす。」でした。

コンサルティング会社嫌いを教えて下さるサロンオーナー様の思考には、「直線的」な思考があったのかなと、すごく腑に落ちました。

ご自身で苦しんで、苦労して、考え抜いて、体力も使って、ご自身の限界を嫌と言うほど感じているときに、コンサルティング会社の人がきて「手助けしてくれる人がいる」と感じられたのですよね、きっと。

回り道しているようで苦しんでいる自分とは違う「何か(?)」で、魔法の杖か何かでスパッと救ってくれると思うから、身銭を切る想いで安くないコンサルティングフィーを支払う決意をされるわけですよね。

でも、実際は違って、解決への最短の道を欲しいと思っているにもかかわらず、自分が思考錯誤している方法と同じような方法を、担当コンサルタントさんもとられることもあるわけです。
そんなこと知ってるよ!やってるよ!という声が、自分の中でフツフツ湧いてきて、そこでコンサルティング契約をやめてしまわれるわけですね。

でも、待って下さい。
自分と違う方法だけが「最善の解への近道」とは限らないわけです。
俯瞰的にみたときに一見回り道しているようで、近道なこともあります。
それに組織は生きていますので、その「最善」さえ日々変化してゆきます。

魔法の杖は、存在しないとわたしは思っています。
利益一直線の目標達成を目指す運営は、長年働いてくれたスタッフの居心地を悪くするなど、組織内のひずみを大きくすることが多いです。

日々変化する最善と向き合い、現状との妥協・改善を1歩づつ繰り返す経営者を助けるコーチになる。その指針として、目標に命やワクワクを与える大きな物語をつくっておく。

これが、肩書きを「ワクワク物語でサロン繁盛を目指すサロン経営コーチ」にしたわたしのやりかたの指針です。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-07-08 08:05 | 執筆者自己紹介&つぶやき

自立した経営者になっていただくためのサロン経営コーチ

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

コンサルタントというと、なにかを「やってくれる」と思っておられるサロン経営者様が多いです。

経営者でおられるご自身に変わって、スタッフや組織、外部組織に、コンサルタントが経営者代行として影響を及ぼすことを期待されるわけです。

ですが、和田は、その手法はとりません。

「自立した経営者」になっていただくためのお手伝いをします。

コンサルタントというと分かりにくい場合は、コーチと読んでいただければわかりやすいでしょうか。

「自立したサロン経営者を支援するコーチ」というたちばで、仕事させていただいております。

経営者としてのご自身をステップアップさせたい。
サロンだけにとどまらず美容界のイノベーションを自分でおこしてゆきたいかたのお手伝いをいたします。



みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-07-01 07:31 | 執筆者自己紹介&つぶやき

自分の嫌いな集客方法はサロン広告では使わない

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

夏のバーゲンセールの案内ハガキがじゃんじゃん届く季節になりましたね。

美容室でも、サロン店販商品の販売拡大を狙って、さまざまなセールスプロモーションを組まれる時期でもありご案内ハガキを出されたり、ホームページでご案内されたり、ニュースレターやメルマガでご案内されたりと、いろいろなところで、キャンペーンのご案内を表現されると思います。

そのときの表現の仕方で気を付けて頂きたい事がひとつあります。

それは、「自分の嫌いなキャンペーン表現方法は使わない」ということです。
なぜか、「お客さまは、自分と似た人が多い」からです。

たとえば、わたしは、「最大70%オフ」という表現が嫌いです。
なぜなら、「うわあ、70%オフだったら、すごいなあ」と思ってお店へいったとしても、実際には70%オフの商品はほんの一部で、残りは、実は20%オフ程度の商品が多い場合、「だまされた感」がすごく残るからです。
「最大」と表現されているので、1部きちんと70%割引されているので嘘ではないのですが、勝手に「お店のほとんどが70%オフ」かと想像しがちです。

あなたにも、嫌いな表現ありますよね。

どんなに他店で効果があると聞いていても、その手法は使わない方が吉です。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-06-24 06:29 | 身の回りからPRを考える

サロンワークでお客さまと対等な関係を築くこととは その2

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

先週の話題
『「お客のほうが上だ」と思う人を、サロンのお客さまから除いてみる』
のつづきです。

お客さまは神様と考え、来て頂きたくないお客さまも無理にたて、顧客の横柄な態度を許しておられるサロンオーナー様は、すべての対人関係においてもそれを鏡のように映して行動しておられます。

たとえば、サロンオーナー様個人が、顧客となられる場合、サービス提供者にたいして「顧客のほうが上」「顧客のいうことは聞いてあたりまえ」というあからさまな態度をとられることが多いです。

日々生活する中では気づきにくいことですが、この「お客さまは神様」の関係で四方を固めることは、こんなデメリットをもたらします。
お客さまは神様と考えるサロンオーナー様の協力会社様に、「あなたに本当のことを言ってくれる方」は居なくなることになってしまいます。

このことは何を意味するか?

日々知っていることの繰り返しです。
日々同じ枠でしか情報が入ってきません
昔も今も変わらない技術・経営しかできません
変化する時代についてゆけず、顧客の流出が起こっているのを、手をこまねいて放置することになります
こんなはずではなかったと、もがき苦しむ経営が待っています

え、そこまで話しが飛ぶの?と思われるかもしれません。

はい、そうなのです。

関係性をつくることは、「こんな風になりたい」と日々願い行動するあなたの希望をかなえるための第一歩なのです。

自分がお客様との対等な関係作りとは具体的にどうしたらいいのかを、考えるきっかけにしていただければ嬉しいです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-06-17 06:52 | 強いサロンのつくりかた

「お客のほうが上だ」と思う人を、サロンのお客さまから除いてみる

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

「お客さまは神様」「どんなお客さまのわがままも聞かなければならない」と考え、ご商売のお仕事をされている方もなかにはいらっしゃるのではないでしょうか。

理美容業界は、従来「どんなお客さまも拒まず」で全方位からの要請に応えることを善としてきています。

ですが、個人経営のサロンにおいて、これからは、「来て頂きたいお客さまと対等な関係において、適切な対価をいただく」ことが、生き残ってゆくひとつの道になると和田は考えております。

「来て頂きたいお客さま」とであれば、毎日の仕事は楽しいです。
「対等な関係」とは、あなたの技術やサービスを目指して来て頂ける方との関係ができれば、あなたの力も存分に発揮できるでしょう。


この対等な関係とは「お客のほうが上だ」と考える方を、顧客からは除いていく考えになります。
顧客対象を限定する、嫌われると考えると、最初は怖いと思います。

でも、仕事で1日の大半を使う毎日なのです。自分で行う仕事なのです。
より楽しく、そして、お客さまに喜びを沢山Giveできるのは、「いやいや、しかたなく全方位」でやるのか「対象を絞って、楽しく」やるほうがいいのか、考えればわかりますよね。

それに、せっかく独立するのですもの、お客さまと対等な関係で楽しくやっていけないと、独立する意義も少ないのではと思います。


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-06-10 06:43 | 強いサロンのつくりかた

サロンの店販商品は、あなたとの「つながり」

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

お客さま先のサロン商品やサービスをつい使ってしまう和田です。

店販商品の売上アップを具体的にお手伝いしていると、つい、自分の体験を語ってしまいます。

「商品を買って下さるという行為は、あなたとのつながりを、別のかたちであらわすもの」

つながりには、いろんな形があります。

だから、入りたてのアシスタントの方でも、ベテランのスタイリストさんでも、いろんなかたちで、お客さまお一人お一人とつながれるわけです。

「この方とつながりたい」という純粋な気持ちがあれば。

たとえば、
「応援してあげるわ」という気持ちになってもらうのも、つながり。
「あなたのこと美の師匠として尊敬してるわ」というのも、つながり。
「会話のなかであなたから教えてもらうことは、情報源として重要なの」というのも、つながり。

「この方」が自分とどんな「つながり」の気持ちをもってくださているか自覚するだけで、おすすめする仕方や商品が変わってきます。

つながりのかたち、選挙なら、あなたに一票いれてくださる気持ち。大切にしたいですね。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-06-03 18:19 | 身の回りからPRを考える

サロン経営コンサルを2つに分けてみる

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

みかんぐみ株式会社は、サロンのスタートアップ時のコンサルティングと、サロン経営上の課題を解決するコンサルティングの2面をもって仕事させていただいています。

一般的にみて、コンサルタントは、2つのグループに分けられる感じています。

(1)
徹底的にノウハウを伝えることを使命とするコンサルタント。

たとえば、「キーワード広告の使い方で売上10倍アップ」とか、「チラシ制作で集客2倍に!」といった具合で、クライアントの部分的な欲求に、ひとつひとつ応えようとするコンサルタントです。

(2)
理念の共有から、なりたい将来の姿、日本の未来、世界の流れを見据えた経営者のパートナーとしてのコンサルタント

経営者と「なんのための経営か」という根本的な問いを共有しながら、経営者によりそいつつも、経営者にない視点の提供を行うことで、経営の加速度をアップさせる伴走者としてのコンサルタント。

必要なコンサルタントの種類は、経営者や企業の置かれた立場や考え方に左右されます。

ちなみに、わが社は、(1)で提供できるノウハウをどこよりも高いレベルでご提供できる事を前提に、(2)の方向でクライアントを支援するコンサルタント企業です。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-05-27 07:27 | 執筆者自己紹介&つぶやき

ITは、幸せのために、という実感

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

多くのサロン経営者様にとって、ITとは、「売上管理ツール」や「集客ツール」という認識が強いのではないでしょうか。

ひっきりなしにかかってくる、「IT系」の営業電話に、「またか」という思いがよぎると、なんだか「IT」そのものがうとましくも感じられるような気になるのもわかります。

今日は、私自身のITの認識が、先週劇的に変わった経験をしたので、お話しさせてください。

自分自身10年前まで勤めていた企業がIT系だったので、ITについては自分では詳しいつもりでおりました。

ただ、ITの認識としては「売上をアップさせるツール」「売上など効率的に管理するツール」といった具合の認識でしかおらず、サロンをはじめ、商売する者にとって「生産性をアップさせる道具」といったものでした。

先週、ワークライフバランスとペーパレス化を実現させておられるIT企業様を会社見学させていただく機会がありました。

ドリームゲートのアドバイザー研修会でお目にかかった星野様が代表をつとめておらえる「株式会社ダンクソフト」さんです。

星野さんから、「ITは、自分が幸せになるための時間をつくるため、幸せになる生き方を選択するためのツール」とお聞きしたとき、はっとしました。

売上アップや、生産性向上の道具というのは間違いではないけれど、そのもっと先の「なんのために、生産性向上を謳うのか」という点を、わたしは見逃していたことにはっとさせられました。

生産性向上のためのIT投資へのリターンがさまざまな現象として現れるなかで、経営者にとっては数字で理解できてわかりやすいなと思ったのが、これ。

経営課題のひとつ「損益分岐点売上高を引き下げるために、固定費を抑える」ことにも具体的につながること。

サロンの場合だと、一等地への出店ばかりが、集客⇒繁盛店への道ではないことにもつながります。

結論として書くと、当たり前すぎて、なにを今更、と思われた方も多いと思います。

でも、「何のためのITか」ということ、はITに限らず、なんのための経営のかじ取りか?という問いにつながります。

「幸せのために」という点、忘れずにいたいと強く感じました。

幸せな人のニコニコした笑顔の輪を増やす応援を仕事としてさせていただけること自体、幸せに感じております。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。




2013/5/13

自分で放送局をもつのと同じなんですよ、自前のホームページは


こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

ホームページを独自に持たない美容室さんは、「クーポンサイトなど、沢山のサイトに掲載しているから集客には困らない」とおっしゃります。

でも、ホームページを「情報発信場所」としての性格を考え直してみて下さい。

クーポンサイトなどのサイトでの貴店の立ち位置は、いわば他人の場所にお金を払って住まわせてもらう間借り人のような立場です。
放送局にたとえれば、放送局のなかの、ひとつの番組にしかすぎません。
言いたい事を言っているようで、規制のなかでの表現となります。
たとえば、サイトの掲載方針がかわったら、掲載内容があなたの意思とは関係なく変わりますね。
もし、サイト自身がなくなったら、あなたの頁も無くなるわけです。


一方、自らホームページを運営している場合は、いわば持家をもっていようといえるでしょう。
放送局でたとえれば、自分で放送局を持っているようなものです。
言いたい事は、何の規制もなく言えます。
あなた自身がサイトを閉じない限り、永遠に、あなた自身のいいたいことを発信しつづけられます。


自分の放送局を持っているのと、そうでないのとの違いは、「伝えたい人に、きちんと情報を伝えられるかどうか」の差につながってきます。

最初から大きな放送局を持つことができなくても、小さくつくって大きく育てることもできます。

方向性として「自分メディア」をもつこと、最初から目指されることを強くおすすめします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-05-20 06:56 | 執筆者自己紹介&つぶやき

自分で放送局をもつのと同じなんですよ、自前のホームページは

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

ホームページを独自に持たない美容室さんは、「クーポンサイトなど、沢山のサイトに掲載しているから集客には困らない」とおっしゃります。

でも、ホームページを「情報発信場所」としての性格を考え直してみて下さい。

クーポンサイトなどのサイトでの貴店の立ち位置は、いわば他人の場所にお金を払って住まわせてもらう間借り人のような立場です。
放送局にたとえれば、放送局のなかの、ひとつの番組にしかすぎません。
言いたい事を言っているようで、規制のなかでの表現となります。
たとえば、サイトの掲載方針がかわったら、掲載内容があなたの意思とは関係なく変わりますね。
もし、サイト自身がなくなったら、あなたの頁も無くなるわけです。


一方、自らホームページを運営している場合は、いわば持家をもっていようといえるでしょう。
放送局でたとえれば、自分で放送局を持っているようなものです。
言いたい事は、何の規制もなく言えます。
あなた自身がサイトを閉じない限り、永遠に、あなた自身のいいたいことを発信しつづけられます。


自分の放送局を持っているのと、そうでないのとの違いは、「伝えたい人に、きちんと情報を伝えられるかどうか」の差につながってきます。

最初から大きな放送局を持つことができなくても、小さくつくって大きく育てることもできます。

方向性として「自分メディア」をもつこと、最初から目指されることを強くおすすめします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-05-13 08:06 | 集客できる美容室のホームページ

交流会開きます! テーマは「ママパパ美容師の子育ての工夫を話そう」

こんにちは、みかんぐみ株式会社の和田です。

ランチしながら、ゆるーく集まって、子育てとサロンワークと経営の工夫を話そうという場を初のこころみでお声掛けします!興味のあられる方、どうぞお越しください!

<交流会テーマ> ママパパ理美容師の、子育ての工夫を交換しよう!

<開催日時>2013年5月21日(火)12時~14時

<開催場所> ママズ カフェ ジョイ mama's cafe joy http://www.mama-joy.com/shop.html
神奈川県藤沢市辻堂1-9-8 JR東海道線 辻堂駅下車 徒歩5分程度 
当日は、「和田」で予約します。直接お店へお越しください。

<参加費用>
お店のランチ代金 (各自精算)
(大人一名+幼児お子様一名でご参加の場合 ランチ代1,000円程度より。 http://www.mama-joy.com/cafe.html 小さなお子様の場合大人の食事の取り分け可)

<参加お申し込み方法>
こちらのフォームをご利用ください。
http://form.salonopen.com/inquiry/

ご用件欄は「その他」にポチしてください。
お問い合わせ欄に「5月21日参加希望」とご記入ください。
また、お連れ様と一緒にいらしていただける場合や、お子様と一緒にいらしていただける場合は、「ご本人様とお連れ様の合計人数と、お子様の年齢」もあわせてご記入ください。
受付は、当方よりメールで御返信させていただきます。

(お願い)
当方からの受付しましたメールがもし2営業日たってもまだ受信できない場合は、ご利用のメールソフトの、受信拒否設定等をもういちどご確認のうえ、再度フォームよりお問い合わせいただければと存じます。

<こんな方に最適!>
理美容サロン経営者様でお子様がいらっしゃる方、また、これからお子様と一緒のサロン経営の生活をしたいなあと考えておられる方
独立開業予定で、お子様と一緒の生活を想定されている方もどうぞ。

<参加条件>
子連れOKです。
なので、子連れOKのゆるいランチトークの環境を許容できる方のご参加を願います。
営業活動は、「なし」でお願いします。

<この交流会テーマ開催をおもいたった経緯>
ご夫婦で開業され、開業後にお子様がお生まれになったり、開業時にすでに小さなお子様がいらっしゃったりという、お客さまサロンが多いみかんぐみです。

先日も、インタビューに行かせていただいたサロン様は、開業後に待望のお子様誕生を迎えられたというところでした。お子様は保育園に預けておられるとのことでしたが、奥様から、「子育てしながら働く先輩として」と、わたしなどが質問をいただくようなこともあったり。

そんな矢先、百貨店に長く勤めている友人から、土曜日や日曜日、祝日の保育事業が、公的な保育所ではないことを聞かされ、さらに彼女から「美容師さんて土日はどうされているの?」との質問が。

10年近くも美容師さんとかかわる仕事をしながら、産後の復帰の仕方をどう工夫されているか、どこでそんな情報を得ておられるかわたし知らなかったなあと気づかされました。

保育所にお子様を預けて経営者としての仕事に戻られている方もいらっしゃれば、不定期出勤というかたちをとられている方もいらっしゃるのはお聞きしていました。

子育てについての情報源としては、先輩や後輩、そして勤め先の関係者から情報を得ておられるのが多いようですね。

でも、先輩や後輩と知り合いの中だけでの情報だけでなく、せっかく経営者なのだから、あるいは、せっかく独立するのだから、もっと違う働き方の可能性を模索してみたいと思われる方もきっとおられるはず。

であれば、なんのしがらみもなくただ情報交換できる場があれば、もっといきいきと働けて、サロンのお客さまにも沢山の笑顔をお届けできる環境づくりに寄与できるのはと考え、交流会開催を思い立ちました。

和田も、その場にご一緒させていただくことで、和田自身の子育てしながら働く工夫にも、お知恵いただけると嬉しいと思っています。

<その他>
みかんぐみの営業活動は一切いたしません。
美容業界で仕事させていただいていますが、どのサロンの系列だとか、メーカーや、ディーラーといった、しがらみは一切ないので、安心して話していただけます。
働く環境向上に少しでもお役にたてる場をおとどけすることで、当社ミッション「美容でハッとする体験を多くの女性にとどけたい」に近づきたいと考えています。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客やサロン経営、開業全般について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

運営サイト
「初めての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com
[PR]
# by prsoudan | 2013-04-19 05:47 | お知らせ

地域にサロンの存在を知ってもらうイベントは、店内でなくてもOK

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

地域にサロンの存在を知ってもらうためのひとつの手法として、イベント開催を強くおすすめしています。

近所のエステサロン様の前をとおりかかると、こんな黒板看板が。

「流しそうめん大会やります!」

え、エステで流しそうめん? 

え、どこで? 店前の駐車場での特設会場かあ。


エステと流しそうめんのつながり自体が一瞬不思議に感じられますが、店舗の存在を知って頂くことや、店舗スタッフとの接点をもっていただくことを目的とするイベントなら、こんなイベントも十分ありだなあと感じられました。

近隣のコーヒーショップとのコラボで、コーヒーもふるまわれるとのこと。

地域密着営業の強みも活かしておられるなあと感じられました。

店内でばかりでなく、駐車場での開催という点。
そして、地域の近隣多店舗様とのつながりを活かしたイベントという点。

この2点、真似させていただける点だなとおもって、ご紹介させていただきました。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-04-15 06:46 | 身の回りからPRを考える

客単価2万円以上のサロンでのスタッフさんの御洒落は他サロンと何が違うか

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

先月後半からオープンをお手伝いをさせていただいたサロン様が、無事先週末にオープン日を迎えられました。

びっくりしたのが、スタッフ様全員が洗練されたおしゃれな方ばかりということ。

洗練されたおしゃれは、相手のことを考え、相手を心地よくするための表現としっかりとらえ、それを実践することなんだなと、強く自覚させられました。

ちなみに、このサロン様、客単価平均が2万円を超えるとのこと。

サロンワーク時の服装を、「作業着」としてではなく、相手軸でとらえることが、こんなに違う結果も生むのだなあとあらためて、「美容に対する姿勢」や「知識」の違いについて考えさせられました。

誰のためのおしゃれかを考えるために、他人目線からのフィードバックを得ること、良いコーチをつけること、ぜひおすすめしたいです。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-04-08 08:14 | 身の回りからPRを考える

起業体感フェスタで、サロン開業・起業のブラッシュアップできます!

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

起業体感フェスタが、起業家支援のポータルサイト「ドリームゲート」運営会社主催で開催されます。

みかんぐみ株式会社も、チラシ出展させていただいています。

和田も、足を運ぶ予定。
(来年出展の下見を兼ねて)。

サロン開業を、幅広い視点でチェックできるいい機会です。

土曜日お休みとって行かれる価値あると思います。

自分投資時間つくること、おすすめします。


===================================
今までに無い体感型イベント「起業体感フェスタ2013」。
40の起業に関するノウハウを、15分程度で手に入れることができるそうです。
開催:4月13日(土)10:00~17:00
http://www.dreamgate.gr.jp/kigyou_taikan/
===================================


みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-04-01 07:24 | お知らせ

サロン店舗ロゴの重要な隠れた役割。

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

ロゴの役割の重要度が高いのは、皆様ご存じですよね。

なので、ゆきあたりばったりに、適当に創る事にならないよう、開業準備にとりかかる折には、じっくり制作の時間を確保できるスケジュールで取り組まれることを強くおすすめします。

で、今日お伝えしたいのは、ロゴの役割が、特にサービス業店舗では2つあることです。

ロゴを創るときには、次の2点に留意して創られると、より効果的です。

(1)対、顧客に対するメッセージ
   
(2)対、自社スタッフと共有したいメッセージ


ビジョンの共有ができており、スタッフ個々人にサロンのミッションが自然に「個人のもの」として受け入れらえていれば、サロン全体の価値はより向上します。

スタッフと共有したいビジョンを、ロゴに込めること、ぜひ忘れず検討してください。
   
もし、いま現在利用中のロゴが、サロンのビジョンにそぐわないと感じられるときは、おもいきってロゴの変更をされることもおすすめします。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-03-25 06:37 | 強いサロンのつくりかた

自分のストーリーを、集客につなげるのがこわい美容師さんへ(どこから始める3)

こんにちは、「行列ができる美容室のPR相談所」の和田美香です。

集客を効果的に行うために、「どうしていまの自分が成り立ってきたか」といったことをストーリー仕立てにしてホームページやチラシ、名刺に記載することをお勧めしています。

自分のことを公開するだけで、集客につながるの?というかたにぜひ、とりいれていただきたい!

ということで、3つの「考える入り口」を、3週にわたってお伝えします。

----

今週は、「どこからはじめる その3」

「お客様は何を求めている?」


次の6つのステップを上から順に考えてみて下さい。

(1)あなたのお客さまで1人だれか、あなたの転機をつくってくれた具体的な方を思い浮かべて下さい。
(2)そのお客様の、本当の髪の悩みを聞いたのはいつでしたか?(実は常連さんになって5年ぐらいたってから、息子さんの結婚式の髪をつくるとき、といった具合)。
(3)そのお客さまの、本当の髪の悩みとはどんなものでしたか?
(4)どうやって、そのお悩みを解消しようと努力しましたか?
(5)努力は何年間、どのように続きましたか?
(6)お客さまのお悩みを解消できるようになって、あなたにとってどんな好い事がありましたか?


以上です。
3週にわたって、「考える入り口」をお伝えしてきました。

それぞれのアイデアは、重複しています。
自分のピンとくる入り口があれば、ぜひつかっていみてください。

みかんぐみ株式会社
和田美香

------------------
ブログについて、和田へのメッセージや、
お問合せ、コンサルティングのお申し込みはコチラ

サロン集客について、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。
[PR]
# by prsoudan | 2013-03-18 07:36 | 集客できる美容室のホームページ